海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ドイツを代表するB級グルメと言えば、焼きソーセージ”Bratwurst(ブラートヴルスト)”!
そして、ベルリン発祥の”Curry Wurst(カリー・ヴルスト)”は、今や全国的に人気のメニューです。

日本人コミュニティーではあまり知られていないけど、フランクフルト郊外の町、”Oberursel(オーバーウアゼル)”に、地元の人に大人気のカリー・ヴルストの屋台があります。

その名は、”Fritten Toni(フリッテン・トニ)” 
見た目は掘立小屋ですが、実は、知る人ぞ知るB級グルメの隠れた名店です。
Fritten Tony 1.JPG

親しくしているドイツ人の友人家族から教えてもらった”フリッテン・トニ”ですが、ここのカリー・ヴルストとポメス(フライドポテト)を一度食べたら病み付き、なかなかここのを凌ぐものには出会えません。 本当に美味しいです!
よく家族で「何が違うんだろう?」談義で盛り上がるのですが、やはりかかっているソースが絶品なのと、ソーセージの焼き具合、ポメスの揚げ具合が最高なのだと思います。

では、ここで問題です。
「下の写真のカリー・ヴルスト、AとBでは何が違うのでしょうか?」

カリー・ヴルストA
Fritten Tony 4.JPG


カリー・ヴルストB
Fritten Tony 3.JPG

もうお分かりでしょうか?
Fritten Tony 2.JPG

正解:「ヴルストの種類が違います。」
Aは、オーソドックスな”Bratwurst(ブラートヴルスト)”で豚肉のソーセージです。
一方、Bの方は、フランクフルト地方特有の”Rindswurst(リンツヴルスト)”で、牛肉のソーセージです。

フランクフルトでは、この赤い色の”Rindswurst(リンツヴルスト)”がスタンダード、屋台でも、「赤? 白?」みたいに聞かれるのが常日頃なので、どこでもそうなのかと思いきや、このリンツヴルストはフランクフルト特有のものだったんですネ。
去年一緒にヴァイナハツマルクト(クリスマスマーケット)に行ったデュッセルドルフ在住の友人が、「やっぱりこっちでは赤いソーセージが普通にあるんだね。」というコメントをしたのがきっかけで気付いた私です。
ドイツ在住16年目にも関わらず、この程度ですよ。 というよりも、ドイツはやはり地方色が豊かなので、こういうことが起きるんでしょうね。

そう、カリー・ヴルストの本場、ベルリンではこのリンツヴルストのものは味わえませんので、フランクフルトへお立ち寄りの際には是非、リンツヴルストを試してみて下さい。

旅行者には不便な場所にある、フリッテン・トニですが、わざわざ足を運ぶ価値ありの名店です。
興味があれば、是非一度足を運んでみて下さい。


≪INFORMATION≫
Fritten Toni(フリッテン・トニ)
住所:Frankfurter Landstraße 59, 61440 Oberursel Bommersheim(Taunus)
Tel: 06171/287580
営業時間:月-金 9:00-17:45 / 土:10:00-16:00
最寄駅: U3 Bommersheim または、S5 Oberursel下車徒歩8分
こちらのU3ですが、市内”Hauptwache(ハウプトヴァッフェ)”から1本です。
*2017年4月24日~30日は、工事によりRiedbergからOberursel区間についてバス運行になっていますのでご注意下さい。
電車の路線図はこちら→RMV Schnellbahnplan
Fritten Tony.png


2017年4月25日

我が家愛用のスーパー”REWE Centre(レヴェ・センター)”別名「デカ・レヴェ」、先週末に久しぶりに行ったら以前から気になっていたスムージーが特売に…
Smoothie 1.JPG

250mlで普段ならEur 2,49-のところが、Eur 1,99-!
「これは試してみる絶好のチャンスでしょう!」
Smoothie 4.JPG

いつもは、ちょっとお高いドリンクなので、特別にケースの中に陳列されています。
Smoothie 3.JPG

スムージーの250mlラインアップはこんな感じ。 
青汁の様なホウレン草ベースのものや、ビート(赤カブ)ベースのものも。

この中で前から注目していたものが、こちら(↓)
Smoothie 2.JPG

スーパーフードの”Chia Samen(チア・ザーメン)/チアシード”入りのスムージー。
チアシード入りのスムージーは2種類”Red”と”Yellow”。

“Red”は、チアシード3,2%、”Rhabarber(ラバーバー)/ルバーブ”25,1%、”Sauerkirsche(ザウアーキルシェ)/サワーチェリー”25,2%、”Apfel(アプフェル)/リンゴ”46,5%
“Yellow”は、チアシード3,2%、”Key lime/キーライム”5,8%、”Mango(マンゴ)”25,2%、”Orenge/オレンジ”65,8%
Smoothie.jpg

試した感想としては、正直、すっごい美味しいとまでは断言できませんが、なかなか体に良さそうなお味。 甘くなくてどちらかと言うと酸っぱくて自然のお味。
チアシードも一緒に摂取できるので、とても体に良いドリンクですね。
個人的には、イエローの方が好きでした♪

旅で疲れた時、身体に良いドリンクで体を癒すのに如何でしょうか?


2017年4月22日

ドイツには、ロマンチック街道、古城街道、メルヘン街道と日本人にはお馴染みの有名な観光街道があるのはご存知ですよネ。 でも、バーデン・アスパラガス街道なるものがあるというのをご存知でしたか?
Spargel_Schwetzingen 1.JPG

実は、私も昨年その存在を知って、「美味しい”Spargel(シュパーゲル)”を食べに行くぞぉ~」という思いをずっと温めて冬を越しました。
Spargelstrasse.JPG

バーデン・アスパラガス街道とは、アスパラガスの町と称される”Schwetzingen(シュヴェッチンゲン)”からカールスルーエ、ラシュタットを経由してシェルツハイムに至る全長約136kmのルートです。
(ドイツ観光局「バーデン・アスパラガス街道」より) 

さて、ドイツでは2週間程前に”シュパーゲル”が解禁、2017年の今年も「春を告げるシュパーゲル」の季節がやって来ました。
ずっと待っていたシュパーゲルの季節、満を持してこの”Ostersonntag(オスターゾンターク)”イースタの聖日曜日に、同僚家族を誘ってシュヴェッチンゲンへ行ってきました。
今日は、シュヴェッチンゲンで食す2017年の我が家の初シュパーゲルレポートをお届けします。
Spargel_Schwetzingen 6.JPG

シュヴェッチンゲンがアスパラガスの町と呼ばれる所以は、ここのSchloss(シュロス)/宮殿でアスパラガスの栽培が行われるようになり、ここからアスパラガスを食す習慣が広まったからからということの様です。

そう、上の写真の奥に見えているのが、プファルツ選帝侯の夏の離宮、プファルツ地方の小ヴェルサイユと称される宮殿です。 ここはお庭がとても有名だということです。 また、このシュロスの宮廷劇場はオリジナルを保ったもので、ここでオペラも上演されるとのことですので、色々な楽しみ方が出来そうですね。
Spargel_Schwetzingen 5.jpg

写真のブロンズ像にズームインしてみましょう。
このブロンズ像、プレートには”Spargelfrau(シュパーゲルフラオ)/アスパラ婦人”とありました。
流石は、アスパラガスの町ですネ。 このブロンズ像のある”Schlossplatz(シュロスプラッツ)/宮殿前広場”には、3・4軒の出店がたっていて、新鮮なシュパーゲルとジャガイモの直売をしていました。

本当は、この広場にあるブラオハウス(ビール醸造所兼レストラン)”Zum Ritter(ツム・リッター)”でシュパーゲルをと考えていたのですが、予約なしでは入れず、「オスターゾンタークは2週間前から予約でいっぱいだよ。残念だけど…」と断られてしまい途方に暮れた私たち。 向かいのレストランでも同様に断られ、もしやシュパーゲルに有りつけない危機?と思いきや、ブラオハウスのお隣のカフェハウスに入ることができました。
カフェと言っても、バーもあり食事もでき、もちろん、新鮮なシュパーゲル特別メニューもあったので、Kneipe(クナイペ)ですね。
Schwetzingen_Kneipe 1.JPG

外の見た目からは想像できませんでしたが、内装はアール・ヌーボーでとてもお洒落な感じでした。
Schwetzingen_Kneipe 2.JPG

某評価サイトで、「待ち時間が長い」ということで一つ★がつけられていましたが、確かに食事を頼んでから出てくるまでにもの凄い待たされましたね。
でも、待っただけの価値のある美味しい食事だったので、私たちは大満足♪

さて、ここからは写真でシュパーゲルを味わって下さい。
Spargel_Schwetzingen 2.JPG

まずは、娘の大好物”Spargel Suppe(シュパーゲル・ズッペ)”白アスパラガスのスープです。
ドイツ料理屋さんでは、日本人には、「塩が効きすぎていてしょっぱい!」ということが多いのですが、こちらのスープはマイルドでとても美味しかったらしいです。
これにポメス(フライドポテト)で十分!
Spargel_Schwetzingen 7.JPG




シュパーゲルと合わせる定番の”Schmitzel(シュニッツェル)”をつけて。 
これが、ドイツ料理初心者にはまず間違いない組み合わせ。
日本人の口に合うこと間違いなしです。

ちなみに、一番最初の写真は、もっともシンプルにシュパーゲル(白アスパラガス)を楽しむメニュー。 白アスパラガスに茹でジャガイモの付け合せでシンプルに。
ソースは、”Hollandaise Soße (ホランダイゼ・ゾーゼ)”ホーランダイゼソースで。
このソースも各お店によって様々、濃厚だったり、あっさり目だったり。
Spargel_Schwetzingen 3.JPG





小エビとゆで卵をあっさりとバターで。
この組み合わせは、初めてで新鮮でした。 
味付けもあっさり塩バターで、しつこくなく美味しかった♪

ここまでのメニュー、シュパーゲルの味が生かされていて、シンプルな味付けでしょっぱくなくとても繊細な味わいでどれもこれも美味しかったのですが、今回のヒットは、こちら。
Spargel_Shwetzingen 4.JPG



“Lachs(ラックス)/鮭”に、白アスパラとグリーンアスパラを合わせ、ホワイトソースで。
このホワイトソースがレモン風味がありあっさりで、本当に繊細な味わいが何とも言えず美味しかったです♪
シュパーゲルのシャキシャキな食感が楽しめてインド米との相性もバッチリ。 これは本当に大ヒットでした。

思いがけず入ったお店でこれだけ美味しいものに出会えたので、「今シーズンまた再訪しよう! 次は、Zum Ritter(ツム・リッター)リベンジだぁ~!」と鼻息荒く帰ってきました。
いやぁ~本当に侮れないアスパラガス街道の町、シュヴェッチンゲンでした。

≪INFORMATION≫
Kaffeehaus Schwetzingen
Address: Sclossplatz 3, 68723 schwetzingen
Tel: 06202-12170
Website: http://www.kaffeehaus.de/Home/2,0,0,0,0,0,1.html
営業時間:(禁煙席) 月-水: 8:00 - 1:00/ 木-土: 8:00 -3:00 日・祝日: 9:00 - 1:00


2017年4月18日
2017年4月15日
2017年4月12日
2017年4月10日
2017年4月 7日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ