海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ドイツ四季便り第23号
前回のドイツ四季便りでは、”かぼちゃ”でドイツの秋景色をご紹介しました。
そろそろレストランの旬の特別料理メニューに、かぼちゃを使った料理が登場する頃です。
その前に、夏の食材”Pfifferlinge(プフィファリンゲ)”をラストスパートで食しましょう!
Pfifferlinge 3.JPG

日本では、キノコと言えば、「秋」を連想しませんか?
でもこれってもしかしたら単に松茸の影響なのかもしれませんね。
ドイツには、白アスパラガスが終わった頃に、季節の特別メニューとして登場する夏を代表する食材のキノコがあります。 見た目が黄色でグロテスクなので、なかなか手を出すことが出来ませんが、実はこの子、本当に味があって美味しいんです。
Pffiferlinge 5.JPG

春の訪れを告げる白アスパラガスの季節が終わりに近づく初夏の市場に登場するのが、黄色い色のキノコ、”Pfifferlinge(プフィファリンゲ)”。
ドイツだけでなく、ヨーロッパ全土に出回る黄色のキノコです。
その存在感にかなり興味があったのですが、ドイツに来たばかりの頃にはなかなか手が出せませんでした。
そんな私でさえ、このキノコを美味しさを知ってから、毎年スーパーやレストランの特別メニューに登場するのを待ち構える様になりました。
それくらい本当に味があっておススメの食材なのです。
Pfifferlinge 1.JPG

初夏になると、レストランの季節の特別メニューに登場するプフィファリンゲを使った料理の数々。
旅行者としてドイツを訪れる皆様にも是非味わって頂きたいものの1つです。

一番最初の写真は、ドイツ料理を代表する”Schnitzel(シュニッツェル)”と季節の食材プフィファリンゲのクリームソースとのコラボバージョンです。
ブラウンソースですね。 上の写真は、ドイツ語で”Bandnudeln(バンドヌーデルン)”という平たいパスタと絡めたプフィファリンゲのホワイトソース。

プフィファリンゲは、やはりホワイトソースとの相性が抜群だと個人的にも思います。
Pffiferlinge 4.JPG

もう夏も終わりの頃、スーパーREWE(レヴェ)で買った旬の食材、プフィファリンゲも自宅でホワイトソースにアレンジして楽しみます。
玉ネギとベーコン、それにたっぷりのプフィファリンゲをバターで炒めて白ワイン、マギーの野菜コンソメ、牛乳を混ぜて簡単に作ったパスタですが、プフィファリンゲの独特の風味のおかげてとても美味しく頂けます。 ホワイトソースとの相性抜群です。
日本ではなかなか味わえない味がここにあります!
初夏から秋にかけてドイツに来られる方には絶対試して頂きたい、私のイチ押し食材、それがプフィファリンゲです。 是非お試し下さい。


2017年9月30日

観光地再発見の旅⑪
個人的にゆかりの深い町、”Ludwigsburug(ルートヴィヒスブルク)”のことは、以前詳しくご紹介しました。
シュトゥットガルトの隣町で、城下町であるルートヴィヒスブルクのことはあまり知られていませんがとても素敵な町で私は大好きです。
Ludwigsburg_Antikmarkt 2.jpg

そんなルートヴィヒスブルクで年に1度、アンティークマルクトが開催されると知って「これは行かなくては…」と日曜日に出かけてきました。
Ludwigsburg_Antikmarkt 1.jpg

“Ludwigsburger Antikmeile(ルートヴィヒスブルガー・アンティークマイレ)”の今年2017年の日程は、9月23日(土)と24日(日)の2日間11:00~18:00の開催でした。 開催場所は、珍しいことにカトリック教会とプロテスタント教会が向き合って建っているマルクト広場”Marktplatz(マルクトプラッツ)”。
Ludwigsburg_Antikmarkt 7.jpg

主人側から見たピンク色で派手なプロテスタント教会(左)と私側からみた質素で厳かなカトリック教会(右)。
会場となっているマルクト広場は、カフェやレストランで囲まれているので、アンティークマルクトを物色して回って歩き疲れたら、すぐにどこかに入って一息つけるのが嬉しいですネ。
Ludwigsburg_Antikmarkt 3.JPG

昔からアンティークにはとても興味があって、色々と注目しているアイテムがあります。
欲しいモノリストの筆頭にあったものの1つが、琺瑯のパンケースBrotkasten(ブロートカステン)。 ずっと思い描いていた理想の形でとてもきれいな状態の良いものに出会えたので購入決定。 交渉してEur10,00-安くしてもらってEur 85,00-と少々お高い買い物でしたが、大満足です。
(写真上の奥の方に写っている青いラインの入ったものです。)
それと、写真(2つ上右下)のゴールドの蓋と持ち手の付いたアイスピッチャー。
100年~120年くらい前のモノだとか。こちらはEur 48,00-でした。

このアンティークマルクトは、プライベートというよりは、アンティークショップやディーラーと言ったプロの方たちが出店している本格派のマルクトになります。 なので、お値段もそこそこお高いことを覚悟しなくてはなりません。
Ludwigsburg_Antikmarkt 5.JPG

マルクト広場には、こんな可愛らしいコーヒーショップもありました。 ドイツではお決まりのファーストフード、ヴルストなどのスタンドもあるので、レストランに入らずとも簡単にランチを済ませることもできます。

私たち家族は、マルクト広場の一角にある、イタリアンレストランでゆっくりランチをしました。
Ludwigsburg_Antikmarkt 4.jpg

≪La Signora Moro≫
住所:Marktplatz 9, 71634 Ludwigsburg
Tel:07141-92 48 28
営業時間:月~日12:00~24:00
*食事は、月~金12:00~22:30、土・日12:00~23:00
Website:≪La Signora Moro≫

ドイツの日曜日は、お店が完全に閉まっていてショッピングを楽しむということが普通はできません。
そんな日曜日に、アンティークマルクトへ出かけゆっくりと出店ブースを物色して周り、疲れたらカフェで一休みしたり、ゆっくりとランチを楽しむ時間というのは何て優雅なんでしょう。
ずっと探していたものにも出会えて、持ち帰った戦利品を見てさらにハッピー♪


《参考資料》
Ludwigsburg Tourismus & Events: “Antikmeile (Flyer)” 
Hundertwasser official Website:http://www.hundertwasser.at/index_en.php


2017年9月25日

観光地再発見の旅⑩
皆さんは、オーストリアの有名な建築家”Hundertwasser(フンデルトヴァッサー)”の名前を聞いたことがありますか?
私は、友人が大好きだったことがきっかけで、フンデルトヴァッサーに興味を持つ様になりました。
Hundertwasser_Waldspirale 7.JPG

ドイツには、フンデルトヴァッサーが設計した建築物がいくつかあります。
その中に、私が住むシュタインバッハから気軽に行ける距離に2つ、彼が設計した集合住宅があります。
最も近いのが、ご近所様の”Bad Soden(バート・ゾーデン)”にあるアパートメント、そしてもう1つが、 “Darmstadt(ダルムシュタット)”にある”Waldspirale(ヴァルトシュピラーレ)”と呼ばれる集合住宅です。
Hudertwasser_Waldspirale 1.JPG

ダルムシュタットは、シュタインバッハから約38km、車で約30分程のところにある町です。
フランクフルトからも左程変わらない距離です。
さる日曜日、フラリと家族でドライブがてらアート鑑賞!ということで、ヴァルトシュピラーレへ行ってきました。
Hundertwasser_Waldspirale 3.JPG

ダルムシュタット市のホームページによれば、ヴァルトシュピラーレは1998年から2000年にかけて建築された105世帯(アパート)が集まる集合住宅なのだそうです。
Hundertwasser_Waldspirale 2.JPG


Waldspirale(ヴァルトシュピラーレ)
Wald(ヴァルト)=森
Spirare(シュピラーレ)=螺旋
フンデルトヴァッサーは、「自然界に直線は存在しない!」と言って極度に直線を嫌ったと言うことですが、彼の建築には、とにかく曲線が多用されています。
住所:Waldspirale,64289 Darmstadt
(Friedberger StraßeとBüdinger Straßeが交差するところ)

フンデルトヴァッサーに興味を持ってから色々と調べていて、自然界には無い直線を避け、自然な線を用いて建築物を造った自然を愛した芸術家であるということを知りました。
Hundertwasser_Waldspirale 8.JPG

ダルムシュタットのヴァルトシュピラーレを眺めていると、まさに納得!
さすがに窓自体は直線の枠、いえ、直線なのは、窓の枠くらい、いやそれもさらに自然の線でその窓枠をわざわざ囲っているのが、拘りなのでしょうか?
そんなことを思ったりして、見ていて飽きません。 「面白すぎる…」
Hundertwasser_Waldspirale 6.jpg

自然線と言えば、私は、アパートへのアプローチである階段のこの歪み具合、「何とも良い味を出していて、ホントにステキ♪」と思うのです。
「好きだなぁ~これ」 私にとっては、この階段、まさにツボです。
Hundertwasser_Waldspirale 5.JPG

集合住宅ですから、生活感あふれる場所ももちろんあります。
例えば、こちらは、地下駐車場への入口。
こんなに生活感あふれる場なのに、何だかお洒落なのですよ。
Hundertwasser_Waldspirale 4.JPG

こちらは、中庭の風景。
良くある子供の遊び場が見えますネ。 滑り台やら砂場があるのを見ると、まさにアパートなんだなぁ~と実感します。
こんな場所に住むってどんな感じなんでしょうね。 家の中も見てみたいものですネ。
外から眺めているだけでもワクワクするフンデルトヴァッサーの世界、是非皆様も体感してみて下さい。
実は、フンデルトヴァッサーが設計した建築物、日本にもあるんですよネ。
興味があれば是非、足を運んでみて下さい。
私も、これからも、フンデルトヴァッサーの世界を色々と体感しに行こうと思っています。 

《参考資料》
Darmstadt official Website: “Waldspirale”(https://www.darmstadt.de/darmstadt-erleben/sehenswuerdigkeiten/waldspirale/) 
Hundertwasser official Website:http://www.hundertwasser.at/index_en.php 


2017年9月21日
2017年9月18日
2017年8月20日
2017年8月15日
2017年8月13日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シュタインバッハ特派員

    シュタインバッハ特派員
    増井 尚美
    ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集