海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > 2011年ストックホルム3大ニュース

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ サリネン れい子

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月29日

2011年ストックホルム3大ニュース


メール プリント もっと見る

2011年ストックホルム3大ニュース

 今年のクリスマスは、大変暖かく気温が10度前後にまで上がったストックホルムです。ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、ここ数年雪がたくさん降り、それによって大変な被害をうけてきただけに、今年の暖冬はどちらかというと肯定的な意見を聞きました。
 
 クリスマスが終わると、セールの時期の到来です。半額セールなどたくさん行われています。これらのセールは最終セールが行われる1月の終わりくらいまで続きますので、ぜひ、のぞいてみてください。

 さて、本題のほうに入ります!

今月のお題は

2011年ストックホルム3大ニュース

です。

 いろいろ悩んだんですが、こちらに決定です。

第3位

スルッセン(Slussen)の再開発案が決定したこと

オールドタウンとソーデルマルムという島の間にあるのが、スルッセンです。ストックホルムの中心ですよね。このスルッセンの老朽化が進んでいて、再開発を行うことをもう何十年も話し合ってきました。調査に調査を重ね、それにかかったお金もすごいのです。いろんな案があって、なかなかこれというのに決まらずにいました。が、2011年の年の瀬にやっと再開発案がきまりました。この案に関しては、デモンストレーションも起きたほどで、ストックホルムを騒がしました。以下のサイトから、その案の模型図などをみることができます。

スルッセン再開発案

第2位

ビクトリア皇太女ご懐妊

やはり、王室関係のニュースははずせません。ストックホルム中心には王宮があり、郊外には皇太女ご夫妻が住むお城もありますし、多くの王室関係のお城があります。ストックホルムとスウェーデン王室はきってもきれない関係です。そのビクトリア皇太女が妊娠され、おそらく来年の2月末ごろには赤ちゃんが生まれるといわれています。うわさでは、双子の可能性もあるとか。大変楽しみです。

堂々の第1位にはこちらのニュースを選びました。

ストックホルム生まれの詩人、トーマス・トランストロンメル(Tomas Tranströmer) ノーベル文学賞受賞

ストックホルムで生まれて育った、トランストロンメル氏は、生粋のストックホルム人であり、高校は、ソーデルラテンと呼ばれる歴史ある高校を出て、大学はストックホルム大学。すんでいたのもソーデルマルメの中心地。ここまでストックホルムにゆえんの深い人がノーベル賞を取ったとなると、騒がれるのも当然です。今年のストッ
クホルムの最も大きなニュースでしょう。

・・・番外編・・・
2011年、ストックホルムのそんなに重要じゃないけど、知っておきたい3つのニュース!!!

1.2011年4月15日から17日、ダライ・ラマがストックホルム訪問!

ダライ・ラマがストックホルムを訪問するのは、10回目とのこと。なかなかあることではないし、話題になりました。

2.2011年8月13日 スウェーデンで初めて商業目的の民放のトーク中心のラジオ放送がストックホルムで始まる!

これまでスウェーデンには、音楽中心のラジオ放送は民放であったが、トーク中心で政治問題などを含めた内容を放送している民放ラジオは存在しなかったのです。(国営のラジオではあります。)禁断とされていたトーク中心の番組がストックホルムで流されるようになって半年。私もよく聞くラジオになりました。民放だけあって、政治や社会問題など、きわどいところにも食い込んでいて大変面白いと思います。現在では、ウプサラとヤーブレと呼ばれる町でも聞けますが、その他の地域の方は、インターネットを通じて聞くことができます。サイトはこちら です。

さあ、ちょっとしたストックホルムのニュース2011年を飾る最後のニュースはこちら。

3.2011年11月5日、フレドリック・レインフェルド首相の息子が事件に巻き込まれる!

16歳になる首相の息子は、ストックホルム郊外であったパーテイーに参加し、そこから夜遅くになって友人たちとストックホルム市内へ繰り出したようです。襲ったのは、同年代の若者の集団で、付回していたような感じで、最終的にストックホルムの中心街、高級なお店やバーが集まるStureplan(スチューレ・プラーン)近くの通りで殴り倒し、瓶で殴ったり、数人で頭を踏みつけたりして暴行したようです。首相の息子が襲われたのは今回は初めてではなく、彼もショックを受けていた模様。この事件が特に大きく取り上げられたということではないのですが、大きく取り上げられないのもまた、スウェーデンという感じではありました。

ということで、2011年の大きなニュースとちょっとしたニュースをストックホルムからお届けしました。


来年はどんな年になるのでしょうか。いいニュースの多い年になるといいなあと思っています。
今年も残り数日となりました。来年もたくさんストックホルムの情報を更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

それでは、よいお年をお迎えください。


Gott nytt år!(ゴット ニット オール!:あけましておめでとう)

(12月のお題"2011年3大ニュース")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2011年12月29日
« 前の記事「おみやげにお盆はいかが?」へ
»次の記事「あけましておめでとうございます!」 へ
おすすめ記事
    ストックホルム特派員 新着記事
    特派員交代のお知らせ
    バレンタインの定番チョコ?!
    試してみたい、ラップセムラ
    今年もやってきた、セムラの季節
    レバノン料理をエステルマルム市場で!
    クリスマスのストックホルムの街並み
    スウェーデンの固いパン
    遅い夏の到来とユニークな新聞記事

    スウェーデン ツアー最安値


    2017/10/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    スウェーデン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ストックホルム特派員

      ストックホルム特派員
      サリネン れい子
      2001年来瑞。ストックホルム郊外に住み、その町にある特別支援学校で教員として働いています。スウェーデンの教育に関するブログはこちらを。「スウェーデンの教育って?!」主人と愛犬との北欧的スローライフを目指しているけれど、実際は毎日走り回っています。趣味は、編み物やパッチワークなどの手仕事など。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集