海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 台湾/台北特派員ブログ

台湾/台北特派員ブログ Mikiko

台湾・台北特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

夏休みの家族旅行に台湾を計画されている人もいるのでは?

今回は、ファミリーでも楽しめる台湾のレストランをご紹介!


DSC_9740 - コピー.JPG


台北近郊の人気観光地、淡水。

特に淡水の「漁人碼頭(埠頭)」にある「情人橋(バレンタインブリッジ)」は、
夕日の名所として知られ、世界中からも多くの観光客が訪れます。

DSC_9725 - コピー.JPG


そんな漁人碼頭の近くに
世界的にも珍しいチョコレートの博物館があるんですよ!

漁人埠頭から少し歩いたこの建物の2階がチョコレート博物館です。


DSC_9721 - コピー.JPG


チョコレート博物館「世界巧克力夢公園」の入場料は
大人は1人280元、お子様は3歳以上、1人240元です。

DSC_9738 - コピー.JPG


世界で初めてのチョコレートのテーマパークで、
中にはチョコレートで作った自動車や、
チョコレートの歴史を学べたり、
チョコレートのドレスなど、チョコレートに関する様々な展示があります。


DSC_9778 - コピー.JPG

こちらはなんとチョコレートで出来たバッグ!
まるで本物の鞄ようですね!

DSC_9808 - コピー.JPG

他にもチョコレートDIY教室(費用別途必要)などもあったり、
チョコレート好きにはたまらない施設です。

そして隣のお土産ショップとレストランは
入場券無しでも利用可能です!

DSC_9870 - コピー.JPG

チョコレートレストラン「巧克力主題餐廳」には
ココでしか味わえないチョコレート料理が
たくさんあるのでオススメ!

DSC_9876 - コピー.JPG

レストランの内装もチョコレートのデザインが散りばめられ、
お子様も喜びそうですね!


DSC_9886 - コピー.JPG


チョコレートを使ったスイーツなどはもちろん、
なんとチョコレートを使った食事メニューもあります。

ぜひトライしたい料理は、
巧克力義大利麵というチョコレートパスタ!
チョコレートが練り込まれたオリジナルパスタなんです。

經典奶油培根巧克力麵 260元
チョコレートパスタカルボナーラ
DSC_9903 - コピー.JPG


麺を噛むとほのかにチョコレートの味わいが広がります。
そして一緒にサーブされるチョコレートを削って、
お好みでかけることも出来ますよ!
さらにコクが増してとってもおいしいです!

DSC_9911 - コピー.JPG

ここでしか味わえない珍しいチョコレート料理の他にも、
厳選した上質なチョコレートを使用したデザートや
ドリンクもあり、観光の途中のブレイクタイムにもよいですね!

チョコレート博物館のお隣は
ホテル「福容大飯店」があり、
淡水の絶景を見渡せるホテルとしてこちらも人気ですよ!

DSC_9731 - コピー.JPG


淡水を訪れたらぜひチョコレートレストランで、
おいしいチョコレート料理を堪能してみてください!

世界巧克力夢公園
http://www.chocolatewonderland.com.tw
住所:新北市淡水區觀海路91號
電話:02-2805-8269
交通:MRT淡水駅からR26、836、R23のバスに乗り換え漁人碼頭下車
見学時間 10:00-18:00
最終入場 17:30

巧克力主題餐廳(チョコレートレストラン)
時間:10:30~19:00
(19時以降の利用は先に予約連絡しておけば
利用可能な日もあり)


2017年8月 8日

海外旅行の楽しみと言えば、
美しい風景やグルメもありますが、
その土地の人たちのとの出会いも、
旅の思い出になりますね。


今回は台湾旅行で、
地元の人たちとのコミュニケーションに
役立つ挨拶の言葉を紹介したいと思います!


DSC_4570 - コピー.JPG

台湾では一般的に中国語(北京語)が話されています。

字体は中国大陸とは異なる「繁体字」を使用しており、
日本の漢字と同じ文字や似ている文字も多いので、
看板などの文字を見て、大まかな意味を理解することも出来ます。

まずは、知っている人も多い基本の挨拶、

「你好 ニーハオ」=こんにちは

朝は「早上好 ザオサンハオ」
「早安 ザオアン」=おはようございます

夜は「晩上好 ワンサンハオ」=こんばんは

を使用する場合もありますが、
基本的には昼夜問わず「ニーハオ」と
挨拶しても構いません。


複雑に考え込まずに、
まずは「きちんと挨拶をする」
というところが大切です!

そして台湾旅で一番重要な言葉
「謝謝 シェシェ」=ありがとう


こちらも、ほとんどの人が知っている
中国語でもありますが、
親切にしてもらったり、
お店や、レストランなど
どんなシーンでも
「シェシェ」というのをお忘れなく!


この一言で、
台湾の人もきっと笑顔を見せてくれます。


もし緊張して忘れてしまっても
日本語で「ありがとう」と伝えれば、
理解してくれる人が多いです。


大切なのは感謝の気持ちを伝えることですね!

「謝謝」よりさらに丁寧になる言い回しは
「謝謝您 シェシェニン」と最後に「您」を付けることで
「ありがとうございます」というような
丁寧な言い方になりますよ!

またレストランでは
美味しい時は
「好吃 ハオツー」と言ってみましょう!

日本語で「おいしい」という言葉も
知っている人が多いので、
素直においしいと伝えると
お店の人もきっと喜んでくれるはずです。


人にぶつかってしまったり、
トラブルで迷惑をかけてしまった時は

「不好意思 ブーハオイースー」
=すみません

と言って謝りましょう。


「不好意思」は Excuse Me と同じ感覚で使用でき、
道で誰かに話しかけたいときや、
電車から降りる時に道を開けてもらいたい時などにも
使えますよ!


他にも「對不起 ドゥイブーチー」(ごめんなさい)
「抱歉 バオチェン」(すみません)
も使用できます。

ツアーガイドさんやドライバーさん、
博物館のスタッフさんなど
「お疲れ様です」と声をかけたいときは

「辛苦你 シンクーニー」

と言ってみましょう。


夜ホテルまで送迎してもらった時は合わせて
「晩安 ワンアン」=おやすみなさい
と声をかけてもいいですね!


どれもよく知られる基本的な
中国語会話ですが、
覚えておくと、
台湾旅行中も地元の方と笑顔で
コミュニケーションできるようになるはずです。


外国の人が一生懸命、
地元の言葉を話そうとしてくれていると、
現地の人もうれしくなります。

簡単な言葉だけでも覚えておくと、
きっと台湾旅がもっと楽しいものになりますよ!


そして咄嗟に中国語が出ないときは
簡単な日本語での会話でも
特に「ありがとう」や「ごめんなさい」。
「おいしいなどは、多くの台湾人が理解してくれます。


気持ちを伝えようとする行動が大切ですね!


DSC_4534 - コピー.JPG


反対に日本語が分かる人が多いからこそ、
気を付けたいのは、
「バカ」などの侮辱的な言葉の使用です。

日本統治時代の歴史があり、
日本のTV番組もたくさん放送されたり、
日本文化にも関心が高い台湾では、
そういった言葉も理解している人が多いです。

街中で侮辱的な発言をしたり、
冗談でも人を不快にするような発言は避けましょう。


旅先で地元の人とコミュニケーションが
出来ると、さらに旅を思い出深いものに出来ますね。

台湾旅の前には、
役立つ中国語を少し勉強してみるのも、
旅をさらに楽しむコツになるかもしれませんね!


2017年7月31日

現在、世界遺産登録がない台湾ですが、
いつか台湾がユネスコに加盟することがあれば、
真っ先に自然世界遺産にも登録されるだろうと言われているのが
「太魯閣(タロコ)渓谷」です。

P4110218 - コピー.JPG

太魯閣渓谷は、台湾の東部、
花蓮縣の「太魯閣(タロコ)国立公園」にあり、
世界的にも珍しい大理石の山々で囲まれた渓谷です。
その壮大な景色を見たいと世界中から観光客が訪れます。


太魯閣国立公園は、花蓮市中心部から車で約30分ほどの場所にあります。
台湾の観光地を回る専用路線バス「台湾好行」バスや、
旅行社のツアーなどで訪れることが出来ます。


この門から入ると、全長約200㎞に及ぶ太魯閣渓谷の横断道路が始まります。


P4110299 - コピー.JPG


太魯閣渓谷内には、様々なビュースポットがあり、
いくつかに絞って回れば台北からの日帰り観光も可能です。

トレッキングが好きな人に人気なのは、
「砂卡礑(サカダン)歩道」です。

P4110125 - コピー.JPG

「砂卡礑(Shakadang)」とは、台湾原住民族の太魯閣族の言葉で臼歯を意味し、
狩りなどに使用していたとされる狭い小道でしたが、
日本統治時代に水力発電用のダム建設資材を運ぶために
道幅が拡張されました。

現在はトレッキングコースとして整備され、
途中には実際に渡れる吊り橋などもあります。

P4110133 - コピー.JPG

天気が良ければ、透き通った渓流の水の美しさを眺めながら散策出来ます。


太魯閣渓谷最大の見どころと言われるのが「燕子口」です。
燕子口は、大理石の岩壁に無数の小さな穴があいており、
そこにツバメが巣を作っているため「燕子口」と呼ばれています。

P4110203 - コピー.JPG


車から降りて散策可能で、横断道路から下を見下ろすと
深い谷底を見渡すことが出来、壮大な太魯閣渓谷の魅力を存分に満喫できます。

P4110167 - コピー.JPG

落石の危険があるため燕子口エリアの散策にはヘルメットの着用が必要です。
ツアーに参加すればドライバーさんやガイドさんが準備してくれます。
個人旅行の場合も、指定の場所でヘルメットのレンタルが必須です。

P4110226 - コピー.JPG


他にも、太魯閣渓谷ビジターセンターでは、太魯閣国家公園について、
またこの地に代々住んでいる原住民族についての資料などを見ることが出来ます。

太魯閣渓谷から移動し、太魯閣国立公園の一番東に位置する
「清水断崖」もぜひ訪れたい絶景スポットです。
湾東部の高い山々から太平洋へと続く断崖が望め、
紺碧の海がとても美しく、思わず感嘆のため息がこぼれます。

P4110091 - コピー.JPG


ここから、トンネルを通り抜ける列車も見ることが出来ます。
山と列車が撮影できるスポットとして鉄道ファンに注目を集める場所です。

P4110096 - コピー.JPG


大自然の太魯閣国家公園は台風や地震などの影響も受けやすく、
土砂崩れや落石による通行止めもよく起こります。
訪れた日に見れない場所があることもありますが、
自然の力には逆らえませんね。

P4110241 - コピー.JPG


太魯閣渓谷では大自然の生み出した絶景が待っています。
ぜひ台北から足を延ばして、
花蓮の太魯閣国家公園にも訪れてみてはいかがでしょうか。

太魯閣国立公園 太魯閣國家公園 Taroko National Park
http://www.taroko.gov.tw/Japanese/
住所:台湾花蓮県秀林郷富世村291號
Tel: 03-8621100~6


2017年7月27日
2017年7月21日
2017年7月 9日
2017年6月30日
2017年6月28日
⇒すべての記事を見る

台湾旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■台湾の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 台北特派員

    台北特派員
    Mikiko
    台湾人と国際結婚し、2011年より台北在住。台湾現地旅行社にて台湾国内旅行を担当後、現在は旅行業の経験を生かし台湾情報を伝えるライター、ブロガーとして活動中。趣味は写真撮影と食べ歩き。美味しいものや目新しいものが大好きで、台湾全土のローカルフードやトレンドグルメを食べ歩いている。台湾人よりも台湾のグルメ情報に詳しい、と言われるほどのくいしんぼう女子。
    HP
    Instagram

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集