海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > エストニア/タリン特派員ブログ

エストニア/タリン特派員ブログ KANA

エストニア・タリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

※ 写真データが一時的にエラーのため表示できていません。直している最中です。今しばらくお待ちください。


タリンにある動物園は1つです。
なので、バスの時刻表に「ZOO」と書いてあれば、すべてのバスはタリン動物園へ向かいます♪


2018年4月現在、Paldiski mnt入り口へは、21、21B、22、42、43番バスで、
Ehitajate tee入り口へは、10、28、41、42、43、46、47番バスで行けます。


所要時間は、市内中心部からおよそ15分ほどです。


「地球の歩き方 バルトの国々 2017-2018」(66ページ)に、一部屋内は月曜休みと書いてある通り、
トロピカル(熱帯地域に暮らす動物の展示室)と、エレファント ハウス(象小屋)は月曜休みでした。


私が一回りした限り、白熊と象が目玉だと感じたので、そのうちのひとつが見れないのはとても残念・・・。
月曜以外の曜日をオススメします。


また、真冬は園内で行き倒れになるんじゃ・・・というくらい広いので、真冬は避けたほうがいいかもしれません。
象を下に眺めながら飲食できるレストランも、真冬は営業していないとのことでした(いすとテーブルは置いてありました)。


園内は眺めもよく、何度ものんびり休んだり、綿菓子(2ユーロ)を食べたり、動物たちの生活をゆっくり見たり、
穏やかな気持ちで一日を過ごすことができました。


入り口に置いてあるカートは、子どもを乗せたり、荷物を乗せたりすることができるので、よかったらぜひ。

☆入場料☆
夏期:夏期(5/1-9/30) 大人8ユーロ、学生5ユーロ/冬季(10/1-4/30)大人5ユーロ、学生3ユーロ
オープンエアミュージアムとタリン動物園のセット券は、夏期26ユーロ、 冬季17ユーロ
タリンカードを利用する場合は、無料


2018年4月30日

街のあちこちのお店や政府機関の入り口に、エストニア語での掲示が出ている通り、
IMG_1094.jpg
5月1日はメーデーのため、お休みのところ、時間短縮のところがかなりあります。
IMG_1118.jpg
シアターもお休みです。
IMG_1095.jpg


ガイドブックやホームページに、メーデーは休みと書いていないお店でも、お休みの場合がありますので、事前に電話してから向かうなど、貴重なお時間をどうぞ大切にお過ごしください。


☆エストニア語ワンポイントレッスン:開店: Avatud (アヴァットゥド)、閉店: Suletud (スレットゥド)



2018年4月30日

※写真がエラー表示されるため、一時的に写真画像を表示しておりません。今しばらくお待ちください。

タリン市内の公共バスは、バス、トロリーバス、トラムの3種類があります。
主な支払い方法は、運転手さんへ現金支払い、スマートカード(SMARTCARD)があります。
その他の支払い方法&詳細はこちら→ https://tallinn.pilet.ee/buy

スマートカードは、エストニア語で、Ühiskaart ウヒスカールトと言い、チャージ式プリペイドカード(日本のSuicaのようなもの)です。

ウヒスカールトは、1回の乗車1.1ユーロ(1時間以内)です。一番いい点は、1日に3回以上乗車すると、自動的にお得な1日券(1日に何回乗っても3ユーロ)に切り替わってくれるところだと思います。3日券(5ユーロ)、30日券(23ユーロ)などもあります。

購入方法は、事前に、Rキオスクで2ユーロのデポジットを支払って、Rキオスクや乗り物の中でチャージしてもらいます。
使用方法は、乗車時、改札機にピッとカードをかざすだけです。緑色の点灯と、ピッという音がなります。お金が足りない時などは、赤色の点灯と、ブッという音がしますので、運転手さんのところでチャージすることになります。

帰国時には、ウヒスカールトを返却すると、デポジット2ユーロの払い戻しがあります(購入後6ヶ月以内)。
「地球の歩き方 バルトの国々」(2017-2018)(p.46)にも、タリン市政府(P.43 MAP B-4)の顧客課で払い戻しされると書いてあります。

そのタリン市政府は、英語ではTallinn City Government、エストニア語ではTALLINNA LINNAVALITSUSと言います。
住所は、Vabaduse väljak 7 Tallinnです。世界遺産の旧市街も見える、とても便利な場所にあります。

2018年4月現在、3番窓口が顧客課なので、受付機で3番を選択し、3番窓口付近で呼ばれるまでお待ちください。

加えて、現在、タリン空港のRキオスク、港のA~DターミナルのRキオスク、鉄道駅のRキオスク、バスステーションのチケットサービスデスクでも払い戻しができるようです。

少しずつ便利になっていきますね。


2018年4月30日
2018年4月 9日
2018年3月26日
2018年3月16日
2014年1月 6日
⇒すべての記事を見る

エストニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■エストニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • タリン特派員

    タリン特派員
    KANA
    はじめまして!エストニアの首都タリンに住んでいます。 これまでの海外渡航歴は60カ国くらいです。ブログでは、 「バルト三国に行ってみたいけれど、治安は大丈夫なの?」といった不安や、 「おいしい現地料理を食べたい!」「エストニアでしかできないことをしてみたい!」と いった期待に応えられるように心がけ、レポートします。 DISQUS ID @disqus_r3iNrbGCq4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集