海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

Assalom alaykum! 皆様こんにちは!タシケント特派員の齋藤です。


 さて、2014年11月から1年5か月、続けてきたタシケント特派員ブログは今回で最終回となります。
 思えば開始当時、「すでに現地語をある程度習得していて、なおかつ大学院生という、駐在員や大使館員のようなハイソな立場とは違う視点から、マイナーな地域を紹介していったら面白いのではないか」と考えたのが、連載を始めた動機でした。この当初の目的が果たせたかどうかは読者の皆様のご判断にゆだねたいと思いますが、特派員本人としては、思い残すところはあまりない、というのが、率直なところです。


 では最後に、タシケント空港の最新事情について報告し、本ブログを閉めたいと思います。


・タクシー乗り場付近にバーがOPEN


12072596_1012548108779742_8433325307019008778_n.jpg


 到着ゲートから出た、白タクドライバーがたむろしているあたりに最近、軽食やドリンクを売る簡易なバーができました。タシケント空港は飲食店がかなり少ないため、この調子で充実を図ってほしいものです。


・出発待合ロビーでプロフの缶詰の販売開始
 ウズベキスタンの国民食であるプロフが缶詰めになってタシケントで販売され始めたと、ひところ日本の中央アジア業界で話題になりました。


11068040_920364474664773_1276146459_o.jpg


 このプロフの缶詰、タシケント空港の出発待合ロビーにある売店でも売られるようになったようです(写真はタシケント市内のスーパーで撮影)。
 食べるときは缶ごと湯せんにかけるか、中身を皿にあけて電子レンジで温めます。ウズベキスタン土産にいかがでしょうか?


・タシケント空港の「CIPラウンジ」


IMG_2843.JPG


 ビジネスクラス及びファーストクラスの乗客が利用できるラウンジです。中ではアルコールを含む飲み物が無料で、軽食もとることができます。


IMG_2841.JPG


 特派員は、これまでの度重なるウズベキスタン渡航でたまりにたまった大韓航空のマイルを利用して、今回の帰国ではビジネスクラスにチケットをグレードアップし、CIPラウンジを利用することができました。
 出発間際、ラウンジでのんびりワインを飲んでいたのですが、ボーディングの時間が近づいても周囲の客はまったく焦る様子が見えません。慌てて登山リュックとドタールを抱えて搭乗口に向かおうとしたところ、女性のグランドスタッフが、「ミステル(ミスター)、大丈夫です。エコノミーのお客様が搭乗を完了した後に、ゆっくり別の搭乗口からご案内しますからね」。ラウンジを見回すと、皆さん、慣れていらっしゃる様子で、ゆっくり談話していたり、英字紙を読んでいたりしていました。これを見たとき、特派員は、「ああ、やっぱりハイソな方々は俺とは違うのだなあ」、と実感したものでした(笑)


 本ブログが、中央アジアへの関心を持つきっかけとなり、ウズベキスタンへ旅行する際の一助になれば幸いです。


11144878_920362264664994_18425003_o.jpg


 それでは皆様、
 Xayr, salomat bo’ling!
(さようなら、お元気で!)


2016年3月14日

Assalom alaykum! 皆さんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。


 ウズベキスタンに到着後、最初に皆さんが空港を出て出会うのは、
「ミスター、タクシー?」
 という、観光客を出待ちしていた数十人のおじさんたちだと思います。
 彼らはみんな、白タクドライバー。ある人は副業として、またある人は、見栄を張って無理して購入した新車のローンを返却するため、お客を運んでいます。場合によっては、自動車で移動中の道すがらお客を運んで、小遣い稼ぎをする人もいるようです。
 一応白タクは違法なのですが、タシケント市民は普通に道端で白タクを停め、値段交渉し、利用しており、ごくごく普通の交通手段となっています。最近はメーター制のタクシーも増えてきましたが、まだまだ主流とは言えません。
 今回は、そんな白タクの利用方法等についてご紹介したいと思います。


IMG_2756.JPG


・停め方
 路肩に立って、腕を斜め下45度くらいにしておくと、簡単に停めることができます。
※ただし、注意してほしいのが、このやり方は大型の白いワゴン車のミニバス、「マルシュルートカ」を停める方法でもあります。タクシーを停めたいときに白いワゴン車が近づいてきたら、それをやり過ごした方がいいでしょう。


・行先を告げる。
 行きたい場所をそのまま固有名詞で告げても、「ああ、こいつはそこに行きたいんだな」と、運転手は理解してくれます。相手がウズベク人っぽかったら、場所の名前のお知りに「―ギャ」とつければ、ウズベク語で「―へ」の意味になります。
※ここで注意したいのが、現地風の発音。英語の場合、「ナイフ(knife)」のように、アルファベットと実際の発音が一致していない場合が多々あります。しかし、ウズベク語もロシア語も、基本的にはアルファベット通りに発音しますので、例えばタシケント市内の最高級ホテルの一つである旧称「インターコンチネンタルホテル(Intercontinental Hotel)」(現在は「インターナショナルホテル」ですが、旧称のほうが良く通じます)ですが、この「Intercontinental」、「インテルコンチネンタル」と、アルファベット通りに発音しないと、タクシードライバーに理解してもらえないことが多々あります(ちなみに、冒頭の、「ミスター(mister)、タクシー?」の掛け声も、ドライバーによっては、「ミステル、タクシー?」だったりします)。


・値段交渉
 通常千スム刻みで交渉します。以下に1から10までのウズベク語とロシア語での数字の読み方を記します。基本、これらの数値の後に、
ウズベク語(以下UZ)なら「ミン(ming/минг)」、
ロシア語(以下RU)なら「ティーシッチ(тысяча)」(いずれも千、1000の意味)、
を付ければ、千スム、2千スム、3千スム…を表現できます。


1: UZ「ビル」 RU「アディーン」
2: UZ「イッキ」 RU「ドゥヴァー」
3: UZ「ウッチ」 RU「トリー」
4: UZ「トルトゥ」 RU「チェティーリ」
5: UZ「ベッシ」 RU「ピャーティ」
6: UZ「オルティ」 RU「シェスティ」
7: UZ「ィエッティ」 RU「シエム」
8: UZ「サックィス」 RU「ヴォセム」
9: UZ「トックィス」 RU「ディエーヴィッチ」
10:UZ「オン」 RU「ディエーシッチ」


 市内であれば、一万スムまでで何とか行けるはずです。これを覚えたら、頑張って交渉しましょう!


・降ろしてほしいとき
 ウズベク語なら、「トフタ オリン!」
 ロシア語なら、「アスタナヴィーチェ、 パジャールィスタ!」と言いましょう。


 冒頭、白タクは基本的に違法行為だとお話しました。ただ、旅行者の皆様に頭に入れていただきたい情報として、特派員が知人の警官から聞いたのが、「走行中のドライバーが白タク行為をしようと、路肩に車を停めるのは違法行為だが、市民が車を白タクとして停めるのは問題ない」、ということ。ですので、警官がたくさんいるところや、官庁街などでは、白タクを停めようとしても、停まってくれない可能性があります。
 また、最近法改正がなされたらしく、ウズベキスタンでも、助手席に座る場合にもシートベルトの着用が求められるようになったそうです。これまで、スピードは出すわ、無理な追い越しはするわ、タシケントの白タクドライバーにワイルドな運転でヒヤヒヤされてきた身としては、一安心です。というのも、今まで特派員は、助手席でシートベルトをしようとするたびに、「要らない、要らない!」「危なくないよ!」「俺の運転を信頼しないのか!?」と、ドライバーに制止されてきた(!)ので、これで大手を振るってシートベルトを締めることができます…ってなんかこれおかしい?!


 では、Ko’rshamiz! (またお会いしましょう!)


2016年3月11日

 Assalom alaykum! みなさんこんにちは、タシケント特派員の齋藤です。
 

 この時代、旅先でもインターネットへの接続を確保しておくのはもはや当たり前であると言ってもいいかもしれません。仕事上、旅行先でもメールのチェックなどが必要な方も多いかと思われますが、先進諸国ならまだしも、発展途上国への渡航の場合、ネット接続の不安が大きいかもしれませんね。
 今回は、文字通りタシケント市の中心である、アミール・ティムール広場(アミール・ティムール・ヒヨボニ、以下ティムール広場)にある、WiFiが使えるカフェをご紹介いたします。


・BOOK CAFE


IMG_1038.JPG


 ティムール広場から、時計台と国際会議場(白い大きな建物)の間の道を入ったところの右手にあります。


IMG_0864.JPG


 こちらはゆったりとしたソファーなども備えてあり、非常に居心地がよく、特派員もよく利用しています。


IMG_0859.JPG


 特派員は寒い日にはカプチーノをよく頼みます。ウズベキスタンでは珍しい、カプチーノアートが出てきます。


IMG_0866.JPG


 ここには食事メニューはありませんが、ケーキを各種類おいています。キリル文字を読めなくても、ショーケースから指差して選んで注文できます。


 おおよその値段は、2016年2月現在で、アメリカーノが7500スム、カプチーノが9500スムなど。フォンダンショコラが6000スム、ケーキが10000スムから、など。最近スイーツメニューが充実してきました(^O^)


 春から秋にかけての暖かい日には、店の前にテラス席も用意されます。また、注意してほしい点として、これは常識の問題でもあるのですが、飲み物を注文しないで席に座るのはお断りしています。WiFiのパスワードを教えてほしいときは、店の人に、
「WiFi パローリ、パジャールィスタ(WiFi пароли, пожалуйста.)」
と声をかけましょう。


 今回紹介したお店でも、日によっては回線が不安定だったりするので、その点ご了承ください。ただし、超一流ホテルのロビーなどを除けば、少なくとも特派員が把握している限りでは、このお店の接続は良い方だと思います。
 最近ウズベキスタンでも、今回紹介したような、WiFiサービスが整ったカフェなどがずいぶん増えてきました。特派員が以前留学していた6年前はそんな店が少なかったため、少しでも良いWiFiスポットを探すべく、在留邦人や現地の人に一生懸命訊いてまわったものでした。ある時などは、宿泊客でもないのにホテルのロビーに居座ってWiFiを拝借していたので、フロントにガードマンをよばれて、追い立てられたりもしました(苦笑)。
 BOOK CAFE以外で、特派員がよく利用しているのが、現地の携帯電話会社と契約したSIMカードを使って、3G回線でPCとインターネットをつなげるサービス。


IMG_1336.JPG


 まず、携帯電話会社でUSB接続のモデムを購入します。


IMG_1367.JPG


 その後、インターネットパケットを一か月単位で契約し、モデムに挿入するSIMカードにその場で振り込んでもらいます。振り込んでもらったら、SIMカードをいったん携帯電話に挿入し、暗証番号を入力して、手続き完了です(特派員は現地で買ったNOKIAの安い携帯電話で行います)。
 従量制なので、ユーチューブなど動画の再生や容量が大きいファイルのダウンロードを行うときは、特派員はWiFiがあるカフェに行きますが、それ以外の用途であればほぼ問題ありません。速度も、日本と比べれば遅いかもしれませんが、携帯電話の電波が届くところであれば簡単につながるという利点は素晴らしいと思います。一か月以上滞在される方で、SIMフリーの携帯電話を持っていて、現地語での会話力に自信がある方、または以上の手続きを代行してくれる人がいる方は、考慮してみてもいいかもしれません。


 注意しなければいけないのが、使い残したデータ容量は、翌月には繰り越されないこと。ちなみに一か月のお値段は、大きい順から、3700MBで27.5$、2700MBで20.5$、など。


 また、最近メトロの駅構内で見つけた広告では、ポケットWiFiのサービスもウズベキスタンでは始まったようです!
今後のウズベキスタンのネット環境向上に期待を寄せましょう!


IMG_2458.JPG


 では、Ko’rshamiz! (またお会いしましょう!)



2016年2月27日
2016年2月11日
2016年2月 6日
2016年2月 3日
2016年1月30日
⇒すべての記事を見る

ウズベキスタン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウズベキスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集