海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タシケント特派員ブログ > あま~いフルーツ天国、ウズベキスタン!

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月12日

あま~いフルーツ天国、ウズベキスタン!


メール プリント もっと見る

あま~いフルーツ天国、ウズベキスタン!

 Assalom alayku! 皆さんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。


 今年の夏はユーラシア規模で暑かったですね!一時は60度(!)を超えたともうわさされたウズベキスタンも、最近ようやく涼しくなってきました。
 日本も今年は猛暑だったようですが、乾燥地帯のウズベキスタンと比べると、やはり日本の暑さは質が違うように思えます。こっちの暑さは、「汗だく」というよりも「灼きつく」という感じです。特派員は学会発表のために7-8月にかけて一時帰国したのですが、湿度が高いものの、やはり皮膚感覚で気温が低いのが感じられて、空港に降り立った瞬間、おもわずくしゃみがでそうになりました。


11391538_947591815275372_7430742369081642182_n.jpg

 さて、そんな暑いウズベキスタンの夏の楽しみは、野菜や果物が安くてとても美味しいことです!特に果物は甘くておいしく、果物の王様と呼ばれるメロンは、海外に出かけるウズベク人が、お土産に持っていくほどです(荒縄でくくられたメロンを飛行機に機内持ち込みする人をたまに見かけます)。また、スイカもおいしく、食後、水分補給替わりに皆さんむしゃむしゃ食べており、地方の路上では山と積まれたスイカ・メロンの露店をよく見かけます。しかも巨大なのが一玉100円かそれ以下、コーラの2リットルペットより安いのです!


IMG_3483.JPG

 今回は、ウズベキスタンの季節ごとの果物を紹介し、果物を通じてウズベキスタンの四季を感じていただけたらと思います。


IMG_3484.JPG


・5月:イチゴの季節


11203174_932380776796476_8541702933434467683_n.jpg

 寒くもの悲しい冬も遥か後方、バザール並ぶ農作物も彩鮮やかになりつつあったある日、下の階に住んでいるアパートの大家さんに呼び止められました。
「おお、ちょっとちょっとリョータ!もうイチゴ食べた?」
 自分の子どもに宿題をやったかどうか訊くようなナチュラルさで尋ねられました。
「え、は、いえ、まだですが?」
「早く食べな!旬だよ!」


 この時、特派員は忘れていました。ウズベキスタンはビニールハウスや輸入物の果物は少ないので、旬のうちに旬のものを食べないと、もう次の年まで食べられなくなる、ということを...!
 この大家さんの忠告から1週間後、バザールをのぞいてみると、あれだけ小山が連なっていたイチゴが、見当たらなくなっていたのです。嗚呼、イチゴ...!


・6月:サクランボの季節


11224268_941651145869439_3615883118318892871_n.jpg

 イチゴの次は、サクランボがバザールに登場しました。佐藤錦のような赤いものもありましたが、主流はアメリカンチェリータイプのようでした。最低でも半キロ(500グラム)からしか売ってくれないのですが、それでも百数十円の安さ!
 この時期になると、現地の人の中にはバスを待つ間にビニールに入ったサクランボをもりもり食べている人もいたりして、あちこちでサクランボの枝や種が落ちていたりします。


11996448_994483427252877_306964379_o.jpg

 夏が近づくにつれ、スイカ・メロンも並び始めますが、やはりこれらはもっと暑くなってからが、甘味が濃く、美味しくなってきます。また、値段も安くなってきます。


・一時帰国を挟んで8月:野イチゴの季節


11891170_986681084699778_561359509219982865_n.jpg

 野イチゴやブルーベリーなどは、ケーキなどのお菓子やジャムの材料としてよく使われる一方、日本ではなかなか手に入らないものです。ですので、ウズベキスタンのバザールで野イチゴを見つけたときは、嬉しくなって買い込み、アパートでジャムにしてみたものでした。実際、現地の人も、果物はジャムなどに、野菜はピクルスにして、冬の間も楽しめるようにしています。


・9月:桃、ブドウの季節


11996575_994484410586112_4011038_o.jpg

 そして今、バザールには桃やブドウが並んでいます。
 余談ですが、ウズベキスタンで生産されるワインはことごとく甘口で、辛口ワインに慣れ親しんだ日本のワイン党にはおおむね不人気です。これはウズベキスタンのブドウの糖度がとても高いことと関係しているのでしょうか...?
(旅慣れた日本人旅行者の方によると、ハンガリーの貴腐ワイン、トカイワインに似た味だそうです。特派員は飲んだことがありませんが)


 ウズベキスタンの古都をめぐる際には、片手に『地球の歩き方』、もう片手にバザールで買った果物を持って、目と舌でウズベキスタンを楽しんではいかがでしょうか?
(ただし種などはゴミ箱へ)


では、Ko'rshamiz! (またお会いしましょう!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 自然・風景
2015年9月12日
« 前の記事「めくるめく舞台芸術への誘い―タシケントの劇場」へ
»次の記事「中央アジア風水餃子「チュチュバラ」の作り方」 へ
おすすめ記事
    タシケント特派員 新着記事
    【最終回】タシケント空港からさようなら!
    白タクを利用する際の注意点
    タシケントでネットを使うには?
    アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ
    アラル海を見に行こう@カラカルパクスタン自治共和国
    【短信】ウズベキスタン航空機内での写真・動画の撮影禁止について
    カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境
    【短信】ヌクス市の情報について

    ウズベキスタン ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アジア 航空券情報


    ウズベキスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウズベキスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • タシケント特派員

      タシケント特派員
      齋藤 竜太
      日本の大学院博士課程で中央アジアの研究をしています。ウズベキスタンとの最初の出会いは2009年。その後の1年間のウズベキスタンでのロシア語留学を含めて、5回目となる今回のウズベキスタン訪問は、2014年夏から1年半の予定での留学です。ウズベク語を勉強し、研究を進める傍ら、Canon EOS Kissを相棒にタシケントとウズベキスタンを探索し、これはという街ネタをお伝えしていきたいと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集