海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > イスラエル/テルアビブ特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

今年もプリムの季節がやってきました! プリムはユダヤのお祭りで、この日は老若男女仮装をして盛大にパーティーを楽しみます。今年は3月12日がプリムだったので、その前後に国中でたくさんのお祭りが開催されました。テルアビブのストリート・パーティーを中心に、今回はイスラエル人のプリムの楽しみ方についてご紹介。


<プリムの由来>

プリムには実は古い由来があり、旧約聖書にある「エステル記」にちなんだお祭と言われています。紀元前5世紀頃にユダヤ人がペルシアの支配を受けていた時代。ペルシア王がユダヤ人虐殺を企んだところ、ユダヤ人の王妃エステルがそれを阻止しました。ユダヤ人が危機を免れたこの故事を祝うようになったのがプリムの由来です。後に、何故かプリムは仮装と結び付けられ、総国民が仮装を楽しむ現代の形となました。ちょうど時期的にもイスラエルの春の到来と重なることもあり、プリム祭は年間を通して一番楽しくてハッピーなユダヤの祭日と言われています。


<国内各地で仮装パーティー>

現代のプリムのお祭りは仮装パーティーです。幼稚園や学校ではもちろんの事、職場でも仮装パーティーが開かれます。その他地方自治体による仮装パーティーやパレードが開かれ、国内はお祭りムードに包まれます。その中でもテルアビブのストリートパーティーは国内最大規模で、テルアビブ市内はもちろんのこと、地方からもたくさんの人がテルアビブに駆けつけます。


<テルアビブのプリム・ストリート・パーティー>

(下)ストリート・パーティーの開催場所、ハ・メディナ広場に向かう道は、たくさんの人と車で大渋滞です。

テルアビブのプリム祭_街の様子.jpg


(下)こちらはハ・メディナ広場近くのパーティー会場入り口。ここの辺りは完全歩行者天国になり、さらに人の量が増えていきます!パーティーではセキュリティ体制も厳重で、パーティーエリアに入るためには荷物チェックが入ります。


テルアビブのプーリム祭10.jpg

(下)こちらはブラピ風?に仮装したお父さんが、何やらカートでお子さん二人を引いて歩いていたところをパチリ。わざわざ立ち止まってポーズを取ってくれました。

テルアビブのプリム祭5.jpg

(下)プラスチック皿で作った羽があまりにも見事だったので、こっそり後ろから撮らせてもらいました。工夫心が素晴らしくてイスラエル人らしいです。

テルアビブのプリム祭_プラスチック皿の羽.jpg

(下)プリムでは、子供たちもいつもは着ないようなドレスでお出かけします。

テルアビブのプリム祭_小さな女の子t.jpg

(下)花嫁に女装したマッチョな男性。イスラエルの結婚式では、花嫁がウェディング姿で踊りまくるので、そんな様子まで体現していました。

テルアビブのプリム祭_女装花嫁.jpg

(下)今年は着ぐるみ系が多かった気がします。こちらは何やら踊りまくっていた恐竜の着ぐるみ。

テルアビブのプリム祭8.jpg

(下)ハ・メディナ広場の中心部はDJステージが設営され、屋外ディスコ状態に。みなさん昼間から飲んで踊って弾けています!

テルアビブのプリム祭7_パーティー.jpg

(下)こちらは映画「スリーハンドレット」のコスチュームをつけたグループ。なかなか本格的です。

テルアビブのプリム祭_スリーハンドレッドjpg

(下)家族一家で、宇宙人?に仮装。

テルアビブのプリム祭_家族一家で仮装.jpg

(下)仏教の僧侶に扮したグループ。不謹慎ですが宗教系コスチュームはイスラエルでは王道で、他にもキリスト教の神父や修道女のほか、超正統派ユダヤの衣装もよく見かけます。

テルアビブのプリム祭_僧侶.jpg


いかがでしたでしょうか。パーティー好きのイスラエル人は、楽しむときはとことん楽しみます。イスラエル流のパーティーライフを楽しみたい方は、プリムの時期にイスラエル旅行を計画することをお勧めします!


2017年3月21日

2月、多くのイスラエル人が楽しみにしているものがあります。それは、アネモネという野花が作り出す花の絨毯。2月上旬から中旬頃までの2週間ほどの間、イスラエルの南部の都市ベエル・シェバの郊外の野原が真っ赤に染まり、イスラエルに一足早い春の訪れを告げます。

イスラエルの南部アネモネの花.jpg


イスラエルは暑いというイメージが強い国ですが、短いけれどれっきとした冬があります。夏は乾季、冬は雨季という地中海性気候に属しており、3月から10月までは気温が高く雨がほとんど降らない一方、11月から2月までの間は、約2週間ごとに大雨が降り、気温がぐっと下がります。降雨量が最も多く気温も一番低いのは12月と1月。2月になると雨の量が減り、気温も少しづつ上がっていきます。そんな頃、テレビやラジオのニュースでアネモネの開花の情報が流れると、イスラエル国民は春の足音を感じるのです。


イスラエル南部、アネモネの群生.jpg


アネモネはキンポウゲ科の花の一種で、イスラエルでは南部の都市ベエルシェバの郊外の野原にて開花する咲く真っ赤な花です。地中海地域原産の花で、語源はギリシア語で風を意味するそう。花言葉は、「君を愛す」。その燃えるような赤い色をした可憐な花にぴったりの花言葉ですね。


イスラエルのアネモネの花.jpg


アネモネの満開時には野原が真っ赤に染まり、それは見事です。この風景をヘブライ語で「ドロム アドン」と呼びます。日本語に直訳すると「赤い南」。ドロム アドンを楽しもうと、週末には家族連れがこぞってアネモネの咲くエリアに出かけます。ランチボックスを持参し、ブランケットを広げてひなたぼっこをしながらのんびりと「お花見」したり、広域に広がるアネモネの花の絨毯の一帯をハイキングしたり。みな思い思いの方法でイスラエルの春の訪れを満喫します。


イスラエル南部、アネモネの花畑を楽しむ人々.jpg


イスラエルは砂漠のイメージが強い国なので、赤い野花が咲き乱れる風景があるとは意外ですよね! でも、雨季から乾季への移り変わりの2月には国中が一気に緑に溢れて花が咲き乱れ、春の息吹をとても強く感じることができる国なのです。この時期にイスラエルを訪れる際は、ぜひ郊外に足を伸ばしてアネモネの赤い花を満喫することをお勧めします。



2017年2月24日

今年1月、イスラエル初の日本のラーメン専門店がテルアビブに開店しました。 早速先週末に行ってみましたので、お店の様子をレポート。

お店の名前はMEN TEN TEN。東京・新宿のラーメン店「麺てんてん」がイスラエル人の共同経営者と共に開いた、イスラエル初のラーメン専門店です。こちらでは開店前から大きな話題となっていて、在イスラエルの日本人コミュニティはもちろんの事、ラーメンの味を知るイスラエル人も大きな期待を寄せていました。私もイスラエル人の同僚からこのニュースを初めて聞いたくらいです。今までもテルアビブにはメニューの一つとしてラーメンを出す日本食レストランは数件ありました。更に、イスラエル人シェフによるラーメン専門店や、イスラエル人が経営する寿司屋で前菜にラーメンが出たことなどはありましたが、日本のラーメン店のイスラエル進出は今回が初めて。


テルアビブのラーメン屋


MEN TEN TENのお店は、おしゃれなレストランが集まる若者に人気のロスチャイズド通りの一角にあります。
モダン・ジャパニーズの内装のこじんまりとしたお店に足を踏み入れると、日本の歌謡曲が大音量で流れ、日本人にとってはどこか懐かしく居心地の良い空間が広がります。メニューは、ラーメン専門店らしくシンプルにラーメンと餃子のみ。ラーメンは豚骨、鶏ガラ、精進だしの3種類のスープがあり、餃子も豚、鶏、ビーガンの3種類から選ぶことができます。カウンターにはお箸入れ、七味唐辛子、すりおろしニンニクが入った壺、餃子用のラー油、醤油、お酢の瓶がきれいに並んでおり、雰囲気は日本のラーメン屋そのもの。 期待が高まります。


イスラエルの本格ラーメン2.JPG


こちらが、出されたMEN TEN TENのラーメン。
濃厚な豚骨スープ、細めでコシが強い麺、黄身が絶妙に半熟のゆで卵。シャキシャキのメンマ。そして極め付けは旨味たっぷりのとろとろのチャーチュー。感想は、、、「おいしい!」の一言です。今までテルアビブで食べたラーメンはスープの温度が微妙に低かったり、スープのダシがなっていなかったりと不満がありました。イスラエルで日本さながらのラーメンを味わう幸せ。しかも豚骨ラーメン。夢にまで見た瞬間が実現となりました。


イスラエルの豚骨ラーメン.JPG


ところで、なぜここまで豚骨ラーメンに在イスラエルの日本人が喜ぶのか、また現地人の間でも話題になった理由にはイスラエルの食事事情が関係しています。イスラエルには「コシェル」と呼ばれるユダヤの食規定があります。代表的なものとしては、乳製品と肉類を一回の食事で同時に食べてはいけないことや(つまりチーズ・ハンバーガーはアウト、肉類を含む食事の後にカフェオレを飲むこともアウト)、豚肉、エビ・カニ・イカ・貝を口にしてはいけないこと等です。これを厳密に守って生活しているのは国民の一部のみですが、特に豚肉に関しては食に関してオープンで先進的なイスラエル人しか口にしないため、豚肉がメニューにある飲食店の数は限られています。ただし豚肉を食べるイスラエル人の場合、豚肉が大好きという場合が多いため、豚肉を扱うレストランはニッチ戦略によって成り立ってるという事情があるのです。


イスラエルの本格ラーメン1.JPG


このようなイスラエルの食事情をチャンスと捉え、日本の本当のラーメンの味を追求して開店したMEN TEN TEN。当分は週に一度のペースでお世話になってしまいそうです。イスラエルで寿司に次ぐ日本食の火付け役となるよう、応援しています!!


<お店情報>
名前:Men Ten Ten
住所:36 Rothschild Blvd Tel Aviv
メニュー:ラーメン48シェケル(1500円)、餃子26シェケル(750円)



2017年2月19日
2017年2月12日
2017年2月 1日
2016年11月24日
2016年10月30日
⇒すべての記事を見る

イスラエル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ