海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > テルアビブよりイスラエル情報を発信します!

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月28日

テルアビブよりイスラエル情報を発信します!


メール プリント もっと見る

テルアビブよりイスラエル情報を発信します!

はじめまして、今回よりテルアビブ特派員を務めることになった田澤潤子です。2014年5月にイスラエルに移住してきました。もともと旅行好きだったこともあり、現地に生活しつつも旅行者の新鮮な視点を保ち日々の新しい発見に貪欲であることをモットーとしています。テルアビブのみならずイスラエル全般に関わる情報を執筆していく予定です。イスラエルへの旅行や出張、ヘブライ語学留学等を予定している方の参考になれば幸いです。


Telaviv-beach(1).jpg


初回はテルアビブの歴史と魅力を紹介したいと思います。世界で最も古い都市のひとつであるエルサレムと比べると、非常に新しい都市であるテルアビブ。1880年代より、主に東ヨーロッパよりユダヤ人移民の波がイスラエル地域に到来しました。これによる人口増加を受けて、新しい住居地を作ることを目指して現在のテルアビブの海岸線に数十名の新移民が集まったのが1909年。当時はテルアビブの海岸線は何も無いまっさらの砂丘。そんなテルアビブの土地を公平に区画するために移民達が用いた手段は、なんと貝殻に番号を書いて作ったくじ引だったといいます!こうしてテルアビブの歴史は1909年に始まり、1934年には正式に都市として宣言され、幾度と到来するユダヤ人移民の波を吸収しながら大都市へと発展したのです。2003年にユネスコ世界遺産にも登録されたバウハウス様式の「テルアビブの白い都市」も、この頃の急激な人口拡大による住居の需要増加に対応するためのものでした。1948年のイスラエル建国時にはテルアビブは既にイスラエル一の経済都市となっていたのです。


Tel Aviv city.JPG


Tel Aviv Habor.JPG


エルサレムが歴史と遺跡の街なら、テルアビブは真っ青な地中海、緑に溢れる並木道、街角のおしゃれなオープンカフェが魅力の都市と言えるでしょう。街の西側には息をのむほど美しい地中海を背にホワイトサンドビーチが続きます。海水浴やサーフィンはもちろん、10キロ以上に渡り途切れることのないビーチ沿いのプロムナードをレンタサイクルでサイクリングするも良し、夕方には地中海に沈む壮大な夕焼けため息をつくも良し。夏も長く(5月~9月)、ビーチ文化が非常に発展したテルアビブは、夏好きにはたまらない都市でもあります。


Tel Aviv Restaurant.JPG


Tel Aviv shops.JPG


街中では緑の並木道を散歩しながらデザイナー小物のブティックや美術館を巡ったり、疲れたら街角のあちこちにあるオープンカフェでほっと一息つきながら、人間ウォッチングを楽しんだり。テルアビブは世界中から移民してきたユダヤ人の若者達が集まる場所。一言でイスラエル人と言っても、元々の出身国や母国語は多様で、顔立ちやファッション、身振り、聞こえてくる言語も様々で、人間観察にはもってこい。みな人懐っこいので、話しかければすぐに会話に花が咲きますよ!このように、地中海文化特有のリラックスした雰囲気の中でマイペースに街めぐりを楽しめるのがテルアビブの魅力です。


opencafe(1).JPG


テルアビブのもう一つの魅力は、イスラエルの国の中心に位置するその立地です。イスラエルの旅行拠点として戦略的に活用すれば、短期間でも多くの観光地をカバーすることができます。主要な観光地の大半はバスか鉄道移動で片道1時間半~2時間以内で行けるので、日帰り旅行が可能です。エルサレムなら、バスと同様の料金でバスより早い相乗りタクシー、シェルートを使えばたったの1時間で到着します。


イスラエルの旅行計画の中では外されがちなテルアビブですが、たくさんの魅力と楽しみ方があります。このブログではテルアビブの街散策をするためのちょっとしたコツを公開していきますので、お楽しみに!


sunset(1).JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2015年4月28日
»次の記事「コスパの高い素敵な宿を探せ~貸アパート活用術~」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    イスラエルで発見!柱状節理に囲まれた絶景プール
    巡礼だけじゃない!ピクニックと湖水浴:ガリラヤ湖の楽しみ方
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn DISQUS ID @disqus_eYIDdB6AVf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集