海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > Rav-Kavカードでイスラエル国内バス代が2割引...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月28日

Rav-Kavカードでイスラエル国内バス代が2割引きに


メール プリント もっと見る

Rav-Kavカードでイスラエル国内バス代が2割引きに

過去2回ではイスラエル旅行における宿泊費と外食費の節約術についてお伝えしましたが、今回は移動費の節約術について。


1. 公共バスに20%引き運賃で乗れるRav-Kavカード
Rav-Kavカードは、イスラエル国内の主要の公共バス、鉄道路線及びエルサレムのLRTで使える、リチャージ式の共通乗車カードです(JR 東日本のSuicaと同じイメージです)。魅力は何と言っても、このカードで乗車するとバス及びLRT運賃が一律20%引きになるという点、乗車の度に小銭を用意しなくてよい点です。加えて、2本以上のバスを乗り継ぐ際、起点から1時間以内であれば2本目以降のバスの運賃が無料になるというメリットもあります。長距離路線など一部適用外となりますが、エルサレム市内やテルアビブ市内での移動のために持っていると非常に便利なカードです。

Rav_Kav(4).JPG


購入の仕方は簡単です。カード自体の値段は5シェケルで、バス車内にてドライバーから直接購入することができます。乗車時にカードを購入したい旨ドライバーに伝えましょう。チャージの仕方はドライバーに希望するチャージ金額を直接支払うだけです。お金を渡すと、ドライバーが自身の脇に設置されている機械でちゃちゃっとチャージ作業をしてくれるので、日本のように券売・チャージ機で客自身が操作する必要がありません。チャージが終わったら、あとはカードをドライバー脇の機械の上面にカードをタッチするだけ。。毎回機械から出てくるレシートでチャージ残高を確認することができます。手間もコストも削減できる一石二鳥のカードなので、イスラエル旅行のはじめに是非入手しましょう。


2. テルアビブ市内の交通手段にレンタサイクルがオススメ
パリの市営レンタサイクルをモデルに、テルアビブでも2011年に市営のレンタサイクル「Tel-O-Fun 」が始まりました。鮮やかなみどり色が目印で、今日では観光客ならず地元民の足としても定着しています。街中に設置されたパーキングがあり、1日券(平日17シェケル、土曜日及び祝日は23シェケル)や一週間券(70シェケル)を購入すればどこからでも借りられ、どこへ返しても良いことになっています。レンタル時間に応じて料金支払う方式ですが、30分以内の利用なら無料で、一日に何度でも借りることができます(レンタル料金を無料に保つには30分ごとにパーキングに返却し、10分置くことが必要です)。


テルアビブ市内の並木道や、ビーチ沿いのプロムナードは自転車専用路線が引かれており、レンタサイクルのパーキングも豊富です。とってもお得な交通手段なので、テルアビブ市内のちょっとした移動や、街散策に活用されてはいかがでしょうか。なおパーキングの位置はTel-O-FunのHPのこちら から確認できます。


cycling_road(4).JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2015年5月28日
« 前の記事「イスラエルのカフェでお得に食事を楽しむコツ」へ
»次の記事「テルアビブ最大のシューク・カルメル市場」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    出エジプト記の時代に因むユダヤの祝日、仮庵祭
    イスラエルで最も重要な祭日、ヨムキプール

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集