海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > 景観が素敵なテルアビブの屋外商業センター、サロナ地...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月 6日

景観が素敵なテルアビブの屋外商業センター、サロナ地区


メール プリント もっと見る

景観が素敵なテルアビブの屋外商業センター、サロナ地区

テルアビブで2時間自由時間が取れたらぜひ立ち寄りたい、お勧め観光スポットの一つに「サロナ地区 」があります。サロナは近年再開発されたオープンエアの商業センターで、エリア内にはレトロでかわいいヴィラ風建築群に80件ほどのショップやレストランが入居しています。今年春には敷地内に屋内施設「サロナマーケット」もオープンし、魅力がパワーアアップ。2回に分けてその魅力をご紹介します。

1.JPG


2.JPG


この地区はもともと1830年代に、ドイツ出身のキリスト教一派テンプラ―(イスラエルの土地に神殿(テンプル)を再建築することでイエス・キリストの再来を招けると信仰していたことからそう呼ばれる)の人々が入植し、開拓したエリア。テルアビブの都市宣言が1934年なので、サロナはテルアビブの一角でありながらテルアビブよりも100年長い歴史を持っていることになります。当時テンプラ―達が住んでいた住居群は今日築140年。これらの歴史的建造物を移築・修復し、緑あふれる魅力的な屋外商業施設としてオープンさせたのが今日のサロナ地区です。


高層ビルで囲まれたエリアあるサロナ地区ですが、一歩踏み込めば青々とした芝生エリアとエキゾチックな街路樹など緑いっぱいの景観が印象的です。そしてその先には一軒家のショップやカフェが点在する開放的な雰囲気が広がり、都心の窮屈さを忘れさせてくれます。

IMG_1958.JPG


3.JPG


サロナで営業している商業施設の大まかな内訳はファッション系のショップが30軒超、加えてその他のショップ10件超、飲食店が30件超という具合です。たとえばコスメ系では仏L'OCCITANEや、近年日本でも販売を開始したイスラエルブランドLalineの店舗がある他、ファッション系ではLevisやFURLAなどの国際ブランド、地場ブランドのCASTROが入っているなど、海外ブランドとイスラエルブランドのバランスが程よくとれています。


サロナの中心部には小さなビオトープもあり、睡蓮をはじめとした水生植物が美しい水辺の風景を織りなしています。ここは四方がでデッキで囲まれているので大人も子供もちょっとした自然観察を楽しめる、わくわくするスポットです。

IMG_1961.JPG


ショッピングやグルメ目的はもちろん、騒然としたテルアビブの都心から離れてちょっと一息つきたい時や、テルアビブの歴史散策のルートとしても是非立ち寄りたいサロナ地区。色々な楽しみ方ができるのが最大の魅力です。次回はオープンしたばかりのホットスポット、サロナマーケットについてご紹介するのでお楽しみに。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2015年12月 6日
« 前の記事「町全体がまるで展望台、石畳の町ロシュピナ」へ
»次の記事「テルアビブで至福のグルメ体験 サロナ・マーケット」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    出エジプト記の時代に因むユダヤの祝日、仮庵祭
    イスラエルで最も重要な祭日、ヨムキプール

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集