海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > 人口当たりの店舗数世界第3位!? テルアビブの寿司...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月24日

人口当たりの店舗数世界第3位!? テルアビブの寿司事情


メール プリント もっと見る

人口当たりの店舗数世界第3位!? テルアビブの寿司事情

移民国であるイスラエルは、バラエティー豊かな食文化が自慢です。こうした背景と新しいもの好きな国民性も手伝って、イスラエルでは「アジアン料理」のカテゴリは非常に人気が高く、その中でも突出して人気を集めているのが「寿司」です。テルアビブでは、スシをサーブするレストラン数は100軒を上回り、人口当たりの店舗数では東京、ニューヨークに次いで世界第3位の都市と言われています。 今回は、そんなテルアビブのお寿司事情に迫ります。

IMG_2679.JPG

<普及度>
テルアビブの街を歩いていると、「Sushi Bar」の看板を掲げているレストランや、ファーストフードスタイルの小さなスシ屋の数の多さに驚かされます。大型ショッピングモールの中にも必ず一店は入居しているほどの普及ぶりです。有名なチェーン店としては国内でそれぞれ20店舗以上展開しているHasushiaJapanica 等があり、高い知名度を誇っています。またイスラエルのウエディングのレセプションでもスシはお馴染みのメニューとなっていて、先日出席した結婚式 でもスシのカウンターが出ており、参加者が行列を作っていたのを見かけました。


なお、テルアビブのごく少数派の数件の日本人オーナーのお店を除いては、ほぼすべてイスラエル人オーナー、すし職人さんもイスラエル人か日本人以外のアジア人というのが経営実態です。


<イスラエルの寿司メニュー>
テルアビブで普及しているおすしは、カルフォルニアスタイルの「スシロール」が主流。メニュー上では「Maki」や「Roll」と表現され、文字通り巻き寿司です。そしてこうした巻物のなかでも特筆すべきは、ノリでまかずに外側がしゃりになっているもので「Inside Out」と呼ばれています。具は、サーモン+アボガド+クリームチーズといった正統派のカルフォルニア巻きのコンビネーションの他、マグロ+キュウリの千切り、ベジタリアンメニューではサツマイモ+アボガド+卵焼きといったものがあります。その他、太巻き一本ごと衣をつけて揚げたおすしや、アボガドをふんだんに使い、ピーナッツフレークとテリヤキソースでトッピングしたクリエイティブなスシロールに遭遇したこともあります。なお、日本で主流の握り寿司は認知度、人気度ともに低く、メニューの種類もあまりありません。


FullSizeRender (4)3.jpg

(チェーン店Oshi Oshi のデリバリーメニューの一部)


FullSizeRender (4)1.jpg


<食べ方>
特筆すべきは、ソースです。どこの店でも、しょうゆのほかに「テリヤキソース」と「スパイシーマヨネーズ(マヨネーズに唐辛子パウダーを混ぜたもの」の必ず3点セットのソールが出されます。特筆すべきは、多くのイスラエル人が醤油よりテリヤキとマヨネーズの方を好むという点です。ソースの量も皆これでもかというほどたっぷりつけて食べます。そのほか、ほぼすべてのすしやで日本同様に「ガリ」が出されますが、これもイスラエル人は大好きです。概して、強めの味や風味を好むイスラエルの食文化を反映していると言えます。


<寿司はファッショナブル?>
このように日本とは全く異なる形で調理、サーブされ食べられているお寿司ですが、フランチャイズ店が展開するヘルシーなファーストフードとしての位置づけと、高級アジアンフュージョンレストランがプロデュースする「特別な食事」としての位置づけに大きく2分化されています。ただこれらの両方に共通するのは、お寿司をたべに出かけることは「おしゃれ」であり、「ファッションナブル」であるとみなされていることです。 後者のお店の店内は、ぐっとお洒落したお客で賑わい、照明や音響に工夫がされた大人のためのバーさながらの雰囲気が特徴です。


IMG_0201 (1).JPG

IMG_2085.JPG


一方でテルアビブの一部の若者の間では、初デートではスシレストランは避けるべきとの共通認識があるとのこと。なぜかというと、人によって箸づかいのレベルに差があり、場合によっては相手に恥をかかせたり自分が恥ずかしい思いをする可能性があるからだそう。 お寿司がおしゃれな食事とみなされているからこそ生まれる認識ですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年1月24日
« 前の記事「イスラエルの超豪華な成人式、バーミツバ」へ
»次の記事「イスラエルの車窓から:テルアビブ-エルサレム鉄道の旅」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    出エジプト記の時代に因むユダヤの祝日、仮庵祭
    イスラエルで最も重要な祭日、ヨムキプール

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集