海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > 1700年前のモザイク画が見事!ローマ遺跡、ツィポ...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月11日

1700年前のモザイク画が見事!ローマ遺跡、ツィポリ国立公園


メール プリント もっと見る

1700年前のモザイク画が見事!ローマ遺跡、ツィポリ国立公園

イスラエルの北部、ナザレから北西に11キロほどの場所に、古代ローマ時代の遺跡を訪問できるツィポリ国立公園があります。16平方キロメートルほどある公園内には美しいモザイク画が点在しているほか、ローマ半径劇場やローマ式の街道システム、公共の建築物、住居、劇場、公衆浴場、シナゴーグや教会の跡が残っており、イスラエルに残る古代ローマ遺跡を代表する存在です。今回はツィポリ国立公園の魅力についてご紹介します。


ツィポリからの眺め


<ツィポリの歴史>

ツィポリの歴史は古く、紀元前10世紀ごろから集落が存在していたと言われてます。紀元前10世紀といえば、ソロモン王によってエルサレムにユダヤの第一神殿が建てられた頃と同時期です。紀元前100年頃には古代ローマの文書にツィポリの存在が記録され、その40年後にはローマ帝国に征服されてしまいます。こうしてツィポリにはローマ式の都市が作られ、現代にローマの遺跡としてその姿を残すこととなりました。しかし4世紀にローマ帝国が東西分裂。ツィポリはキリスト教を国教とするビザンツ帝国の一部となり、土着のユダヤ教人口とキリスト教人口が共存する都市として栄えていきました。時代は下り8世紀以降になるとこの地域へのアラブ勢力が拡大し、一時的な十字軍の介入時以外は長い間アラブ人の町となります。そして1948年のイスラエル建国と同時にツィポリ周辺にもユダヤ人が帰還し、現在に至りっています。ツィポリの遺跡の発掘調査自体は1931年にアメリカ・ミシガン大学のチームにより始まり、その後多くの異なる大学のチームによる発掘調査を経て、1992年にツィポリ国立公園としてオープンしました。

ツィポリ国立公園

ツィポリのコルド


<いちばんの見どころ「ツィポリのモナリザ」>

ツィポリを訪れたら絶対に外せないのが、「ツィポリのモナリザ」と呼ばれる、女性の肖像のモザイク画です。繊細な作り、エキゾチックな雰囲気、そしてモデルとなっている女性の美しさは必見です。このモザイク画は公園内の高台に建つ「ディオニュソス・ハウス」と呼ばれる邸宅の跡の床で見ることができます。ディオニュソスとはギリシア神話に登場するワインの神様のこと。この邸宅のモザイクの大部分がディオニュソスをモチーフとしていることからディオニュソス・ハウスと呼ばれるようになったとのことです。なお、この邸宅の床のモザイク画はこの一帯で最も古いモザイク画であり、なんと約1700年前につくられたものであると言われています。


ツィポリのモナリザ全体像

ツィポリのモナリザ


<ローマ遺跡のシンボル、半円劇場>

ローマの遺跡といえば、半円劇場抜きには語れません。ツィポリも立派なローマ半円劇場があります。その大きさは直径70メートル、収容人数4500人ほど。1世紀初めから2世紀の間に作られ、ビザンツ帝国時代まで使われていたと考えられているそうです。カイザリヤのローマ半円競技場と同様に、現在は屋外コンサートの舞台としても使われているようで、訪問した際にはステージが設営されていました。ローマの古代遺跡でコンサートを楽しめるなんて、素敵ですね。

ツィポリのローマ劇場


<ツィポリのユダヤコミュニティを象徴するシナゴーグ>

ツィポリのシナゴーグは5世紀ごろに建てられたもので、このシナゴーグの床でも見事なモザイク画を見ることができます。ローマ人とユダヤ人が共存していた都市であっただけあり、モザイク画の中にはギリシャ語やアルメニア語、そしてヘブライ語が刻まれています。なお、古代に記された記録ではツィポリには数多くのシナゴーグがあったとされているものの、現在確認されているシナゴーグの跡は公園内北西に位置するこの1軒のみとなっています。

ツィポリのシナゴーグ

ツィポリのシナゴーグ2


<公園内はモザイク画の宝庫>

その他にも公園内にはたくさんのモザイク画が点在していて一つづつよく見て回っていると時間が経つのを忘れてしまうほどです。公園の南西部分はまだ発掘調査中のエリアが広がり、なんと贅沢にも屋外でモザイク画がむき出しになっています。

ツィポリのモザイク画


同じエリアにある「ナイルハウス」と呼ばれている遺跡では、床に色とりどりの保存状態の良いモザイク画が残っており、本当に見事です。

ツィポリのモザイク画

ツィポリのナイルハウスのモザイク画


いかがでしたでしょうか。
ナザレから日帰りで訪問することができるので、ナザレ観光の際にはツィポリ国立公園への立ち寄りも計画してみることをお勧めします。


<ツィポリ国立公園の情報>

ウェブ:http://www.parks.org.il/sites/English/ParksAndReserves/zippori/  入園料:大人28シェケル、子供14シェケル

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2016年7月11日
« 前の記事「死海のほとりのオアシス、アルゴット渓谷で沢歩き」へ
»次の記事「スノーケルが楽しいお勧めスポット、ミフモレット・ビーチ」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    イスラエルで発見!柱状節理に囲まれた絶景プール
    巡礼だけじゃない!ピクニックと湖水浴:ガリラヤ湖の楽しみ方
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    紅海に面するリゾート地、エイラット

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn DISQUS ID @disqus_eYIDdB6AVf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集