海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月 1日

エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞


メール プリント もっと見る

エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞

イスラエルは日本の四国ほどの面積の小さな国。それでも今まで紹介してきたように、死海砂漠のオアシス・アルゴット渓谷 など、この小さな国の中にはここにしかないユニークな自然の風景が沢山あります! 今回は私が今まで訪れたスポットの中でも、特に印象的だったソレク鍾乳洞(Stalactite Cave Nature Reserve)についてご紹介します。

イスラエル_ソレク鍾乳洞7.jpg

エルサレムの西に20キロ、ベット・シアンと呼ばれる標高350メートルの丘陵地地帯に、この美しい地中世界が広がっていることが発見されたのは60年代の終り。この一帯は石灰岩地帯で採石が産業であることから、多くの岩石の発破が行われてきました。1968年3月に行われた発破にて、偶然にも丘の中に4800立方メートルの広さの鍾乳洞の広がりが発見されたのです!発見の数日後には国立公園局によって発破活動は中止され、この一帯は国立公園に指定されました。すぐに調査が始まり、数千年もの年月をかけて雨水が石灰岩を侵食して形成されたものであることが判明しました。1975年には国立公園として公にオープンし、今では人気の観光スポットとなっています。

鍾乳洞に一歩足を踏み入れると、ライトアップされた幻想的な空間とその広さに圧倒されます。それもそのはず、ソレク鍾乳洞の大きさは長さ90メートル、横幅80メートル、高さが15メートル。体積はなんと4800立方メートルにも及びます。天井から染み出た水分によって形成されたつららのような鍾乳と、上から滴り落ちる水分が積もり洞窟の床に形成された石筍が様々な造形を織りなし、今までに見たことのない不思議な世界が目の前に広がります。


イスラエル_ソレク鍾乳洞.jpg


石筍はなんだか蟻塚のような形をしています。


イスラエル_ソレク鍾乳洞8.jpg


起伏が多い洞窟の形に合わせてたくさんの階段があり、洞窟の隅々まで見学できるようになっています。


イスラエル_ソレク鍾乳洞2.jpg


ライトアップの光の色が絶妙で、とても神秘的です。


イスラエル_ソレク鍾乳洞5.jpg


こちらは、鍾乳の塊のクローズアップ写真。カーテンのような、象の耳のような不思議な造形に自然の神秘を感じられずにはいれません。ちなみにセレク鍾乳洞の鍾乳の成長の早さは、一年間にたったの0.2ミリ。このような造形を作り出すまでにどのくらいの時間を要したか想像するだけでも気が遠くなってしまいます。


イスラエル_ソレク鍾乳洞6.jpg


洞窟内自体は、写真を撮りながらゆっくり回っても30分ほどあれば十分です。 セレク鍾乳洞では、訪問者は30人ほどのグループに分けられ、グループごとにガイドが一人ついて一緒に回ります。週末は子供連れのイスラエル人家族が多いので、グループの先頭を一足早く進んでしまうのがちょっtしたコツです。


なおセレク鍾乳洞へは公共交通機関のみではアクセスできないため、車を使うか、エルサレム発着のツアーを利用する必要があります。アクセスに手間はかかりますが、絶対に一見の価値あるスポットです! エルサレム訪問の際には、足を伸ばしてみることをお勧めします。


イスラエル_ソレク鍾乳洞3.jpg


<セレク鍾乳洞観光情報>
公式ホームページ:http://www.parks.org.il/sites/English/ParksAndReserves/stalactitecave/Pages/default.aspx
入場料:大人28シェケル (850円ほど)
営業時間:10月から3月は8:00〜16:00、4月から9月は8:00〜17:00
最寄りの鉄道駅:ベット・シアン


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年2月 1日
« 前の記事「佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム」へ
»次の記事「古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    イスラエルで発見!柱状節理に囲まれた絶景プール
    巡礼だけじゃない!ピクニックと湖水浴:ガリラヤ湖の楽しみ方
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Cafe Kadosh:エルサレム新市街の素敵カフェ
    イスラエルの車窓から:テルアビブ-エルサレム鉄道の旅

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn DISQUS ID @disqus_eYIDdB6AVf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集