海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > 古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマ...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月12日

古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル


メール プリント もっと見る

古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル

イスラエルの温泉地ハマト・ガデル4.jpg

中東の国、イスラエル。温泉とは遠いイメージですが、実はイスラエルには大小含めて5箇所ほどの温泉があります。日本の四国ほどのサイズの小さな国の中に5箇所もあるとは意外ですよね! 今回は、イスラエル最大にして最古の温泉地である、ハマト・ガデルについてご紹介。


ハマト・ガデルはガレリヤ湖の南東辺りに位置し、イスラエルとヨルダンの国境部分の山々に囲まれたところにあります。温泉地としてのハマト・ガデルの歴史は非常に古く、なんと2000年前に当時イスラエル地域を統治していた古代ローマ人に保養地として愛されていたと言います。ハマト・ガデルには2〜3世紀に建てられた入浴場と2000人も収容できるローマ劇場の遺跡がある事からも、ここが当時のローマ人にとって一大エンターテイメントの都市であったことに想像がたやすいですね。

現代のハマト・ガデルも、ローマ時代に劣らずイスラエル最大級の温泉地として高い人気を誇っています。現在はHamat Gader Resortが温泉施設、スパ施設、小さな動物園とワニ園、ホテルとレストランを管理しており、大人も子供も楽しめる空間を提供しています。温泉施設はかなり巨大で、ジャグジーや打たせ湯を楽しむ人々で混み合っています。


イスラエルの温泉地ハマト・ガデル1.jpg


温泉といっても水着着用が義務付けられているので一見するとプールのように見えます。しかしほのかな硫黄の香りが漂い、水は微かに白く濁り水温は42度ほどの、れっきとした温泉です! しかも1時間に60万リットルの温泉が湧き出しているというのですから本格的です。なお、リゾート内の温泉場は完全掛け流しで、約4時間ごとに浴場内の水が入れ替わるということです。 イスラエルに来てシャワーの生活をしている身としては、久しぶりに湯船、しかも天然温泉に浸かる幸せを味わうことができました。入浴後はなんだか体が軽くなったような爽快感と、ポカポカ感で快適そのものです。


イスラエルの温泉地ハマト・ガデル2.jpg


イスラエルの温泉地ハマト・ガデル3.jpg


ハマト・ガデルはガレリア湖のほとりに位置しているので、周辺のドライブと組み合わせて訪問するのがオススメです。この日も、たまたま通りすがった展望台からガレリア湖を見下ろす絶景を満喫することができました。写真ではうまく写りませんでしたが、イスラエルの春を告げるアーモンドの木の白い花があちらこちらで満開になっていました。アーモンドの花は桜とそっくりなので、イスラエルに住む日本人にとってはちょっと特別で懐かしい感じがします。


ガレリア湖の眺め.jpg


イスラエルでの温泉記、いかがでしたでしょうか。イスラエルの最北端に位置しておりたやすく行ける立地ではありませんが、古代ローマ人も愛した中東のレアなお湯、体験してみませんか?


<ハマト・ガデル観光情報>
HP:Hamat Gader Resort
入場料: 100シェケル(3000円ほど)(左記は入浴と動物園のみ。その他食事やマッサージとのパッケージ料金あり)
開園時間:8:00〜17:00
※コインロッカーは別途25シェケル(750円ほど)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年2月12日
« 前の記事「エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞」へ
»次の記事「MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    出エジプト記の時代に因むユダヤの祝日、仮庵祭
    イスラエルで最も重要な祭日、ヨムキプール
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Cafe Kadosh:エルサレム新市街の素敵カフェ
    イスラエルの車窓から:テルアビブ-エルサレム鉄道の旅

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • テルアビブ特派員

      テルアビブ特派員
      田澤 潤子
      上智大学比較文化学部卒。日本貿易振興機構(ジェトロ)での勤務を得て、イスラエル人との結婚を機に2014年テルアビブへ移住。現在はイスラエルのIT企業で日本向けマーケティングと事業提携を担当、2国間のビジネスギャップに日々奮闘しています。ビジネスや観光の面で日本とイスラエルを繋ぐことに貢献したいと思っているので、お気軽にご連絡下さい。メールFacebookLinkedIn

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集