海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ 田澤 潤子

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月24日

イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯


メール プリント もっと見る

イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯

2月、多くのイスラエル人が楽しみにしているものがあります。それは、アネモネという野花が作り出す花の絨毯。2月上旬から中旬頃までの2週間ほどの間、イスラエルの南部の都市ベエル・シェバ の郊外の野原が真っ赤に染まり、イスラエルに一足早い春の訪れを告げます。

イスラエルの南部アネモネの花.jpg


イスラエルは暑いというイメージが強い国ですが、短いけれどれっきとした冬があります。夏は乾季、冬は雨季という地中海性気候に属しており、3月から10月までは気温が高く雨がほとんど降らない一方、11月から2月までの間は、約2週間ごとに大雨が降り、気温がぐっと下がります。降雨量が最も多く気温も一番低いのは12月と1月。2月になると雨の量が減り、気温も少しづつ上がっていきます。そんな頃、テレビやラジオのニュースでアネモネの開花の情報が流れると、イスラエル国民は春の足音を感じるのです。


イスラエル南部、アネモネの群生.jpg


アネモネはキンポウゲ科の花の一種で、イスラエルでは南部の都市ベエルシェバの郊外の野原にて開花する咲く真っ赤な花です。地中海地域原産の花で、語源はギリシア語で風を意味するそう。花言葉は、「君を愛す」。その燃えるような赤い色をした可憐な花にぴったりの花言葉ですね。


イスラエルのアネモネの花.jpg


アネモネの満開時には野原が真っ赤に染まり、それは見事です。この風景をヘブライ語で「ドロム アドン」と呼びます。日本語に直訳すると「赤い南」。ドロム アドンを楽しもうと、週末には家族連れがこぞってアネモネの咲くエリアに出かけます。ランチボックスを持参し、ブランケットを広げてひなたぼっこをしながらのんびりと「お花見」したり、広域に広がるアネモネの花の絨毯の一帯をハイキングしたり。みな思い思いの方法でイスラエルの春の訪れを満喫します。


イスラエル南部、アネモネの花畑を楽しむ人々.jpg


イスラエルは砂漠のイメージが強い国なので、赤い野花が咲き乱れる風景があるとは意外ですよね! でも、雨季から乾季への移り変わりの2月には国中が一気に緑に溢れて花が咲き乱れ、春の息吹をとても強く感じることができる国なのです。この時期にイスラエルを訪れる際は、ぜひ郊外に足を伸ばしてアネモネの赤い花を満喫することをお勧めします。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2017年2月24日
« 前の記事「MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!」へ
»次の記事「テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム」 へ
おすすめ記事
    テルアビブ特派員 新着記事
    テルアビブがカオスに!ユダヤの仮装祭りプリム
    イスラエルの春の足音:アネモネの花絨毯
    MEN TEN TEN:本格ラーメンがイスラエルにやってきた!
    古代ローマ人も愛した!イスラエル最大の温泉地、ハマト・ガデル
    エルサレムの西、幻想的な世界が広がるソレク鍾乳洞
    佐藤オオキ氏の展示会@ホロン・デザインミュージアム
    出エジプト記の時代に因むユダヤの祝日、仮庵祭
    イスラエルで最も重要な祭日、ヨムキプール
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Cafe Kadosh:エルサレム新市街の素敵カフェ
    イスラエルの車窓から:テルアビブ-エルサレム鉄道の旅

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ