海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


栃木県も秋が深まり、いよいよ紅葉シーズン到来です。

日光の紅葉が見たくとも渋滞等で断念することもあるかと思います。
那須では比較的、スムーズに流れております。


以下
2018.10.20撮影です。


那須ゴンドラ【秋】
_DSC9726.JPG

マウントジーンズ那須【Mt.JEANS】はスキー場なのでゴンドラを利用した紅葉を楽しむことが出来ます。


_DSC9730.JPG

ゴンドラ営業期間は2018.09.15~2018.10.28になります。
_DSC9737.JPG

気温は10度と肌寒いので長袖と歩きやすい服装で訪れましょう。


ゴンドラ
_DSC9738.JPG

ゴンドラの料金
大人 往復1600円。
子供 往復800円となっており、片道利用の登山の方は別途登山届が必要です。


深紅に染まる那須高原の紅葉
_DSC9747.JPG

那須ゴンドラ山麓から中腹が現在見頃ですね。


_DSC9756.JPG


頂上に到着
_DSC9773.JPG

頂上は遊歩道、ドッグランや展望台などがあり自然いっぱいの所でワンちゃんも楽しめるようになってました。


茶臼展望台からの風景
_DSC9780.JPG

真ん中の山が茶臼岳。
雲がかかってしまってますね。
紅葉はピークを過ぎ去り、散り始めのようです。


遊歩道の紅葉はまだまだ楽しめます。
_DSC9818.JPG


_DSC9834.JPG


_DSC9814.JPG

_DSC9933.JPG

山麓から頂上にかけて紅葉の色付きの変化も楽しめるのもゴンドラだからこそ。
950m~1410mの旅と深紅の紅葉と澄んだ空気を堪能しながらのんびり一日を過ごすのも良いんじゃないでしょうか?


マウントジーンズ那須 【Mt.JEANS】
〒329-3223
栃木県那須郡那須町大字大島
0287-77-2300


2018年10月21日

いよいよ紅葉のシーズンがやってきましたね。

現在、栃木県の紅葉は奥日光と那須の紅葉が見頃を迎えております。
特に奥日光は全国的な有数の紅葉スポットでもあり、既に沢山の人々が紅葉狩りを楽しんでいるようです。


【BEIZ Graphicsより】
autumn-leaves_00023_jpg_pagespeed_ce_ty828RwMCU.jpg

紅葉狩りをすれば当然グルメも欠かせない楽しみの一つでしょう。
奥日光のグルメは中禅寺湖周辺が賑わってるので色々ありますが、今回はそんな中禅寺湖周辺でキラリと光る名店をご紹介。
DSC09080.JPG


手作りの味 タロー。
DSC09065.JPG

立地は中禅寺湖前のメインストリートから一本外れてますが自分の経験上、名店はメインから少し外れた所に存在する。


DSC09070.JPG

まずはランチでありながら食前酒に自家製果実酒を提供する拘り。
自分は運転だったので果実ドリンクです。


豚肉の生姜焼丼ランチ 1250円
DSC09071.JPG

こう見えて結構ボリュームがあります。


DSC09072.JPG

まず、下に敷かれているもやしが根切してあり、手間が掛かってるのが分かります。
味付けも完成された旨味ではなく、醤油と甘味のバランスの取れた品のある手作りの味。
そして肉質がふんわりとしており、火加減にも拘りがありそうです。


ゆばとキノコのクリームスパゲッティ 950円
DSC09076.JPG

ごってりしたクリームではなくさらっとした仕上がり、日光名産の湯葉もさることながらキノコとさりげなく書いてある、舞茸の風味が半端ないって!
ここまで強い風味を堪能できる舞茸は自分も初です。
どうやらオーナー一家が周辺の山で採取してきた旬のものを使用してるようです。


ベーコンとトマトのクリームチーズスパゲッティ
DSC09074.JPG

カルボナーラの様な濃密さとさらっとしたバランスの取れたクリームスパゲッティ。


食後のコーヒー
DSC09079.JPG

家族でやっているアットホームなお店でゆっくりと寛げます。
家庭料理と謳っておりますが、その拘りは伝わってきます。
比較的リーズナブルに手作りの味を堪能できるキラリと光る名店です。


DSC09064.JPG


●手づくりの味 タロー
栃木県日光市中宮祠2478
ランチ 11:00~15:00 ディナー 18:00~22:00
定休日:火曜日
℡:0288-55-0711



2018年10月14日

奥日光で有名な滝と言えば華厳の滝です。
しかしながら奥日光には他にも滝が存在します。

今回は奥日光の湯滝をご紹介。


とは言ってもその前に湯滝の源流。
湯ノ湖から行ってみましょう。
DSC09222.JPG

これが湯ノ湖です。


DSC09169.JPG

北東にある三岳火山の噴火によってつくられた湖になります。
また鱒釣りの名所でもあるようで釣人が楽しまれてますね。


実はこの湯ノ湖の水が湯滝となって流れているのです。
DSC09179.JPG

丁度、湯滝の上部に位置します。
2段になっておりさすがに下までは見えないです。


ここから遊歩道により湯滝に行くことが可能です。
DSC09185.JPG

ですが、結構な階段を上り下りすることになりますので脚力に自信がある人のみにしておきましょう。

DSC09189.JPG

観瀑台には売店などもあり観光メインで訪れることが出来ます。

これが湯滝です。
DSC09211.JPG

高さ70メートル、長さ110メートルの滝で迫力のある滝です。
滝の下段部は左右二股に分かれているのが特徴です。


DSC09190.JPG

戦場ヶ原やこの辺りはトレッキングコースが豊富なのでセットで訪れてみてはいかがでしょうか?

〒321-1662 
栃木県日光市湯元


2018年10月 8日
2018年9月26日
2018年9月23日
2018年9月20日
2018年9月17日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集