海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


栃木県有数の温泉街でもある那須塩原市。
塩原温泉郷に50年以上前からあるご当地グルメ。

スープ入りやきそばがあります。


スープ入り焼きそば?
と思うことでしょう・・


説明するより見て頂いた方が早いと思いますので今回紹介するのは
スープ入りやきそばで有名な店


こばや食堂です。
DSC04245.JPG

このように行列が出来るほどの人気店です。


DSC04278.JPG

50年以上前からの歴史があるこばや食堂のスープ入り焼きそばは多くの著名人が訪れております。
いまやご当地グルメの観光スポットとしても各メディアで紹介されてます。

DSC04261.JPG

これがスープ入り焼きそばです。
香ばしく炒められたソース野菜にラーメン用の麺を使い。
醤油スープを合わせたのがこばや食堂流。


DSC04271.JPG

焼きそばとラーメンの融合なのですが絶妙に合うのです。
焼きそばのソース味。醤油ラーメンの味がお互い喧嘩することなく調和。
これはベースの旨味があるからこそ!


DSC04274.JPG

このスープ麺も良く馴染んでとってもおいしいですね~

那須塩原市のご当地グルメ。
塩原温泉郷に来たら間違いなく外せないですね。
是非、足を運んでみましょう!


DSC04252.JPG

●こばや食堂
栃木県那須塩原市塩原795
月〜金・土日
11:00~15:00
(スープがなくなってしまったときは早めに終了する場合がございます)


2018年12月16日

2010年。JR東日本の深い日本国内の旅を謳うシリーズCM「大人の休日倶楽部」で大田原の雲厳寺が登場しました。
吉永小百合主演で話題を呼びましたね。


なので初めて雲厳寺に行ってみました。
雲厳寺1.JPG

重厚な山門。平安時代の建物のようです。
土日には観光客が結構訪れています。

unngannji.JPG

黒羽町にスポットを当てて雲巌寺を主題の一つとする新篇「栃木県:黒羽の芭蕉篇」が2018年(平成30年)3月から訴求され始めると山寺の魅力が消費者に伝わったと見えて、当寺では観光客が急増したようです。


お参り
unngannji2.JPG

三仏堂。

unngannji6.JPG

鐘楼。

unngannji3.JPG

落ち葉が色鮮やかで風流ですね。


運巌寺2.JPG

まさに厳(おごそ)かな重厚ある山寺ですね。
本来的に山深い修行の場であって観光地ではないですが、やはり良い所には集まるものですね。
冬の景色もまた素晴らしいようです。


●雲厳寺
栃木県大田原市雲厳寺27


2018年12月11日

こんにちは
栃木特派員のKEYです。

海なし県の栃木県。
なので水族館なんてものはあるはずがないと思ってませんか?


実はあるんです。
DSC00416.JPG

【全撮影 栃木特派員KEY】


栃木県の大田原市にあるなかがわ水遊園はとても広大な敷地に県内を流れる那珂川を再現した水槽から、アマゾン川を再現し360°水に囲まれたトンネル型の水槽まで、河川のもたらす、雄大な自然を体験できる施設になっています。
日本でも珍しい淡水魚の水族館で、海なし県の栃木県の唯一の水族館です。


DSC00415.JPG

なので熱帯地域の再現の為かデザインも凝ってますね。


撮影もWEB掲載もOKを頂き、早速入ってみます。

DSC00418.JPG

なかがわ水遊園

栃木県大田原佐良土2686
<開園時間>
9時半から16時半
水族館の入館は閉館30分前まで

<休園日>
毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
毎月第4木曜日
毎年1月の第4週の月~金(施設メンテナンスのため)

<観覧料>
◆大人(高校生以上)
個人600円
年間パスポート2500円
回数券6000円

◆子供(小・中学生)
個人250円
年間パスポート1000円
回数券2500円

◆幼児(小学生未満)
無料


比較的子供料金が低価格なのが有難いです。


DSC00474.JPG

淡水魚の水族館なので河川の魚が展示されております。


DSC00432.JPG

地元の那珂川の魚が元気良く泳いでますね。


DSC00481.JPG

子供向けの体験イベントが充実しており、子供たちは大喜びです。


そして、今現在のイベント
DSC00488.JPG

ドリームジャングルナイト。
2018.11/23~2019.1/20まで


DSC00494.JPG

この季節に合わせたイルミネーションでの展示方法。


DSC00502.JPG

光を活かした魚を見る事が出来ます。

DSC00514.JPG

コバルトブルーの魚も綺麗ですね。

今だけの限定なのでおすすめです。
注:営業時間は通常です。


そしてなかがわ水遊園の目玉
・アクアコリドール〔チューブ型トンネル〕
DSC00550.JPG

ここが世界最大川、アマゾン川水槽となってます。


DSC00604.JPG

アマゾンの王者ピラルク。
物凄く大きいです。


DSC00560.JPG

子供達も大きさにビックリ!


DSC00621.JPG

さらに上るとアマゾンの熱帯地域の展示になってます。
ガラス張りの天井は太陽の光が直接届きますね。


DSC00633.JPG

バナナとかなってますし・・


DSC00648.JPG

元気の良いカピバラ。


DSC00664.JPG

イグアナまで・・


DSC00672.JPG

DSC00681.JPG

なかがわ水遊園の魅力は水族館だけではありません。
企画や季節事のイベント。
広大な敷地での体験型イベント。
子供の遊び場(水遊び場やアスレチック)などファミリーには特におすすめです!
海なし県でも楽しい水族館は存在する!


是非!
足を運んでみてくださいネ~

DSC00716.JPG

なかがわ水遊園

栃木県大田原佐良土2686
<開園時間>
9時半から16時半
水族館の入館は閉館30分前まで

<休園日>
毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
毎月第4木曜日
毎年1月の第4週の月~金(施設メンテナンスのため)

<観覧料>
◆大人(高校生以上)
個人600円
年間パスポート2500円
回数券6000円

◆子供(小・中学生)
個人250円
年間パスポート1000円
回数券2500円

◆幼児(小学生未満)
無料


2018年11月25日
2018年11月23日
2018年11月11日
2018年11月10日
2018年11月 4日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集