海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

栃木県には全国的に有名なご当地ラーメンが存在する。

それは佐野ラーメンです。
頂けるのは栃木県佐野市。

この佐野市には約300軒のラーメン店が犇めきあっており、巨大なラーメン文化を生んでいる。

特徴は青竹打ちの手打ち麺にあっさりとした淡い醤油味のスープ。


そして栃木県の北の方では白河ラーメンの文化もあり、白河ラーメンも手打ちの醤油ラーメンである。
でも、全く別物。

この流れが共存する栃木県は間違いなく

手打ちラーメン王国

であると自負している。
自家製麺率も恐ろしく高い!

と言う訳で今回は佐野ラーメン店をご紹介。


やって来たのはこの店

叶屋
DSC09887.jpg

その昔、行列の長さナンバーワンを誇った
とかの
の姉妹店。こちらも老舗ですが、まだ続いております。

DSC09888.jpg

オレンジ色の外観が目に止まりますね。
早速入ってみます。

DSC09889.jpg

店内写真は他の人も映る為、自粛します。

ラーメン
DSC09890.jpg

蓮華が乗ってるのでどかしてみます。

DSC09892.jpg

ネギとメンマとチャーシューそしてナルトが乗る。
このシンプルなヴィジュアルが佐野ラーメンの王道。


DSC09893.jpg

ああ
とてもあっさり~(*´ω`*)
インパクトは弱めで現代の若い人向けではないですが、この透き通ったスープだからこそ淡い醤油が楽しめる。

DSC09894.jpg

青竹手打ちの麺。
手打ちにしては均等なので切り出し分かりませんが、手打ち麺。
この麺があっさりしたスープに合わさると麺が引き立つ。
麺をダイレクトに堪能できる。

佐野はもうひとつ忘れちゃいけない物があります。
DSC09897.jpg

それは餃子です!
この大きめな餃子があっさりとして美味!
佐野に行ったら餃子もお忘れなく!


ご馳走さまでした!


人気のご当地ラーメン。
佐野ラーメン。一度堪能してみると良いですよ~
そして、その佐野ラーメンの店による違い。
何かが分かるようになるときっと深みにハマるかも知れません。


DSC09901.jpg



2017年10月15日

DSC09908.JPG

佐野ラーメンやプレミアムアウトレットで多くの観光客が訪れる佐野市。
今回は出流原弁天池に行ってみました。

DSC09911.JPG

この水車も味があっていいじゃないの~


DSC09905.JPG

神社が見えますが、まずは池の方へ行ってみます。

そして、なぜか?
昭和の歌謡曲と鐘の音がどこからともなく聞こえてきます。


DSC09927.JPG

ここが出流原弁天池のようですね。


DSC09949.JPG

確かに綺麗ですね。


DSC09952.JPG


DSC09957.JPG

昭和の歌謡曲の正体はサックスの流しでした。
なかなか良いと思いますよ~

DSC00017.JPG

こんどはこちらから登ってみましょう。

磯山弁財天


DSC00012.JPG

風穴洞は詳しくは分かりませんが、石灰岩などで起きる現象のようで地層の隙間から循環してるようです。
後に出て来ます。


DSC00013.JPG

弁財天は蛇の化身とも言われてるようです。


DSC00007.JPG

鐘の音はこれだったのですね。


DSC00009.JPG


DSC00010.JPG

どうやらかなり登るようで長くなりそうな予感。。


DSC09996.JPG

登るとここの白蛇様が祀られてるようです。


朝日長者の伝説
昔、出流原に朝日長者が何不自由なく暮らしていたが、ただ一つだけ子宝に恵まれなかったので、長者夫婦が出流原弁天に子授けの願をかけた、すると美しい女の子が生まれ「鶴姫」と名付け大切に育てた。 「鶴姫」が18歳の時、山に遊びに入ったまま行方不明となり。大事な子どもを亡くした長者夫婦に、ある時神が霊示したことは、 「姫は弁天池の鯉となっており」、竜神となって昇天するためには莫大な財宝がいる」との旨であった。 そこで長者は娘のためにと後山に財宝を埋め「朝日さす夕日輝く木の下に、うるし千ばい黄金億々」 というような宝のありかをよんだ歌を残している。 佐野市の民話wikiより


DSC09995.JPG

佐野の風景。


DSC09992.JPG

さらに散策道があり、登ってみることにしました。


DSC09985.JPG


DSC09978.JPG

DSC09979.JPG

自然に出来た地形です。
この石灰岩により鍾乳洞のように隙間が多数見受けられる。
出流原の名水もこの地層により何年もかけてフィルターとなり綺麗な水となってるんでしょうね。


DSC09975.JPG

結局、出流原弁天池に繋がってます。

DSC09969.JPG


DSC099701.jpg

古き良き時代の面影を残してます。



この隣も楽しめるスポットがあります。
DSC09912.JPG

赤見温泉フィッシングパーク


DSC09915.JPG

水上自転車

DSC09925.JPG

鱒釣り

DSC09917.JPG

釣ったものは頂く!


DSC09919.JPG

勿論すぐに焼いてくれますよ~

DSC09923.JPG


DSC09922.JPG

鯉の餌やり。。

おまけでしたが、都会の方はかなり楽しめると思います。

DSC09946.JPG

佐野ラーメン屋プレミアムアウトレットも良いですが
こうして違う楽しみも良いと思いますよ~



2017年9月30日

DSC08814.JPG

栃木県栃木市にある岩下の新生姜ミュージアムに行ってみましたよ。

入り口からいきなり怪しいオブジェ。
スルーして入って見ましょう。


DSC08817.JPG

入場は無料。
これはかなり素晴らしい。


DSC08821.JPG


新横浜にあるカップヌードルミュージアムっぽい展示法。
DSC08846.JPG

しかし
DSC08822.JPG

どんだけ似たような生姜パッケージやねん!!


DSC08818.JPG

所狭しとサインが飾ってあります。


DSC08862.JPG

この鐘を順番に鳴らせば岩下の新生姜のフレーズになります。


DSC08883.JPG

色々と物議を呼んだペンライト!
これが噂の・・・・触れないで起きます。


DSC08830.JPG

好きだ!
なんねんこのメルヘンチック・・・


DSC08840.JPG

岩下の新生姜を使用している飲食店。
かなり知ってる店が載ってます。

DSC08842.JPG

なぜ?
アルパカやねん!


DSC08823.JPG

密かに置かれた普通の生姜と岩下の新生姜の違い・・・汗

DSC08854.JPG

ジンジャー神社・・・

シャレかよ!( ゚Д゚)

DSC08856.JPG

おみくじもあるよ~


DSC08852.JPG

中生姜だったよ~

意味わかんねぇし!


DSC08884.JPG

プロジェクションマッピング!
ペンライト使う時キターーーーーーーーーーー!!

動画も撮ったのですがアップできないので、実際に足を運んでみてください。


DSC08860.JPG

電流イライラ棒・・・
じゃなくて、ジンジャーツアーズ・・・汗


挑戦
DSC08865.JPG

ちょっと触ってたよ・・笑

DSC08872.JPG

ジンジャーソフトクリーム。


とにかく色々ぶち込んだ展示。
何が何だか分からないカオスな空間。
でもなんだかんだ楽しめますよ~
何よりも無料ってのが素晴らしい!

ダイジだから2回言ったよ~
↑注:方言

↓社長の思いが記事になってます。
https://new.akind.center/201706/iwashita/


2017年9月26日
2017年9月24日
2017年9月 5日
2017年8月20日
2017年8月14日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集