海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

立春の候
暦では春ですが、まだまだ余談ならぬ寒さの残る近頃。
そんな中、珍しく暖かい日差しを感じてると、この時期の行事としてひなまつりがある事に気が付く。

DSC03421.jpg

栃木県真岡市で「第九章 真岡・浪漫ひな飾り」が開催されているようで初めて訪れてみました。
ちなみに真岡(もおか)と読みます。
栃木県民じゃないと読めないですね。


真岡市久保講堂
DSC03416.jpg

国登録文化財の久保講堂ここがメイン会場となっております。
※最寄りの真岡市青年女性会館が目印です。


いちごの会とありますが実はここ真岡市はイチゴの生産量は日本一なんです。
栃木のいちごの記事でも良いのですが今回はひなまつりメインです・・笑


DSC03417.jpg

実は乃木坂46 (nogizaka46)主演の映画「あさひなぐ」の主題歌「いつかできるから今日できる」は真岡市久保講堂で撮影されました。
まあ、自分はAKB48すらメンバーを把握出来てないのですが・・汗


DSC03424.jpg


DSC03425.jpg

会場に、全高6メートルの26段飾りや親王雛など30以上のひな飾りが並ぶ光景は圧巻の一言です。

50本以上を数えるつり雛の同時展示も必見です。
DSC03436.jpg


DSC03438.jpg


DSC03426.jpg

【場   所】 真岡市久保講堂 【期   間】 2018年2月1日(木)~3月4日(日) 10:00~16:00(最終日は15:00まで) 【休 館 日】 毎週火曜日 ※最寄りの真岡市青年女性会館(住所:真岡市田町1344)でナビ入力をしてください。 【入 館 料】無  料 【交通ガイド】電車:真岡鐵道真岡駅から徒歩20分 車:北関東自動車道真岡ICから約10分 【駐 車 場】普通車約100台(大型バス駐車可能) ※駐車料:無料 久保講堂南 国道294号線沿いの砂利駐車場 【問い合わせ】 真岡市観光協会(真岡市荒町1150-1) TEL:0285-82-2012 ※受付時間 9:00~18:00   火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)休館


「真岡・浪漫ひな飾り スタンプラリー」も合わせて開催しています。
↓↓↓
「真岡・浪漫ひな飾り スタンプラリー」開催中
折角ですから巡ってみましょう!


まずはこちら
大前(おおさき)神社
DSC03456.jpg

日本一えびす様で有名です。


DSC03454.jpg


DSC03455.jpg

大前恵比寿神社は平成元年12月10日に鎮座奉祝祭を斎行し完成した延喜式内大前神社の若宮社のようです。


日本一のえびす様
DSC03452.jpg

高さ20mの大きなえびす様。
持っているのが鯛ではなく鯉なのが特徴です。
金運上昇のご利益があり、実際にジャンボ宝くじで高額当選した方も多数のようです。
スタンプはあの中にありますよ~

【日本一えびす様 大前神社】 住所 栃木県真岡市東郷937 TEL 0285-82-2509 公共交通 真岡鐵道北真岡駅→徒歩13分 北関東道真岡ICから国道408号経由9km15分 駐車場 あり 料金 境内自由(ご神水取り拝観料500円) 時間 境内自由(えびす様ご神水取りと拝観時間は9~17時、11~3月は~16時) 休み 無


さて
次に向かうのは真岡駅。
真岡市SLの走るまち拠点施設「SLキューロク館」
DSC03462.jpg

真岡駅のすぐ近くにあります。
施設の名称は、館内に展示している9600形蒸気機関車が大正時代の代表的な蒸気機関車の一つであり、太いボイラー、短い化粧煙突、低い二つのドームにかたどられた雄姿で、「キューロク」の愛称で多くの人々に親しまれたことから「SLキューロク館」と名付けられたようです。


DSC03474.jpg

立派なSLが展示されております。
1920年(大正9年)に川崎造船所で製造されて以来、ずっと北海道の機関区で活躍し1976年(昭和51年)に廃車された後、同年11月真岡駅まで回送、井頭公園に移設され、静態保存されていました。
つまり昭和後期の状態を見ることが出来るようです。


客車「スハフ4425」
DSC03464.jpg

2012年(平成24年)3月25日、解体のため 船の科学館より 、新居浜東港に移され、 4月27日~6月10日、 新居浜東港黒島埠頭にて最後の一般公開が終了した「羊蹄丸」の船体の中で公開されていた客車のようです。
中へ入って見ます。


DSC03465.jpg

当時の面影を残したまま状態維持してるようです。
昭和を感じます。現在は冷房も完備され、車内で96カフェで注文したコーヒーやホットドックを味わくことが出来るようです。


DSC03467.jpg

スタンプ発見。
これで3つですね。


SLキューロク館
〒321-4306 栃木県真岡市台町2474−6
◎お車で 北関東自動車道 真岡インター出口より真岡駅方面へ 約4km
真岡駅東口に[SLキューロク館]があり、その南側に専用駐車場があります。
     大型バスは進入禁止地区になりますので、[0285-83-9600]までご連絡ください。
     駐車場をご案内します。
◎電車で A:JR宇都宮線小山駅より水戸線に乗り換え下館駅に、そこから真岡鐵道に乗り換え
6つめの駅が真岡駅(約26分)  東口に隣接しています。
B:東京秋葉原駅よりつくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)にて守谷駅まで、
関東鉄道に乗り換え下館駅まで。そこから真岡鐵道に乗り換え、
6つめの駅が真岡駅(約26分)  駅東口に隣接しています。


いよいよスタンプラリーも後半。
次は
真岡木綿会館
DSC03477.jpg

江戸時代から現代に悠久の歴史を”今”に受け継ぐ真岡もめん。
ひとつひとつ手作業で丹精を込めた真岡もめんは、その伝統を今もなお継続しています。


DSC03502.jpg

真岡木綿会館では、機織りの工程見学や、機織り・染色の体験も可能です。
要予約。


さらに奥の
岡部記念館「金鈴荘」(きんれいそう)
DSC03504.jpg

会館の中から繋がっており、見学は中から移動できます。
これは外から撮ったので余計な物が写っています・・笑
明治初期建築の真岡木綿問屋岡部家の別荘。建築材料を厳選した名建築です!
軽く100年越えてますね。

DSC03491.jpg

スタッフの方が丁寧に金鈴荘の造り、拘りを細部まで説明してくれます。


廊下の梁の部分
DSC03500.jpg

見て分かると思いますが、継ぎ目のない一本杉で建築されてるんですね。
運ぶだけでも相当苦労した筈です・・汗

DSC03499.jpg

踊り場の姿を見えるように高さから全て計算されて作られたそうで
見事にぴったり視界に収まります。


真岡もめんで作られたひな飾り。
DSC03486.jpg

ここにしかないオンリーワンな品です。
平成22年から作成し、11か月を経て完成した新作!


庭園も見事ですね。
DSC03505.jpg

昔の人はこのような立派な建物もそうですが、スタッフの方々の話や歴史資料を見てるとお金の使い方が現代とは違う事に気が付く。
どうしてたか?と言うとやはり、地域の為に投資や貢献をしてたんですね。
歴史に残る人ってのは必ず、自分の為だけではない何かを持っているのだと思います。


真岡木綿会館
〒321-4305
栃木県真岡市荒町2162-1
 TEL.0285-83-2560
 FAX.0285-85-8159
【開館時間】10:00~17:00
【入館料】 無料
【休館日】 毎週火曜日
(祝日の場合はその翌日)


いよいよスタンプラリー最後
久保記念観光文化交流館
DSC03519.jpg

明治、大正、昭和の古き良き時代を知る建造物は、市所有の岡部記念館「金鈴荘」とこの「久保邸」を残すのみとなり、市では、明治、大正期の貴重な歴史的建築物が現存する「久保邸」を次代に引き継ぐ資産として保存するとともに、様々な機能を備えた真岡市の新たな観光文化拠点施設とすることとし、この「久保記念観光文化交流館」が出来たようです。

DSC03515.jpg

詳細は↓↓↓
久保記念観光文化交流館について


DSC03506.jpg

スタンプラリー制覇!
もちろん今回は自分が気になった所に行ってみましたが別のルートでも問題ありません。


DSC03514.jpg

助手のセリナも満足してますね。
当然、景品はひとつのきっかけですが、ひなまつりを通して真岡の古き良き時代を体感する事が出来ました。
時代と共に変わりゆく文化や新たな発見、体感する事で本当の自分などに気が付く事もあるかも知れません。
気になった方は是非、お越しを~(^^♪


2018年2月18日

全国的に有名な栃木の日光。
東照宮や華厳の滝など全国的知名度がある観光地もありますが
日光ってとても広いんです。
2006年の合併を受け足尾町、藤原町、栗山村も合わせて日光市に・・

面積は栃木県はおろか、関東地方全体でも最大で、全国の市では岐阜県高山市と静岡県浜松市に次いで全国第3位となる、栃木県全体の約22%を占める広大な面積を有している。


さて
今回やって来たのは日光市湯西川
日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」認定イベントの湯西川温泉かまくら祭が今年もはじまります。
DSC03108.jpg

見てくださいこの景色。まるで雪国。

とその前に
真白き山と森と水の国へ!湯西川水の郷スノーパーク
DSC03199.jpg

この周辺の湯西川全体がかまくら祭となっているようです。

DSC03206.jpg

この観光センターの中は温泉施設やお土産物産となってます。
DSC03207.jpg


さらにチビッ子向け
DSC03212.jpg

吊り橋の向こうはソリで遊べる施設があります。
ソリはレンタル(有料)もあるようです。


DSC03213.jpg

DSC03219.jpg

整備中


DSC03231.jpg

小規模の美術展などもあります。
入場無料です。


湯西川水の郷スノーパーク
【湯西川 水の郷】
〒321-2601 栃木県日光市湯西川473-1
TEL 0288-98-0260
開催時間 10:00~15:00 (開催期間:1/28~3/5)
長い雪のすべり台でのそり滑り、大きなかまくらなど、街では体験出来ない雪遊びを沢山ご用意しています!
入場料:大人800円、子供500円
※そり遊び、水の郷温泉入浴料が込みでお得です。


それでは平家の里
かまくら祭りメイン会場へ移動してみます。
DSC03196.jpg

ここがメイン会場のようです。
平家の里で行われてます。


DSC03119.jpg

入場券を購入し、中へ入ります。

DSC03126.jpg

この茅葺屋根から滴るつらら。。
極寒ですね。

DSC03139.jpg

雪景色の中に茅葺屋根の昔ながらの建物が並んでいます。


DSC03132.jpg

中は当時の暮らしを再現した展示物が並んでいます。
平安時代後期から鎌倉時代初期。
平家落人の安住伝説の地として開けた里のようです。


DSC03186.JPG

これがかまくらですね。
かなり大きく作られているので大人でも入れます。


DSC03147.jpg

かまくらの中で平家鍋やバーベキューなど頂く事が出来るようです。
人気なので要予約です。

DSC03182.jpg


DSC03178.jpg

赤間神社

DSC03163.jpg

湯西川温泉の郷土料理
ばんだい餅を頂いてみます。


DSC03166.jpg

餅ですがもち米ではなくうるち米を使用しただんごの様な見た目です。
甘味噌に焼いた香ばしさも加味された郷土料理らしい美味さを持ってました。


DSC03179.jpg

助手のセリナのご満悦。
ってフルート?(^_^.)

平家の里メイン会場 【平家の里】 栃木県日光市湯西川1042

■時間  9:00~21:00 ※正門は16:00~17:00まで閉門されますが、「1日利用券」をお持ちの方は、くぐり戸から自由に出入りできます。
■入場料 1日利用券:大人510円 子供250円 ナイトチケット(17:00~):大人子供とも300円
★かまくら平家鍋
■期間月27日(土)~3月4日(日)
■営業時間 昼の部:11:00~15:00 ※ラストオーダー14:00  夜の部:17:00~20:00 ※ラストオーダー19:00
■予約受付開始日 1月5日(金)10:00~受付開始
■予約受付時間 10:00~16:00
■予約電話番号 0288-25-5311
■料金 1,000円/1人前(2人前より受付)+かまくら使用料(1棟800円・45分間)
★琵琶演奏や民話の語り部などのイベントの開催
■日時 1月27日(土)~3月4日(日)の水・木曜日 14:00~・19:00~

日光宇都宮道路今市ICから国道121号・県道249号経由で約70分
※スタッドレスタイヤ装着かチェーンを必ず持参してください。
 (雪が多い日は除雪車が出動しますが、路面の雪を全て取り除くことはできません。)


今回はスノーパークとメイン会場に行きましたが期間中は下記の会場でかまくらまつりが開催されてます。
興味あるか方は自分のスタイル合わせて選んで行ってみると良いと思います。

☃沢口河川敷ミニかまくら会場:
■開催期間 1月27日(土)~3月4日(日)※毎週水・木曜日はお休み
■点灯時間  17:30~21:00

 ☃沢口会場(かまくらバーベキュー会場):
■開催期間 1月27日(土)~3月4日(日)※毎週木曜日はお休み ※水曜日の営業は16:00まで
★かまくらバーベキュー
■予約受付開始日 1月8日(月)10:00~受付開始
■予約受付時間 10:00~15:00
■予約電話番号 070-2612-9215
■営業時間 11:00~16:00 ※ラストオーダー15:00
■料金 1,500円/1人前(2人前より受付)+かまくらバーベキュー使用料(1棟1,500円・50分間)
★ちびっこすべり台
■営業時間 10:00~16:00
■そりレンタル代 200円
★縁日風出店
■営業時間 10:00~21:00
■内容 焼きそばや焼き鳥、干ひ葉ば汁じるや甘酒等の販売。
★ゴスペルコンサート(ヒロズマスクワイア)
■日時 2月24日(土)20:00~
 
 ☃平家慈光寺会場:
★あったかセット(平家そば志おや)
■期間 1月27日(土)~3月3日(土)の金・土曜日営業
■営業時間 16:30~19:00
■内容 通常蕎麦メニュー+そばがきの甘味セット(950円~/1人前)
★慈光寺ライトアップ
■期間 1月27日(土)~3月4日(日)
■営業時間 17:00~21:00
■内容 雪景色の中、趣ある「慈光寺」が浮かび上がります。

    ☃今渕会場:
★あったかセット(なかや食堂)
■期間 1月27日(土)~3月4日(日)の金・土・日・祝日営業
■営業時間 17:30~20:00
■内容 蕎麦とおにぎりのセット(700円/1人前)
★イルミネーション
■期間 1月27日(土)~3月4日(日)
■営業時間 17:00~21:30
■内容 世界の中、LEDの光が揺らめきます。

 ☃プチかまくらとぼんぼりと雪だるまいろいろ街道:
★ライトアップ
■期間 1月27日(土)~3月4日(日)18:00~21:00
■場所 湯平温泉街



2018年2月13日

奥日光で行われてる雪まつりに行ってきました。
毎年開かれてるようですが、今年は初めて来てみました。

開催場所は奥日光湯元温泉元になります。
詳細は最後に載せておきます。

DSC03245.jpg

この鳥居を見ると奥日光に来たなぁ~
ってなります。


夕暮れに来ましたが、半端なく寒いです。
DSC03249.jpg

中禅寺湖ですが、のんびり見ていられず・・
あまりの寒さに凍えそうになります。
氷点下6℃ぐらいでしょうか?

少々吹雪いてるので体感的にはもっと寒く感じます。


でもなぜ?
夕方から来たのか?
実はこのまつりは夜のライトアップがあるんです。
DSC03282p.jpg


●雪灯里(ゆきあかり)
日本夜景遺産「ライトアップ夜景遺産」認定イベント。約800個ものミニかまくらに灯りをともす雪灯里。
冬の静寂の中に雪と光が織りなす幻想的な世界が広がります。
開催期間:2018年2月9日(金)~15日(木)
開催場所:湯元園地


DSC03272.jpg

DSC03284.jpg

レインボーライト?

DSC03263.jpg

かまくらの中は比較的寒さを凌げます。
風を遮る事が出来るだけでも全然違います。

凍てつく寒さの中でも皆さん足を運んでるのはもう一つあるからです。
DSC03286.jpg

●第12回全日本氷彫刻奥日光大会 期間:2018年1月31日(水)から氷が溶けるまで(約2週間) 開催場所:日光湯元温泉湖畔ひろば ※1月30日(火)氷彫刻開始 ※期間中ライトアップ日没~21:00まで
 


DSC03289.jpg

沢山のかまくらの中がライトアップされてます。
この光色は都度変化します。


氷彫刻
DSC03300.jpg

全国有名ホテル、食品会社のコックさんや彫刻士達が彫刻する高さ2メートルの力作を、大きなカマクラの中に約10基展示する幻想的な世界。


全部は載せきれませんので一部
DSC03304.jpg


DSC03303.jpg

これは僅かな期間限定となります。
なぜなら・・
溶けてしまうから・・汗
期間は溶けるまでとなってますが
大体2018年1月30日(火)〜2018年2月13日(火)のようです。


入場料は無料なのがとても嬉しい。
一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
渾身の彫刻と奥日光の次元の違う寒さが体感できますよ~(^_-)-☆

DSC03307.jpg


イベント名
奥日光湯元温泉雪まつり2018 第12回全日本氷彫刻奥日光大会
開催期間
2018年1月30日(火)〜2018年2月13日(火)
1月30日(火)午後から制作開始 1月31日(水)~氷が解けるまで(約2週間)展示予定 ※ライトアップは日没~22:00まで、日中も展示
開催場所
奥日光湯元温泉
住所 栃木県日光市湯元2519
アクセス
[公共交通]JR・東武日光駅より東武バス「湖畔前」下車
駐車場 あり 50台 

お問い合わせ
0288-62-2570 奥日光湯元温泉旅館協同組合


2018年2月12日
2018年2月 4日
2018年1月30日
2018年1月21日
2018年1月 6日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集