海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 徳島特派員ブログ > 眉の山と書いて「びざん」と読む

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/徳島特派員ブログ かおり

日本国内・徳島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 7日

眉の山と書いて「びざん」と読む


メール プリント もっと見る

眉の山と書いて「びざん」と読む

こんにちは、徳島特派員のかおりです。

今回は、山のお話です。
徳島市の景観を代表する山、眉山。
なぜ眉の山なのか。
どの方向から眺めても眉の形に見えることから、その名がついたと言われています。

さだまさしさん小説、松嶋菜々子さん主演で映画化されたので、ご存知の方も多いと思います。
私はそういう映画があることはなんとなく知っていましたが、徳島の映画とは知りませんでした。
徳島に来てから映画を見ました。

山頂まで277mという低い山なのですが、美しいです。
DSC_0125.JPG


家のベランダから、眉山と夕焼け。
贅沢でしょう?
DSC_0005.JPG


こちらも家からの眉山。
様々な表情を見せてくれる山です。
DSC_1201.JPG

DSC_1121.JPG

DSC_1145.JPG


眉山に登るには、
1. 車
2. 登山
3. ロープウェイ の3種類があります。
2の登山は、子供の幼稚園で登山がありましたので、園児でも登れるようです。
我が子は前日に大怪我をしたため、みんなが登って来るのを山頂で待っていただけで、登ってはいないのですが。
おすすめは、3のロープウェイです。
これはまた詳しく記事にしたいと思います。

山は高けりゃいいってもんじゃないんです。
低くても美しい山もあるんです。

皆様、よい週末をお過ごし下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年7月 7日
« 前の記事「紫陽花、見に行きませんか?」へ
»次の記事「7/24は「とくしま藍の日」です」 へ
おすすめ記事
    徳島特派員 新着記事
    古代蓮に遠い昔の想いを馳せる
    7/24は「とくしま藍の日」です
    眉の山と書いて「びざん」と読む
    紫陽花、見に行きませんか?
    ヤットサー、徳島と言えば阿波踊り

    四国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■徳島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    三宅島与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大阪宮古島富山山形広島徳島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福島種子島能登金沢釧路長崎長野青森鹿児島