海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/トリノ特派員ブログ

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_6184.JPG


ピエモンテ州には欠かせない郷土特産品トリュフにワイン!
2017年は、年間を通して雨が少なかったため、ワインの原料であるブドウ同様、実はトリュフも極貴重な存在となりました。


image1 (2).JPG


ピエモンテ州では、この時期 世界ユネスコ遺産にも認定されているGrinzane Cavour (グリンツァーネ カヴール)城にて、トリュフとアルバワインの勲章が該当者に贈られます。
Festa dell’ amicizia (フェスタ デル アミチッツィア)友好(親善)祭りと題され、クーネオ県のお隣にあるアスティ県在住の2人が表彰されました。


image3 (2).JPG


実は、そのうちの1人に選出していただき授賞式へ行って参りました。
“ITAPONESE!!” イタポネーゼ(イタリア+ジャポネーゼ)という私が作った造語が会場内に響き渡ります!
アンティークな100年前のお着物を着つけて頂き出席です。


IMG_0320 (1).JPG


ピエモンテ州のトリュフ、ワインを通じ、イタリアと日本の更なる架け橋となるようカヴァリエーレ勲章を授与。
洗礼(命名)式では、今年は極々貴重なクーネオ産の白トリュフと赤ワインの王様 バローロ 2008でお浄め。

IMG_0009.JPG


親善祭りということで、アペリティーボの後は、大好きなバーニャカウダが用意されました。


image4.JPG


よだれかけも特注です。このお城の主であったカヴール伯爵像にもご注目!


IMG_6182.JPG


この勲章は、大変名誉なことで、しかも我々が結婚式を挙げたお城での授与式。
今年で、15年目となるフードスタイリストという仕事へのよい節目そして新たなスタートとなりました。
今後とも精進して参ります。日本とイタリアの更なる親善が生まれますようこちらではピエモンテ州の旬の情報を綴って参りたいと思います。どうぞお楽しみに☆



2017年12月11日

IMG_5731.JPG


バーニャカウダにつきましては、ニュース&レポートで詳しく解説いたしました。
その中で、昔はオリーブオイルの代わりにヘーゼルナッツやクルミオイルが使われていたこともお伝えしました。

そこで今回は、イタリア料理学会にて登録されているオフィシャルなバーニャカウダレシピをご紹介します。


IMG_5674.JPG


バーニャカウダに限らず、イタリアに存在する郷土料理を守ろうという意図から、信頼性が高く、伝承するべきと判断されたレシピを登録するシステムがあります。そのイタリア料理学会のオフィシャルなバーニャカウダレシピをアスティ バーニャカウダ実行委員会の一員として日本の皆様にも公開いたします。


【材料】12人分

にんにく        12 玉
アンチョビ      600 g
EVオリーブオイル    6 カップ     
*EVO(エキストラ ヴァージン オリーブオイル) の実際のレシピ表記では、イタリアらしく?!
ワイングラス 6杯分 とのこと。そして、可能であれば、小カップ1杯分のクルミオイルをプラスする。と記載されています。


【作り方】

1、にんにくは、皮を剥き、薄切りにする。(芽は取り除く。)
2、陶器のお鍋に、にんにくと1カップのオリーブオイルを加え弱火にかける。
(木のスプーンで優しくかき混ぜながら色づかないよう注意する。)
3、アンチョビは、塩、骨を取り除き、赤ワインで洗ったあと、水分をよく拭き取り、2へ加える。(フライにならないように注意する。)
4、残りのオイルを加え、弱火で全体をゆっくりと混ぜ合わせる。(約30分)
(まろやかな仕上がりを好む方は、出来上がりのバーニャカウダに、できたてのバターを極少量加えてもよい。)
5、テッラコッタの専用容器にバーニャカウダを加え、下からキャンドルの炎で温めながら野菜にディップしていただく。


こちらが本家バーニャカウダレシピ。実際のバーニャカウダレシピは、現代風に、にんにくなしのバーニャカウダやその他いろいろアレンジ可能ですが、こちらがカッコ内に添えた注意事項も加え、オフィシャルなレシピとなっております。

みなさんも寒い冬にはお家でバーニャカウダを作ってみてはいかがでしょうか?


2017年12月 9日

BC6.JPG


気温がマイナスの世界に突入したピエモンテ州で、是非食べていただきたい料理。
それは、ズバリ Bagna cauda (バーニャカウダ)!
バーニャカウダにまつわる秘話は、ニュース&レポートをご覧くださいませ。
今回は、バーニャカウダに必須のお野菜について、ご紹介したいと思います。


IMG_5787.JPG 


バーニャカウダにオフィシャルレシピがあるのはご存知ですか?
(次回は、オフィシャルレシピをご紹介しますよー。)


IMG_5685.JPG


旬野菜が主役のバーニャカウダ。
まずは生野菜から。

ニッツァ産の カルド ゴッボ! これがなくては始まりません。


IMG_5629.JPG


Topinambur (トピナンブール)菊芋です。これも必須!
(私の大好物な冬野菜のひとつ。お上品に設えてみたりして。)

その他、キャベツ、フィノッキオ(ういきょう)、ペペローニ(パプリカ)、チポロッティ(葉玉ねぎ)、スカローラ(チコリの仲間。葉野菜)


IMG_5723.JPG


温野菜としては、
茹でたじゃがいも、バルバビエートラ(ビーツ)。
玉ねぎ、パプリカはオーブンで焼き、皮を剥いたものを。


基本的には、その土地で採れた新鮮な野菜を使い、アレンジはシェフの意向によってバラエティーに富みます。新鮮で、色とりどりの野菜をたくさん摂取できるバーニャカウダは、健康を気遣う方にも理想的。地元の赤ワイン バルベーラと共に会話が弾みます。

日本では、バーニャカウダソースに生クリームやバターを大量に入れるお店もあるそうですが、本場のバーニャカウダはヘルシーそのもの。エキストラヴァージン オリーブオイルがメインです。少しこってりしているな。という場合は、ヘーゼルナッツやクルミオイル入りの場合がほとんどです。隠し味として仕上げにできたてのバターをほんの少し入れるお店もあります。

寒い冬には、ピエモンテ州で本場のバーニャカウダを是非ご賞味くださいませ。



2017年12月 6日
2017年11月16日
2017年11月13日
2017年11月10日
2017年11月 8日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トリノ特派員

    トリノ特派員
    YUCA
    ピエモンテ州 アスティ在住。
    製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集