海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トリノ特派員ブログ > プリマベーラ(春)到来!ピエモンテ州のベストシーズ...

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月27日

プリマベーラ(春)到来!ピエモンテ州のベストシーズンは?


メール プリント もっと見る

プリマベーラ(春)到来!ピエモンテ州のベストシーズンは?

ASTI 晴れ.JPGのサムネイル画像

北イタリアにあるピエモンテ州では、3月頃からようやく厳しい冬の峠は超えたかな?
と思われる春うららな日を感じることができる。
日中は、3月上旬であっても気温が20℃まで上昇する日も最近では珍しくない。

この時期は、下着にあったか素材のものを着こんでいると暑くても脱げない!という事態に陥るので注意が必要だ。
メインのコートとは別に薄手のダウンジャケット等を1枚持参しておくと役に立つ。
当日の天気予報や、ご自身の行程(屋外?もしくは室内メイン? 夕食前に一度ホテルへ戻る?戻らない?など。)
により調整するとよいだろう。


RIMG0091.JPG

一方、4月、5月であっても油断は禁物。あらあら。冬に逆戻り??という日を挟むこともあるので
気をつけなければならない。うっかり薄着をしていて風邪をひいた。ということもよくある話。


加えて、夏場であっても、朝晩や雨の日は冷え込むこともあるのでピエモンテ州へご旅行の際には、
1枚ウインドブレーカーやカーディガンなど軽くサッと羽織れるものを持参しておくと安心だ。


食祭2 .JPGのサムネイル画像


旅の目的は人により様々だが、私が思うピエモンテ州のベストシーズンは、春と秋。
やはり美食の町が連なることもあり豊潤な秋は外せない。楽しい収穫祭や食祭が目白押しとなる。


IMG_0005.JPG


そして春は、厳しい冬から解放され、控えめなピエモンテ人だって本来の陽気さを取り戻し、町に笑顔があふれる。
パスクワ(イースター)と呼ばれる復活祭や、早い人は夏のヴァカンスの予定を立て始める時期だ。


お店のショーウインドーも春の訪れとともに華やかになり、メルカート(市場)も冬野菜から春・夏野菜へと、
元気がでるビタミンカラーへ移行する時期でもある。寂しげだったワイン畑だって新緑のパワーが宿る頃だ。


IMG_0043.JPG

年中常夏の国に住む姉家族がとっても羨ましい反面、四季のある国だからこそ味わえる旬の味覚、
草木の移り変わりを彼らの分も楽しむことにしている。

この地域には欠かせない深い霧に包まれる秋、そして過酷な冬があるからこそ爽快の青空を見るだけで、
ふと口元がほころび幸せな気持ちになれる。
自然の恵みに感謝!

大自然と美食の宝庫ピエモンテ州へどうぞお越しくださいませ♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 天気・気候・気温
2017年3月27日
« 前の記事「アスティ 1925年から続く食の台所!室内メルカートも必見」へ
»次の記事「トリノ発! スローファーストフードって?素材にこだわる ハンバーガー屋さん 3選」 へ
おすすめ記事
    トリノ特派員 新着記事
    リグーリア州のアンチョビ祭り
    ユネスコ無形文化遺産 地中海式ライフスタイルを楽しもう!
    ピエモンテ発! 世界遺産の葡萄畑でホームパーティー♪
    50番目のユネスコ世界遺産: ピエモンテの葡萄畑の景観 ♪
    七夕の夜 ワイングラスを片手に中世のお城で星に願いを☆
    イタリアの朝は、Buongiorno (ブオンジョールノー)から始めよう!
    ピエモンテ州 郷土料理の祭典 @ MONCALVO
    ピエモンテ郷土料理紀行! Vitello Tonnato

    イタリア ツアー最安値


    2017/8/23更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トリノ特派員

      トリノ特派員
      YUCA
      ピエモンテ州 アスティ在住。
      製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集