海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カナダ/トロント特派員ブログ

カナダ/トロント特派員ブログ H@NA

カナダ・トロント特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは!今年の冬は、大雪や寒さが際立っていますが、皆様、体調を崩されたりしていませんか。私は風邪を引かないよう、重ね着をしたり温かいものを飲んだりして、体を冷やさないよう心がけています。寒い日はホットチョコレートもいいですね。ホットチョコレートを飲むと、体が温まるだけでなく、記憶力の向上や心臓病病の予防、また、ストレスや不安を解消したり、抗うつ効果もあるそうです。ただし、砂糖の入れ過ぎには注意しなくてはいけませんが…。


さて、チョコレートといえば、今日は「バレンタインデー」ですね。日本では、主に女性から男性にチョコレートやプレゼントを渡したり、友だち同士でチョコレートを交換し合ったりする日、という印象です。私もかつては「義理チョコ」や「本命チョコ」、「友チョコ」など、日本式バレンタインを楽しんだ一人です。


01. DSC04051.JPG

ここカナダのバレンタインデーはどうかと言いますと、やはり「チョコレート」はバレンタインデーには欠かせないギフトとなっています。そのため、この時期はデパートやスーパー、ダララマ(カナダ式100円均一のお店で、商品は基本的には1ドル前後です)など、いろいろな場所でチョコレートが売られています。ただし、欧米では「男性から女性」へ贈り物を送るのが一般的です。また、カナダでは同性愛者の結婚も認められていますので、同性同士でバレンタインを祝うカップルも多いと思います。


02. DSC04107.JPG

その他、定番のバレンタインデーの贈り物と言えば「バラの花」です。バレンタインデーには、写真のようなバラの花束が沢山売られていて、道行く男性の多くが赤いバラの花束を手に歩いているのをよく見かけます。日本人男性からすれば、「深紅のバラの花束を持って歩くのはちょっとハードルが高い」と思われるかもしれません。けれども、カナダ人はさも自然にバラを持って歩いています。


ここまで読まれた皆様は、「カナダ人はさぞロマンチックにバレンタインデーをお祝いするのでしょうね」と思われたかと思います。けれども、地元のニュース記事によると、カナダ人カップルの5人の内4人は「(チョコレートや花束などは)単なる企業のバレンタイン商戦に過ぎない」と思っているものの、4分の3は「とりあえず、バレンタインデーは祝う」そうです。また、既婚者や恋人のいる62%の人たちは、バレンタインは「お金と時間の無駄」と答えたそうです。意外と現実的というか、シビアな意見ですね。


03. DSC07585.JPG

地元トロントのメディアでは、「今からでも間に合う、バレンタインデーに最適なプレゼント」として、メッセージカードを挙げていました。この日はいつも以上に愛情一杯の手料理を作り、パートナーへの日頃の感謝の気持ちをカードに綴って渡す。高級なレストランでの食事やブランド品のプレゼントも良いですが、高価な物でなくとも気持ちの伝え方はいろいろありますよね。いかがでしょうか。カナダ式の「自然体なバレンタインデー」の過ごし方も素敵だと思いませんか。そこに赤いバラの花が1輪あれば、特別なバレンタインデーに彩を添えること間違いなしですが。


03. IMG_20180213_144347.jpg


2018年2月14日

こんにちは。
今年は、カナダだけでなく様々な国や地域で寒波の影響を受け、気温がかなり下回ったり、大雪に見舞われたりした所も多いですね。カナダも、この冬はいつも以上に寒く、積雪量も多いです。こちらでは、毎年4月半ば過ぎ頃まで寒さが続き、雪も降ります。冬の期間が長いカナダですが、悪いことばかりではなく、冬ならではの「絶景」を楽しむことができます。


トロントに観光に来られる方が、トロント観光とセットで必ず訪れる場所といえば「ナイアガラの滝」です。ナイアガラの滝の目の前のホテルに宿泊される方や、トロントから日帰り観光される方、アメリカ観光の前後に行かれる方など、観光ルートは様々。ナイアガラの滝の観光ピークは何と言っても夏ですが、冬のナイアガラもなかなか見ごたえがありますので、今回は「冬のナイアガラの滝」をご紹介したいと思います。


01. DSC07544.JPG
こちらはアメリカ滝(American Falls)で、落差58m、幅330mあるそうです。アメリカ滝の右側には、ブライダルベール滝(Bridal Veil Falls)があり、アメリカ側からは風の洞窟(Cave of the Winds)というアトラクションで、歩いてこの滝の近くまで行くことができるそうです。ポンチョを来ても、かなり濡れることは必須ですが、夏にはちょうど良いかもしれません。


02. DSC07563.JPG
こちらはホースシュー滝(Horseshoe Falls)、通称カナダ滝です。ホースシューというのは、馬の蹄につける「蹄鉄」のことで、カナダ滝がU字型のホースシューに似ていることから名付けられました。落差56m、幅675m、滝壺の深さ55mあり、滝の高さ自体はあまり高くないものの、幅が広く、単独で流れる滝の水量では北米で最も規模が大きいそうです。これぞ「ナイアガラの滝」という感じです。


03. DSC07559.JPG
ナイアガラの滝の近くは水しぶきが多く、晴れている日は大抵「虹」を見ることができます。私がナイアガラの滝を訪れた時は、写真のような2重の虹を見ることが出来ました。


ナイアガラの滝で人気の遊覧船「ホーンブロワーナイアガラクルーズ」(旧:霧の乙女号)は、冬季の間は運航しておらず、今年は3月28日から11月30日まで運行する予定です。迫力ある滝を間近で見たいという方は、「ジャーニービハインドザフォールズ」というアトラクションに参加すれば、滝を裏側から見ることができます。こちらは通年ですので、冬でも参加できます。


いかがでしたでしょうか。
この冬は一段と寒さが厳しいですが、だからこそまた一味違った極寒のナイアガラの滝を楽しむことができます。但し、お出かけの際はくれぐれも風邪をひかないよう、暖かくして観光をお楽しみください。


2018年1月29日

こんにちは。先週、日本では大雪の影響で、JR信越線(新潟)の電車が立ち往生したというニュースを聞きました。トロントでは、電車が立ち往生する程の積雪はありませんでしたが、1日で気温が10℃からマイナス11℃に急降下するという日がありました。その後もマイナス10℃前後の日々が続いています。そんな寒いトロントですが、胃袋から温まるイベントがあります。その名は「ウィンターリシャス」です。


02. pic.jpg

ウィンターリシャスとは
ウィンターリシャス(Winterlicious)は、英語でWinter(冬)とDelicious(美味しい)から作られた造語で、毎年トロントで開かれる冬のグルメイベントです。人気のレストランが200店舗以上参加し、前菜、メイン、デザートというプリフィクスメニューがお値打ち価格で味わえます。ちなみに、夏にも同様のイベントがあり、こちらはサマーリシャス(Summerlicious)と呼ばれています。


03. pic.jpg

イベント期間
2018年のウィンターリシャスは、1月26日(金)から2月8日(木)まで。ランチは$23、$28、$33、ディナーは$33、$43、$53という3つの価格帯があり、レストランにより異なります。参加レストランとメニューは
オフィシャルサイトからご確認いただけます。


04. pic.jpg

予約方法
基本的には直接レストランに電話で予約をします。中には、オンラインで予約が出来るお店もあります。地元トロントニアンに人気のこのイベント。週末の夜ともなると、人気のレストランは予約が一杯になることが予想されますので、早めに予約をされることをお勧めします。


2018年1月19日
2018年1月 8日
2017年12月29日
2017年12月26日
2017年12月21日
⇒すべての記事を見る

カナダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • トロント特派員

    トロント特派員
    H@NA
    マレーシア生まれカナダ育ちの夫と共に、2011年からトロントに移住。留学カウンセラーとして、カナダに留学やワーホリで来た日本人への生活アドバイスや、日本語教師としてカナダ人への日本語教育に従事した経験あり。趣味は食べ歩き。現在は、主婦ブロガーとして、レストランやカフェ巡りをしながら、のんびりカナダ生活を満喫中。詳しくはこちらDISQUS ID @disqus_Lq2OoqX9YT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集