海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.111フランスの子供はみんな大好き!Cara...

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月13日

No.111フランスの子供はみんな大好き!Carambar(カランバール)の魅力。


メール プリント もっと見る

No.111フランスの子供はみんな大好き!Carambar(カランバール)の魅力。

111-1.jpg


 フランスの子供、もしかしたら、大人も、みーんなつい手が出てしまうおやつといえば、Carambar(カランバール)!棒状のキャラメルを想像してもらうといいでしょう。現在売られているものは、基本8センチで8グラム。


111-2.JPG


なんと年間10億本が消費される人気です。

 元祖のキャラメル味が売り出されたのは、1954年。ここフランス・ノール県のMarcq-en-Baroeul(マルカンバロル)が誕生の地です。マルカンバロルは、リール市のすぐ北に位置する町で、閑静な住宅街が多いことで知られています。

111-3.JPG

カランバール工場。
このトラックの中にはキャラメルが一杯詰まってる?!


 カランバールという名前は、Caramel(キャラメル)+ barre(バール)、つまり、キャラメル+棒を組み合わせた鞄語です。ちなみに、「鞄語」は二つの単語がくっついて出来た言葉で、有名なものには、ブランチ(ブレックファーストとランチの鞄語)などがあります。


 上述したように、最初はキャラメル味でしたが、その後ヴァリエーションが増えて、今では、いろんな果物のフレーバーや、コーラフレーバー、ソーダフレーバーなど、種類も豊富です。

111-4.jpg


 カランバールを語るのに忘れてならないのは、その「ジョーク」。1969年に始まったもので、包み紙の内側に、必ずジョークが書いてあるのです。たわいない言葉遊びともいえますが、同じものにはなかなかあたらないくらい多くの種類があり、子供たちはカランバールを口に入れる暇も惜しんで、夢中で読むのが常。

111-5.JPG

  • 「Q:美容院に、火がついたろうそくがないのはなぜ?
  •  A:メッシュ(髪の房も意味すれば、ろうそくの灯心も意味する)を切っちゃったから。」
  • 「Q:一番女性的な果物はなに?
  • A:ラナナ。(La nanaは女の子。L'ananasは、同じ発音でパイナップルのこと)。」


 「Blague Carambar」(カランバール・ジョーク)というと、「まずいジョーク」を意味するほど、ポピュラーな用語です。日本で言う「おやじギャグ」のようなイメージでしょうか。

 でも、そうは言いつつ、カランバール・ジョークのファンは多く、それを証拠に、カランバール・ジョークを集めた日めくりカレンダーが人気だったりします。

111-6.JPG

カランバールジョークの日めくり


 丁度2年前の2013年3月21日に、カランバール・ジョークを終わりにするという発表がありました。このニュースはフランス国内の全メディアで流され、驚くほどの反響を呼びました。多くのフランス人がこの決定に反対し、署名運動を呼びかける動きさえ現われたのです。


 ところが、この発表は実はカランバールの「ジョーク」でした。


 4日後発表されたこの真相に、みんな胸をなでおろしました。
「今年一番のジョークだった!」という声もあり、カランバールへのフランス人の愛を感じたものです。


 その時の様子についてはこちらのヴィデオで見られます。


 マルカンバロルには、今もカランバールの工場があり、甘い匂いを周りに振りまいています。ただ残念なことに、この会社は2010年にアメリカのモンデリーズ・インターナショナル・グループに買収されたそうです。

111-7.JPG

カランバールの旗の後ろに翻るモンデリーズ・インターナショナルの旗


 オランジーナ(No.95 )といい、フランス人のアイデンティティにつながるような商品を扱う会社が、国外の企業に買収されるのを見ると、やはり残念な気がします。


(冠ゆき)

(3月お題"子どものお菓子")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年3月13日
« 前の記事「No.110パリから消えたお祭りMi-Carême(ミ・カレム)と時期はずれのカーニヴァル情報」へ
»次の記事「No.112フランス農業コンクール2015で受賞した、北のビールたち」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.362ユートピアを形にした男:フランス、ギーズのゴダン
No.361今週末、パリを避けリルに来た方が良い理由とは?
No.360この春パリ、ギメ美術館でアジアの美を愛でる
No.359フランス・リルの公共交通機関案内
No.358フランス3月のスト情報+パリ駅閉鎖情報
No.357フランス全国で明日発売!特別エクレア3種
No.356活気の増してきたフランス・リル空港
No.355パリ空港ではピカソが無料で鑑賞できる

フランス ツアー最安値


2017/4/23更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ