海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/チロル特派員ブログ

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Servus!突然ですが、オーストリア料理で欠かせない食材といえば!?


肉?確かに!ソーセージ?それもある!チーズ!うん、よく出てくる!しかしもっと…いつも何らかの料理に形を変えて出てくる食材…。


じ ゃ が い も !!


ソテーにサラダ、ポテトフライ、Knoedelなど色々な料理に使われるじゃがいも!筆者もカレーやシチューなど日本料理を作る際に購入しますが、炒めたり煮込んだりしたら形が崩れてしまったり、サラダやマッシュポテトを作ろうと茹でて潰そうとしたら全く崩れないということがあったんです。そう、こちらでは料理によってじゃがいもの名前が違うんです。そこで今回はオーストリアでじゃがいもを買う際に判断すべき品種の違いをご紹介します。


我が家で隣の農家から買っているじゃがいも1袋につき20kg。畑作業をしていたトラクターに乗せてそのまま畑を乗り越えて「じゃがいもだぞーー!」と土をまき散らしながら我が家の駐車場へ勢いよく突入して届けてくれました。ダイナミックすぎる。


IMG_9471.JPG





さて、それでは主にこちらで見かけるじゃがいもの種類を…。



◆Vorwiegend festkochend◆


IMG_7136.JPG


あまり煮くずれしないじゃがいも。袋にはどの料理に適しているかも書かれていたりするので目安にするといいかも。


IMG_7135.JPG


炒め物や揚げ物、じゃがいも団子のKnoedelに向いているようです。日本料理だとほどほどに煮崩れたじゃがいもが好みならカレーや肉じゃがなどに使えますね。


◆Festkochend◆


IMG_0747.JPG


写真ではSpeckigeと大きく書かれていますが、これはFestkochendと同じ。これは煮崩れしないじゃがいもです。


IMG_0748.JPG


これはオーストリア風ポテトサラダ(潰さずに一口大に切って酢を和えるので崩れないタイプが適しています)、炒め物、ソテーなどにぴったり。Vorwiegend festkochendのじゃがいもに適している料理も作れるので全く崩れないか程よく崩れた方のどちらが好きかで決めると良いですね。ただしこれでマッシュポテトや日本風のポテトサラダを作ろうとすると大変なのでこれらを作る時は最後に紹介するじゃがいもを使うと簡単です。


◆mehlig kochend◆


IMG_0814.JPG


püreeとも書かれていますが、その名からも想像が付くようにこれは煮崩れするタイプ。
マッシュポテト、ニョッキ、スープ、Knödel、ポテトフライなど…。日本風ポテトサラダ、コロッケ、グラタンもこちらのじゃがいもがぴったり!これで炒め物を作るとちょっとぐちゃぐちゃになってしまうので完全に崩す必要がある料理を作る以外なら始めのVorwiegend festkochendが無難ではないでしょうか。


いかがですか?ちょっと思ったようにいかないなという時はもしかしたらじゃがいもがその料理に適していないのかも?今回の記事が皆様のより良いオーストリア料理、日本料理を作る際の参考になれば幸いです!



2019年1月21日

Servus!2019年最初のブログとなりますが、皆様今年度もよろしくお願いします。
さて、今回は年明けにふさわしくお正月はオーストリアの我が家ではどう過ごしていたかをご紹介したいと思います。


日本ではお正月はおせち!年越しそば!紅白歌合戦!そして福袋!などなど色々な楽しみ満載な期間ではないでしょうか(筆者は日本にいる間はほぼ寝正月でしたが・笑)対してこちらオーストリアは元旦もそんなに特別感もなくあっさり過ぎます。


その前のクリスマスはあんなに全力で準備して聖書を読んだり歌をうたったりプレゼント交換で盛り上がったりしたのにどうした?みんなクリスマスで燃え尽きたの?と思うほど淡々と過ぎます(笑)


スーパーのハム売り場にあった新年の縁起物である豚とクローバーのハム。

IMG_0677.JPG


キリスト教の国なのでクリスマスが1年のメインといっても過言ではないにしろ、日本人の筆者にとってはちょっと寂しく感じるこちらのお正月。ただしだからといって全くお祝いしないというわけではありません。何をするのかというと、


ひ た す ら 花 火 。


大晦日から新年へと日付が変わる瞬間町中で花火を打ち上げるんです。これがオーストリアの新年の過ごし方!


正 直 う る さ い 。


この花火の騒音がペットや赤ちゃんに良くないと注意喚起も出されるほど。


我が家の近所にはせっかちな人がいたのでしょう、去年のクリスマスの頃から夜になるとバンバン花火を打ち上げていてそれが新年まで続きました。どれほど花火を買い込んでるんだ、こんなに打ち上げて新年まで花火が残ってるのかと見知らぬ人の花火事情の心配をしたほどです。


さて、そんなこんなで迎えた2019年、筆者は自宅で花火を見ていました(うるさいと思いつつも恒例なので・笑)


Frohes neues Jahr!(あけましておめでとう)


IMG_20190101_000128.jpg


ちなみに31日の大晦日によく交わされる挨拶はguten rutschとかEinen guten Rutsch ins neue Jahr。良いお年をという意味でRutschが滑るという意味なので、新年へ良い滑り込みを!という感じになるんですね(しかし受験生にはRutschは使いたくない言葉ですね)


Screenshot_20190101-002412.jpg


こうして見ていると花火で新年を迎えるのもいいなぁと思いますが、この花火は大体夜中の2時から3時まで打ち上げる粘り強い人が中にはいるのでそうなると再びただの騒音へ戻ります。


そんな花火の音を聞きつつ寝て起きた元旦。クリスマス同様この日は家族が集まる日。我が家の元旦の食事はこちら。


縁起物のテントウムシ、きのこ、クローバー…

IMG_0706.JPG


そして豚!


IMG_0707.JPG


Weihrauchというクリスマスから新年にかけて焚かれるお香(日本語だと乳香)も焚きます。


IMG_0711.JPG


IMG_0710.JPG


こうしてあとは散歩をしたり家族団らんをしてお正月は終了。クリスマスと比べるとあっさりしたものです。日常に戻るのも早くて2日からオーストリアは仕事始めです。あぁぁ…日本で過ごしたい…と思うのもこの日(笑)


いかがでしたか?新年の過ごし方や食事は同じオーストリアでも地域によっても違うかと思いますが、花火を打ち上げるのは同じ。来年はオーストリアで新年を過ごしてみるのもいいかも!?





うるさかったのはこれか!と思った翌日ゴミ箱に捨てられていた花火の残骸。


IMG_20190105_195333.jpg



2019年1月 6日

Servus! 2019年一番のチロルでの大きな行事にファッシングがあります。チロルでのファッシングとは伝統衣装と仮面をかぶった奇妙な妖精(それとも妖怪?)達が練り歩くというもの。ファッシングは1月から各地で行われますが、チロルだと有名なのはAxams。



この仮面のカーニバルは冬を追い出して春を呼び込むお祭りでチロル地方の伝統行事です。


2.8-thumb-640x749-137485.jpg


古いディアンドルに身を包んだ仮面はほうきで冬の間に溜まったほこりを掃除していきます。


A7-small.jpg


こちらは春と冬の顔を持つ仮面。春の顔は前、そしてもうすぐ役目を終える冬の顔は体の後ろになっています。


A4-small.jpg


レーダーホーゼンを着た仮面は春の訪れを告げて喜びの踊りを舞い、参加者にウォッカを勧めて肩や背中を叩いて厄払いをしてくれます。


民俗学者によると、そもそもこのカーニバルはキリスト教が広まる以前の人々が行っていた儀式が由来で、農民にとって作物が収穫出来ない冬は厄介な季節。よって冬は悪霊であり、恵みをもたらしてくれる春は神。そこで冬の悪霊を追い出して神である春を呼び込もうとしていたのが始まり。今でこそこの時期は人々は思い思いに仮装をして楽しみますが、昔の農家にとっては死活問題。どんな手段を使ってでも冬を終わらせたかったのでしょう。そんな仮面のカーニバルは1月17日にAxamsから始まります。1月から3月にかけて行われるので興味のある方は是非参加してみては?



チロル各地の仮面のカーニバルの予定はこちらから確認出来ます。


さて、今年2018年のチロル特派員ブログはこれで最後となります。2019年も変わらずチロル地方から様々な情報を共有したいと思っているのでよろしくお願いします!それではみなさん Frohes Fest und ein gesundes neues Jahr!


2018年12月30日
2018年12月30日
2018年12月28日
2018年12月22日
2018年11月16日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • チロル特派員

    チロル特派員
    Obi
    2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集