海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/チロル特派員ブログ

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

Servus!だいぶ前にザワークラウトジュースなるものを飲んだブログを書きましたが、筆者にはまだ気になるジュースがあるんです。


それがこれ。


IMG_7841.JPG


rote rübe。日本だとビーツという名で知られている食べ物だと思います。


こちらにはビーツの酢漬けもあって、筆者はこれは好きでよく食べていたので今回は飲めるのではと思い早速買ってみました。お値段は2ユーロ近く。


IMG_7842.JPG


飲む前にちょっとrote rübeについて調べてみましたが、rote rübeには多くの鉄分が含まれていて加えてビタミンB、カリウム、葉酸、ビタミン、ミネラルもあり高血圧に効果的ではないかと言われているそうです。(参照はこちらから)


前回のザワークラウトジュースも栄養素がたくさん含まれていて味はともかくとして健康に良い飲み物でした。そしてこのrote rübeも体にメリットだらけときた!


さーて、開封してみましょう…


IMG_7844.JPG


くさっ……。


多少臭いのは覚悟はしていましたが、予想以上にrote rübeは土臭いというか生臭いというか…。 しかし今更後に退けないので飲みます…!


IMG_7843.JPG



なるほど…


何も加えられていない素材そのままの味です。


不 味 い で す 。


漬け汁そのままだったザワークラウトジュースよりきついかもしれません…。食べる時は大丈夫だったのにジュースになるとここまで不味いとは…。


これは…健康になる前に(不味さで)体調を崩す…。


美味しくしろとはいいませんが、もう少しフルーツ系が混ざるとそこそこ飲めるようになると思うんですけどね…。


いかがでしたでしょうか。写真一番上にも見えるように他にも人参やトマトやキャベツなど色々な野菜がミックスされたジュースもあるのですが、これらも恐らく素材そのままの味なんだろうと予測出来るのでまた覚悟が出来たら飲んでみようと思います・笑



2018年5月16日

Servus!オーストリアのお菓子といえばモーツァルトクーゲル…の他に忘れてはならないのがピンクがトレードマークのManner!


a4a6-0d23-4c99-93c8-caa6e885aaf4-p-thumb-640x853-104536.jpg

ご覧の通りウエハースです。


このManner、よく色々な商品とコラボしていたりするのですが、少し前からMannerのミューズリー(ナッツやドライフルーツなどを混ぜたシリアル)が発売されたんです。


コラボの例。Mannerのマックフルーリー。

6289-0ed9-4a88-be2a-47ccbc121ff7-p.jpg


そしてこちらがMannerミューズリー。


IMG_7743.JPG


これまでお店で見かけてもただでさえ美味しくて食べすぎてしまうMannerがさらに食べやすく小さくなったら余計たくさん食べてしまうなと思ったのと、何よりミューズリーがあまり好きではなかった筆者は気になりつつも食べたことがありませんでした。しかしやはり一度は食べてみたい…!Manner好きとして!


というわけで買いました。お値段は近くのスーパーで約4ユーロ。


IMG_7744.JPG


こういうのってMannerは少なめで他の具が多いんじゃないのと思っていたらサイコロ状のMannerがぎっしり入っています。


やばいぞ…気が付いたらそのままボリボリ…。



うん、美味しい!!!Manner最高!!!


いかんいかん…それでは普段のMannerと変わらないのでヨーグルトも一緒に購入。


IMG_7749.JPG


甘いMannerと合うかなと思ってチョコチップ入り。


上に乗せていただきます!


IMG_7750.JPG


小さいのもあってオリジナルより感じる甘さも控えめでヨーグルトの酸味とぴったり。


これまで同じような具のミューズリーを試してきましたが、これが一番美味しい!!!


次に合わせたのが牛乳。


IMG_7753.JPG


牛乳によっていい感じにふやけたMannerがこれまた美味しい!


IMG_7754.JPG


これまでミューズリーを買ったはいいものの、結局最後まで食べられずに期限が切れてしまった…なんてこともあった筆者ですがこのMannerミューズリーはこの調子でいくとすぐ食べきってしまいそうです…。


しかも一度食べだすと手が止まらず黙々と食べてしまうので危険…!


いかがですか?Mannerが大好きな方やオーストリアのお土産に悩んでいる方、このMannerミューズリーも候補に入れてみては?


ただし美味しさのあまり食べすぎに注意!!



2018年5月10日

Servus!オーストリアに来て不便だと思ったことの1つが宅配物の受け取り。というのも、オーストリアでは日本では当たり前のサービスである再配達が無いんです。筆者は義両親と同居しているので日中家にいなくても宅配物は代わりに受けとってもらえますが(※メールで到着する日や時間帯のお知らせは届きますが夜間配達はありません)、やはり時々誰も家にいない日もあります。以前は家に誰もいなかったからとお隣さんに届けましたと紙が入っていたことも。(でもこれって届けられた家もちょっと迷惑では…)


というわけで、こちらでは荷物を受け取れなかったら郵便局まで自分で取りに行かなければなりません。しかし仕事で帰りが遅くなると既に営業時間外ということもありますよね。そんな状況を解決(?)すべくここ数年始まったのが無人宅配ボックス。郵便局が閉まっても荷物を送ったり受け取ったりすることが出来るロッカーが設置されました。今回はその無人宅配ボックスを使って荷物の受け取りをしてきたのでご紹介します!


こちらは不在通知。


IMG_7559.JPG


1:受取人の氏名
2:差出人
3:荷物を受けとる店舗の住所
4:荷物を受けとる際に大事なバーコード


これを持って受けとり場所として記載されている郵便局へ向かいます。

宅配ボックス。中央に受付画面があるので画面をタッチ。


box2.JPG


Sendng abholenは荷物受け取り。ここをタッチ。


box3.JPG


画面左下に黒いスクリーンがありますが、そこに不在通知にあったバーコードをスキャンします。


box4.JPG


最後に画面中央の枠に直接指でサインをします。


box5.JPG


これで終わり!


あとは自動で荷物が入っているロッカーの扉が開くので受けとったら扉を閉めるだけ。


box6.JPG


どうですか?


簡単ですよね!そして便利!!


教えてもらった時は配達する側もされる側もストレスが溜まらず良いシステムだなと思わず感動!


そして何よりオーストリアより厳しい様々な条件の下で働いているであろう日本の宅配に携わる方々にも感謝の念が湧いてきます…!
もちろん日本のように夜間、時間指定、再配達などがあれば助かりますが、こんな感じにもっと日本人も楽をしてもいいのではと思ったりするのです。



2018年4月19日
2018年4月17日
2018年4月14日
2018年4月 6日
2018年3月30日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • チロル特派員

    チロル特派員
    Obi
    2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集