海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/チロル特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

Servus!こちらのブログでたびたび取り上げてきたオーストリアの炭酸飲料、アルムドゥドゥラー。現在はミントやレモンなど何種類かの味が出ていますが、最近その他に見つけたのがこの2つ。


ガラナとマテ入りのエナジードリンク。仕事で疲れていた時に思わず購入。値段はおよそ1.20ユーロ。


IMG_4360.JPG


見た目はオリジナルとほとんど変わりません。


IMG_4495.JPG


味はというと、オリジナルのアルムドゥドゥラーと比べると少し甘みが強い感じがしました。ただ、これも同様に後味はさっぱりしていて暑い今の時期にはぴったりだと思います!


そして期間限定で見つけたのがこれ。


IMG_4502.JPG


オーストリアのNÖMのヨーグルト、Fru Fruとのコラボ。

IMG_4503.JPG


Sauerとは酸っぱいという意味。酸味のあるヨーグルトということになります。


IMG_4504.JPG

色は少し黄色。少しスプーンですくってみると…。


IMG_4506.JPG

アルムドゥドゥラー味のソースが!パッケージに書かれているとおり、ヨーグルトだけだと少し酸っぱいのですがアルムドゥドゥラーのソースと一緒になるとほのかな甘みが加わってマイルドになります。


いかがですか?我が家に来るオーストリア以外のお客様も一度飲んで気に入ることが多いアルムドゥドゥラー、是非こちらに来たらオリジナル以外の商品も試してみてください!


2017年6月30日

Servus!6月もそろそろ終わりですが、今月のチロルは中旬にはfronleichnam(聖体の祝日)、下旬にはチロルだけの行事であるHerz Jesu Feuer が行われました。


まずはfronleichnam。この日はお休みなのですが、早朝5~6時に村中に銃声と教会の鐘の音が響き渡ります。これは村の人達を教会へお祈りへ行かせるため。朝にお祈りをした後は人々は神父様と一緒に村中に建てられているキリスト像やマリア像それぞれにお祈りを捧げて村を歩きます。


筆者の住むスチューバイでは行列の先頭は猟兵。お祈りをした後に毎回銃を発砲するのでその度にびっくり…。

IMG_4383.JPG


その後に神父様。


IMG_4385.JPG


行列の後ろはディアンドルやレーダーホーゼンを着た村の人達。ちなみに民族衣装を着ていなくてもこの行列には参加出来ます。たまたま遭遇した観光客も列に加わってお祈りをしているところもよく見かけました。

IMG_4379.JPG


この行列は朝8時頃から始まって終わるのはお昼頃。ひっきりなしに銃声が響くので家にいてもいつ鳴るかとびくびくしながら過ごしていました・笑


さて、その約1週間後にはチロルで行われている行事、Herz Jesu Feuerがありました。
これはイエスの心臓の火という意味ですが、この行事の由来は1796年のナポレオンによるチロル侵攻。ナポレオン軍は北イタリアでハプスブルクの軍隊を破りチロルへ進みます。当時チロルはナポレオンとの戦の準備が出来ておらず、その時出てきたのが「神頼み」 !
人々は山にイエスの象徴として心臓を掲げると誓って戦に臨みました。後のチロル独立の英雄となるアンドレアス・ホーファーもこの時の誓いを守りチロルは何度かナポレオン軍を退けました(その後降伏してチロルはバイエルン領。アンドレアス・ホーファーは処刑されます)


争いの無い平和になった現在のチロルでもイタリアの南チロルと共にこの風習を守り毎年山に心臓を表すハートや十字架が山に灯ります。

IMG_4471.JPG

ただあいにく今年は雨で唯一見えたのがこのハートと小さな十字架でした。


いかがですか?6月はこのようにキリスト教関係の行事が続きます。興味のある方は是非6月のチロルにいらして下さい!その他チロル内の行事はここからチェック出来ます!


2017年6月29日

Servus!早くも6月も下旬、こちらではバカンスで多くの人が国内、国外旅行に出かける時期ですが、日本でも夏休みを利用してこちらへの旅行を考えている方もいらっしゃると思います。そこで今回はインスブルックの治安と出歩く際の注意点をまとめてみました。


ここ最近欧州で頻発しているテロで、比較的治安が良いと言われているインスブルックでも昨年の年末はショッピングモールには銃を持った警察が巡回し、夜の町も警察が多く配備され、特に中東移民は町に立っているだけで職質を受けるというこれまでは見たことが無かった光景が目に入るようになりました。


夜のインスブルック中央駅。

IMG_1717.JPG


駅なら人もいるだろうし大丈夫だろうと思いがちですが、インスブルック中央駅は夜と早朝が最も危険です。中央駅にはイタリアの南チロルから多くの不法滞在者が国境を越えてやって来ており問題にもなっています。彼らは夜、早朝と駅のホームや人目のつかない場所に留まっていて窃盗の被害に遭う人、時には刃物を突きつけられて男女関係なく性犯罪に巻き込まれるというケースもありました。


駅前に停まっている警察車両。以前より巡回する警察も増えましたが駅内、周辺全てをカバー出来ているようには見えず…。

IMG_1722.JPG


そんなインスブルック中央駅付近にやむをえず夜、朝に行かなければならなかった場合。電車やバスを待つ際には駅前ではなく、駅の中の人目につきやすい場所に出発時間まで留まるようにしてください。

IMG_1719.JPG


もちろん他の場所よりマシというだけで中だから安全というわけではないので十分に注意してください。


そしてもう一つ。移動の際に間違えて行き先の違うバス、トラムに乗ってしまった場合。特にそれが夜だった時は安易に降りてはいけません。市内には街頭も警察の巡回もほぼ無いような治安の悪い場所があります。そのため、もし間違えて乗ってしまったらまずは運転手に自分の行きたい場所を伝えて安全に乗り換えが出来るバス停を聞いてください。もしくはタクシーの利用をおすすめします。絶対に1人で夜道を歩くような事はしないように!


どんなに治安が良いと言われていても、日本ほど気楽に1日中出歩ける場所はないと思います。せっかくの旅行を最悪な体験にしないためにも十分に気をつけてください。


2017年6月29日
2017年6月25日
2017年6月 4日
2017年5月31日
2017年5月27日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ