海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > チロル特派員ブログ > 雑?節水?オーストリア流(?)皿洗い

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月26日

雑?節水?オーストリア流(?)皿洗い


メール プリント もっと見る

雑?節水?オーストリア流(?)皿洗い

ゼアブス!


以前洗濯についてブログを書きましたが、今回もオーストリアでの家事についてです。


こちらに来てカルチャーショックを受けることは多々ありますが、一番初めにそれを体験したのが皿洗いの時。


オーストリアでは食器は食器洗浄機で洗うのが一般的ですがフライパンや鍋、その他機械に対応していない食器はもちろん手で洗うことになります。


しかしその洗う場所であるシンクが小さい!


da4b-6af6-4679-9e39-52c00ba20ee1-p.jpg


これは我が家のシンクですが、台所を作る時に一番大きいタイプを選んでこの大きさ。


大きい鍋やフライパンを洗う時ははみ出ます。


我が家は1つですが、お義母様の家の台所のシンクは2つ並んでいて、片方には洗っていない食器、そして隣には洗った食器を置くという使い方をしているようです。


そして洗い方ですが、まずシンクに水を溜めて洗剤をその中に入れて泡立てて食器を洗います。


7915-1c71-466d-94b2-7c260d084d2c-p.jpg


こうして水を溜めてそこで洗うというのも私とは違った洗い方だったので少しびっくりしましたがここでは特に問題ありません(笑)


衝撃的だったのはこの後。


大抵の日本人なら最後に水で洗剤を流すと思いますが、こちらではこの洗剤がついた食器をそのまま拭き取って終わり!


e3b6-a307-4f9f-8320-50f27b93ea49-p.jpg


抵抗がありますがここは構わず拭き取ります。


さすがに泡だらけの場合は軽く流していましたが、それでも完全に洗剤が落ちていないままの食器を拭いてそのまま棚に戻していたのにはびっくり。


これに気が付くまで皿洗いを手伝う度に何で中途半端に泡がついたまま渡してくるんだろうと思っていましたが、私が洗おうとしたところ「このまま拭いていいのよ!」と言われて忘れていたわけじゃなかったのかと...。

これは節水(?)家のお義母様だけかと思いきや他の家庭でもこの光景を目撃したのでやはりこの洗い方が一般的なのでしょうか。


初めはありえないと思っていたこの洗い方も、今では少し泡が付いていても大丈夫かとお義母様のようにそのまま拭き取るようになってしまったので慣れとは恐ろしいものです...。


ちなみにこちらの食器洗浄機ですが、3種類の洗剤が必要です。


左から洗剤、すすぎ用の洗剤、そして欠かせないのは塩。


063a-f163-4f73-8ded-444c026fe6bd-p.jpg


オーストリアは硬水で放っておくとカルキがこびりついてしまうので塩を入れないと機械が壊れてしまうのです。


蓋が開いているところには洗剤のタブレット、そしてその上にはすすぎ用の洗剤を入れます。


18e4-8f33-4433-845e-70124e49081f-p.jpg


そして塩は排水口近くに。一回にこの箱の半分近くは使います。

9857-909f-4c94-b87f-b0576039d396-p.jpg


食器洗浄機はこれで大丈夫ですが、洗浄機で洗えないような食器やポットなどにカルキがこびりついてどうしようもならなくなった場合はEssig(酢)を使います。


25cc-54c3-4015-8d06-1507444a528f-p.jpg

少しの水とこれを入れてしばらく放置してこするとカルキの塊がごっそり取れました。


これは主にポットと水道の蛇口(蛇口にもカルキがこびりつくのです...)の手入れに使っています。


私はほとんどを食器洗浄機で済ませていますが、同じ移民組の友人達はカルキ対策に手間もかかるし道具もたくさん必要、それに機械も手入れしなきゃならないなら手で洗った方が早いわ!と手洗い派。もちろん洗剤はしっかりと水で洗い流しています(笑)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年5月26日
« 前の記事「スワロフスキー本社で社食を食べる!」へ
»次の記事「ドイツ語学校とドイツ語試験について」 へ
おすすめ記事
    チロル特派員 新着記事
    夏でも注意!変わりやすいチロルの天気
    人気の「スキーの水」という名のジュースって何だ?
    インスブルック中央駅のトイレがきれいになりました!
    オーストリアで日本の夏の風物詩を発見。蚊取り線香ってドイツ語で何と言う?
    オーストリアのジュース、アルムドゥドゥラーからエナジードリンクとヨーグルトが登場
    聖体の祝日と心臓を神へ捧げる日...。6月のチロルはキリスト教の行事が続きます
    2017年インスブルックの治安状況と注意点
    難攻不落のクーフシュタイン城塞で騎士祭り!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • チロル特派員

      チロル特派員
      Obi
      2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集