海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/USAライス連合会ブログ

北米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アメリカ/USAライス連合会ブログ USAライス連合会さん

アメリカ・USAライス連合会が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは USAライス連合会です。


春の日差しが心地よい季節になりました。今日は、この季節にぴったり、春色のスティック春巻きをご紹介します。ビーツでピンクの色をつけたおコメを春巻きの具にしました。切り口から覗くピンク色が、優しくそして美味しそうです。カリフォルニアのおコメ「カルローズ」は軽い食感と冷めても美味しいのが特長。カルローズを使ったスティック春巻きを、春の行楽のお弁当の一品にどうぞ♪ 


〈ビーツとベーコンのスティックカルローズ春巻き〉
harumaki.jpg


■材料 (5人分)
カルローズ 150g   水 1カップ
にんにく 1片   バター 15g   ベーコン 40g
玉ねぎ 1/2個   ビーツ水煮 小2個(60g)
コンソメ 小さじ1   粉チーズ 大さじ1
塩・こしょう 適量   スイートバジル 適量
春巻きの皮 10枚   水溶き小麦粉 適量
揚げ油 適量


■作り方
1)にんにく、玉ねぎはみじん切りにする。ベーコンは5mmの角切りにする。
2)厚手の鍋にバターとにんにくを入れ中火にかける。
3)にんにくの香りが立ってきたら、ベーコンを炒め、続いて玉ねぎを加えて炒める。
4)玉ねぎが透き通ってきたらカルローズを加えて軽く炒める。
5)ビーツ・水・コンソメを加えてフタをし、沸騰したら弱火で15分加熱する。
6)炊いたカルローズに粉チーズを加えて混ぜて冷ます。
7)カルローズが冷めたらスイートバジルをちぎって加え、ざっくり混ぜる。
8)春巻の皮に細長くカルローズをのせて巻き、巻き終わりと端に水溶き小麦粉を塗り、しっかり閉じる。
9)揚げ油を熱し、春巻きをカラッと揚げる。冷めたら半分に斜め切りし、ワックスペーパーを巻く。


レシピ開発をお願いしたのは、フードデザイナー/食育インストラクターの神藤千穂さん。「チーズ味のカルローズピラフに、バジルでアクセントを付けました。今話題のビーツを加え、春らしい華やかな色を楽しむことができます」と、開発時のコメントをいただきました。神藤さんのインスタグラムはこちらからどうぞ。

USAライス連合会のホームページにもレシピが載っていますので、こちらもどうぞご覧ください♪


カルローズ本ブログのメニューはすべてカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
USAライス連合会
■公式サイト:http://www.usarice-jp.com/



2017年4月17日

こんにちは USAライス連合会です。


4月に入り、本格的に春の陽気になりました。桜前線もどんどん北上しています。陽気がよくなると、外に出かけたくなりますね。
京都にお住まいの方、京都に旅行に行かれる方へ
おいしいイタリアンのおBENTOを持って、ピクニックはいかがでしょうか? 手ぶらで出かけても大丈夫。お弁当のセットに、折り畳みテーブルと椅子2つも含まれているから。そんな楽しいピクニック・ランチセットを提供しているのが、京都市上京区荒神口のイタリアン惣菜カフェ「SouZai屋」さんです。


Bento_souzaiya.png
おBENTOの内容は
・えびと帆立のリゾットパエリア
・新鮮野菜サラダ 
・ミートローフ 
・お惣菜2種(日替わりです)
2名様セット価格 2,680円
※おBENTOのみ お1人様 1,080円
(詳細はお店にお問い合わせください)

リゾットパエリアには、カリフォルニアのおコメ「カルローズ」が使われています。カルローズは軽いアルデンテの食感が持ち味のおコメで、SouZai屋のオーナーシェフ北山匡彦さんは「リゾットパエリアは、カルローズを使用することにより絶妙の食感をお楽しみいただけます」と、カルローズを使う理由を語ってくださいました。

SouZai屋
about-img-main.jpg
京都市上京区河原町通り荒神口上る宮垣町80番地(上京区荒神口)
TEL:075-754-8459
営業時間 11:00 ~21:00(LO)
火曜 18:00クローズ 水曜定休


SouZai屋のオーナーシェフ北山匡彦さんがカルローズの特長をよく知っていらっしゃるのは、実は、第4回「カルローズ」料理コンテスト2016 デリ部門の優秀賞を受賞された方だからなのです。その時の受賞作品がこちら↓
これがおコメのお惣菜?と確かめたくなるような、おしゃれなデリです。
いわしのコンフィとカルローズ、蟹身のトマトリゾットの湯葉巻き(要予約 2,500円)

deri優秀賞.png


USAライス連合会は、今年も「カルローズ」料理コンテストを開催、応募受付中です(応募締切は2017年6月15日)。テーマは「おコメ料理のイメージを変える!」です。レストラン部門とデリ部門、学生部門の3部門があります(応募資格は詳細をご確認ください)。詳細はこちらをご覧ください。

カルローズ本ブログのメニューはすべてカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
USAライス連合会
■公式サイト:http://www.usarice-jp.com/


2017年4月 9日

こんにちは  USAライス連合会です。


今日は、料理コンテストのお知らせです。


カリフォルニア産の中粒種「カルローズ」を使ったレシピを競う第5回「カルローズ」料理コンテスト2017を開催いたします。「カルローズ」は、「軽い食感」「ドレッシングやオイルとの相性がよい」「冷たくしても美味しい」などの特長を持ち、野菜やパスタのように食材として活用できる新感覚ライスです。自由な発想で、新しいカルローズ料理をご提案ください。

stitle_ind_010.jpg</a>

●一般部門:「レストラン部門」「デリ部門」
応募資格は業務店としてお客様に飲食物を提供している方(レストラン、カフェ、居酒屋、中食、給食 など)、または企業(メーカーを含む)に所属し、メニュー開発・商品開発に従事している方が対象です。
●学生部門
調理系または栄養系の学校に在籍している学生さんが対象です。


コンテストの詳細につきましては、USAライス連合会のコンテストページをご覧ください。また、お知り合いに募集対象の方がいらしたら、ぜひご紹介いただけると嬉しいです!


2013年から実施している「カルローズ料理コンテスト」は、今年で第5回を迎えます。第2回目からは「学生部門」、昨年の第4回には「デリ部門」を新設し、応募数も年々増え続けています(昨年は624作品)。コンテスト入選作品は、これまでも多くのレストランメニューやデリメニューとして採用され、実際に商品化もされています。


2016年「一般部門」最優秀賞
最優秀賞_R-5_Noguchi.jpg

「食べる冷製スープカルローズ 冷汁のイメージで」 野口達哉氏(シェラトン都ホテル東京)


2016年 「デリ部門」最優秀賞
最優秀賞_D-5_Sakuta.jpg

「サーモンとカルローズのシチューポットパイ」 作田大介氏((株)ディーンアンドデルーカジャパン 品川店)


2016年「学生部門」優秀賞3作品の写真は次回に載せますね。
コンテスト詳細については、こちらからどうぞ。応募は6月15日(木)までです。

カルローズ本ブログのメニューはすべてカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
USAライス連合会
■公式サイト:http://www.usarice-jp.com/


2017年4月 1日
2017年3月26日
2017年3月16日
2017年3月 6日
2017年2月23日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ