海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > USAライス連合会ブログ > ハロウィーンatおコメ農家

北米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アメリカ/USAライス連合会ブログ USAライス連合会さん

アメリカ・USAライス連合会が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月18日

ハロウィーンatおコメ農家


メール プリント もっと見る

ハロウィーンatおコメ農家

こんにちは。USAライス連合会です。


ハロウィーンの季節は過ぎてしまいましたが、
カリフォルニアでおコメを生産しているマシュー・スライガー(Matthew Sligar)さんが撮影した、ハロウィーンの動画をご紹介しますね。マシューさんはコメ農家の三代目、日本のおコメよりも少し長めの中粒種「カルローズ」を育てています。


ハロウィーンの夜には、子供たちが仮装して、"Trick or treat"(お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ)と言いながら、近所の家々を回り、お菓子をもらいます。
ところが、マシューさんは、やってきた子供たちに、逆にいたずら(trick)を仕掛けます
本来ならお菓子が入っているべき入れ物に、おコメ(しかも茶色い玄米)を入れて、「どうぞ、何かわかる?」と子供たちに差し出します。


子供たちは、ヒヨコに扮したり、お姫様やゴジラ、果てはマカロニ(!)などの思い思いの仮装をして、ニコニコしながら、お菓子をもらいにやってきます。そして、お菓子ではなくおコメを見た途端、
「何、これ・・?」と固まったり、
吹き出しながら、数粒もらって丁寧に「ありがとうございます」とお礼を述べたり、
後ずさりしながら「パス」と言って去っていったり、
恐る恐る覗いて、一粒食べてみたり、
様々な反応を見せます。

マシューさんは、そんな子供たちに「15分調理して食べてね」「ヘルシーな食べ物なんだよ」などと声をかけます。


英語の動画ですが、子供たちの表情がとにかくかわいらしいので、ぜひ見てみてください!


いたずらで驚かせた後には、マシューさんはちゃんとお菓子をあげたそうです♪


カルローズ本ブログのメニューはすべてカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
USAライス連合会
■公式サイト:http://www.usarice-jp.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2016年11月18日
« 前の記事「カリフォルニアも収穫の秋」へ
»次の記事「この冬は、ガンボを食べに(その1)」 へ
おすすめ記事
    USAライス連合会 新着記事
    カリフォルニア・ピザ・キッチンにて、プレゼントキャンペーン実施中!
    週末にコブサラダはいかが?  レシピブックをプレゼント♪
    カルローズ料理コンテスト 締切迫る!
    カルローズ料理コンテスト 授業でも取り組んでいただいています!
    応募締切まであと少し♪ カルローズ料理コンテスト
    カルローズ料理コンテスト 応募受付中!
    アメリカのおコメについての質問にお答えします
    暑い日にはガスパチョ スープボウル 10名様にカルローズプレゼント♪

    アメリカ ツアー最安値


    2017/6/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ