海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る



アンダルシア州ハエン県にあるウベダの町と車で約15分離れたバエサの町はルネサンス期に栄えたため、
ルネサンス様式の建物群が世界遺産に登録されています。どちらも小さいながら歴史を感じるステキな町です。
いわゆるアンダルシアの白い町とはまた異なる趣があり、オススメです。


ウベダにはパラドールをはじめ、古いお屋敷を改装した魅力的なホテルが何軒もあります。
先日ウベダに泊まる際には、どこに泊まるかあれこれ探すのが楽しかったです。
その時に選んだのが、Las Casas del Consulという2つ星ホテル。17世紀頃に建てられたお屋敷で、
計14室とこじんまりとしています。こういった昔のお屋敷を改装したホテルは、
大手チェーン系ホテルのような快適さに欠ける代わりに味があって大好きです。


DSC_1350.jpg


DSC_1364.jpg


決め手は、オリーブ畑が見渡せる部屋があること。町中のホテルだと建物や内装が素晴らしくても
景色がないことがありますね。今回は、窓からの景色と館内の共有スペースの写真で決めました。
お値段もリーズナブル(5月末でダブルルームのシングルユースが約50ユーロ+朝食5ユーロ)!!
小さなホテルなので団体客もおらず、のんびりと静かに過ごすことができました。


DSC_1322.jpg

<部屋の窓からの眺め。絶景!!>


DSC_1340.jpg

<夏にはバーとして利用でかいるテラスには、小さなプールも>


なお、全室が眺めの良い部屋というわけではないので、泊まりたい場合は事前にリクエストが必要です。


位置的には町外れにありますが、2分ほど歩くだけでバルやレストランのある広場に行け、
バスターミナルへも徒歩20分弱。世界遺産に登録されたエル・サルバドール教会や市庁舎、
サンタ・マリア教会へも歩いて3~5分ととても便利です。


Hotel Las Casas del Consul
住所: Plaza del Carmen 1, Úbeda
地図: http://www.lascasasdelconsul.es/
電話: +34-95-379-5430
WEB: http://www.lascasasdelconsul.es/



2017年7月31日

DSCF1523.jpg


5年前の7月にこちらで紹介したレイーナ広場にある
アイスクリーム屋さんLlinaresが、昨年イタリアで
開かれた国際アイスクリームコンクール
Coppa del Mondo della Gelateriaで準優勝したそうです。


コンクールの出品したのは、”赤ずきんちゃん”と名付けられた
おしゃれなグラスに盛られた一品(写真はこちら)。
アングレーズクリームのアイスクリームにみかんシャーベット、
ラズベリージャム、チョコレートクッキーを使っています。
ラズベリーの酸味が清涼感を際立たせているのだとか。

創業1930年のLlinaresはアイスクリームのフレーバーの多さで有名で、ギネスブックに載ったこともあります。
これまでにつくったフレーバーは1000を超えるとのこと。スペインオムレツ、マスタード、パエリア、
カタクチイワシの酢漬け等、常に変わったフレーバーもあるので、ぜひ挑戦してみてください(^_-)-☆


Helados Artesanos Llinares
住所: Plaza de la Reina 6, Valencia
地図: https://goo.gl/maps/xMFxnBAnGbn
営業時間:10:00~2:00(年中無休)
WEB: http://www.heladeriasllinares.com/


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


2017年7月27日



Víctor Rodrigo Alors(ビクトル・ロドリゴ・アロルス)は、バレンシア北部カステジョン出身の若き料理人。
2012年には料理人大賞を受賞しています。そんなビクトルが、以前から切り盛りしていたレストランSAMSHA
改装し、スペインでも有数のアバンギャルドな店に変身させました。先日行った夜のコースを例にお話ししましょう。


まず、入店するとすぐにあるコージーなソファ席でアペリティブタイム。ビクトル自らが各テーブルに料理を運び、
食べ方を説明してくれます。どれも創作性抜群!!


DSC_0496.JPG DSC_0499.JPG

<右はまさにビクトルの魔術(笑)。このほかにもう2種ありました>


アペリティブタイムが終わると、奥の部屋に案内されます。
日本の鉄板焼きレストランを彷彿させるカウンター席で、正面奥にはスクリーンがあり、
ブルーやピンク、パープルの照明にイマドキのクラブ風の音楽。これから何が始まるのかウキウキします。
前菜、メイン、デザートとここで頂くのですが、食器は使いません。
ビクトルは、このカウンター風のテーブルをまるでキャンバスのように使い、
その上にアーティスティックな料理を提供していくのです。
カウンターでは時に炎がメラメラしたり、アイススモークがモクモクしたり。


IMG-20170225-WA0046.jpg

<森がテーマだった前菜。手で食べます>


IMG-20170225-WA0032.jpg


IMG-20170225-WA0004.jpg

<ボールはチョコレートでできていて、ハンマーで割って食べます>


こちらのサイトの右上にあるLA EXPERIENCIA COMPLETAをクリックすると、
動画で様子を見ることができます。


デザートまでをここで終えると再びソファ席に移り、コーヒータイム。その後は食後酒を楽しむ人も。
入店からコーヒーが終わるまでにだいたい3時間半はかかります。料金は1人85ユーロでした。


ものすごくおいしい料理というわけではありませんが(苦笑)、かなりレアな体験ができます。
面白いです。あくまでもエンターテイメントとして行くことをオススメします。


人数制限があるのと、その日のゲストはすべて同じ時間に入店となることにご注意くださいね。


SAMSHA
住所: Plaza Periodista Ros Belda 4, Valencia
地図: https://goo.gl/maps/45JXWkFUT2r
電話: 96-389-1902
WEB: http://www.samsha.es/


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


2017年7月24日
2017年7月19日
2017年6月30日
2017年6月29日
2017年6月10日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集