海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > クリスマス時期の服装と雪中の歩き方

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月 6日

クリスマス時期の服装と雪中の歩き方


メール プリント もっと見る

クリスマス時期の服装と雪中の歩き方

中庭雪景色1-a.jpgウィーンでは昨朝はマイナス12度を記録し、週末は30cmもの雪が積もる等、確実に寒さを増しています。美しいホワイトクリスマスがほぼ確実に期待できそうな半面、やはり日本からの旅行者の皆さんはこの時期どういった服装・持ち物でオーストリア旅行に臨めば良いのか気になるところではないでしょうか?
今日は、クリスマス時期に著者がお勧めする服装と雪中の歩き方を紹介したいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


Rathausイルミネーションアップ-a.jpgこの時期、ウィーンに来る観光客の一番のお目当ては、やはりクリスマスの美しいイルミネーションと、美味しいホットワインやプンシュが頂けるクリスマスマーケットではないでしょうか。
でも燦然と輝くイルミネーションも、クリスマスマーケットが風情を醸し出すのも、何といっても夜!
そしてこの季節、15時半~16時ごろには既に日が暮れて薄暗くなってしまうウィーンでは、夜ともなるとぐっと気温が冷え込んでしまうのが特徴。
(写真はRathaus/市庁舎前のクリスマス・マーケット)


1.コートは腰を覆う丈のものを!
これからの時期益々冷え込むことが予想されるので、ぜひとも厚手且つ、腰丈以上のロングコートをご着用ください。また、スキーやハイキングの盛んなオーストリアですから、こちらではスキー・ブランド、アウトドア・アクティビティ・ブランドも充実しています。スイスのMammut(マムート)や、イタリア発のNapapijri(ナパピリ)、フランスMontcler(モンクレール)といった防寒対策且つ、お洒落なセーターやダウンコートを比較的安く購入することが可能。日本のダウンコートは飽く迄も日本の冬を凌ぎ切れる程度の薄さと素材もののが多いので、質の良いダウンコートが欲しければ此方で買うのも手。(コート表面の材質やダウン自体の量が違います)
ただ、ショッピングに行く時間に加え、自分の体と予算に合ったものが見つかるという保証もないので、できれば日本から暖かいものを持参した方が無難。


2.帽子・手袋必須!
ウィーンはロシア方面から吹雪いてくる風が身を切るように冷たいので、予想以上に頭や手から体の熱を奪われます。どこでもそうですが、風が吹くと実際の気温よりも体感温度がぐぐっと下がるもの。ということで、網目の細かい毛糸のニット帽と、手を入れた時に暖かい手袋(毛糸、フリース素材等。裏にカシミア等のライニングのない、皮素材一枚の手袋は手が冷た~くなるので、お勧めできません。)はぜひお持ち下さい。
詳しい説明と写真は以前の記事、「晩秋~初冬のお勧めアウトフィット 」をご参照ください。


3.防水・ゴム底のブーツ。
この週末の積雪量が30cmだったことは既に触れましたが、中心街(リンク内)なら流石に除雪されているだろうと、うっかり皮のブーツで出掛けてしまったのが運の尽き、早速痛い目を観ました!
まず滑る!!!裏がゴム底でない普通のブーツを履いていたため、グリップが効かずに滑る、滑る、滑る!
雪がこんもりと積もった場所なら大丈夫なのですが、人々が踏み固めた道は既に雪ではなく氷(アイスバーン)と化しており、ズルッと行きかけて冷や汗をかいたのは一度や二度ではありません。
そして逆に雪がこんもり積もった場所では、ブーツがしっかり雪に埋まってしまい、後でブーツ表面に塩が白く浮き出てしまいました。
この時期、ウィーン市内では「滑り止め対策、防雪対策」として道に塩と小石を巻くので、塩がブーツの皮を痛め、尖った小石が靴底にめり込むので、お洒落ブーツは大ダメージ覚悟で履く必要があります。
滑って転んで腰を強打してもいけませんし、これからオーストリア旅行用としてブーツ購入を考えていらっしゃる方は、是非厚いゴム底のものをご検討してみて下さいね。


ブーツの底面-a.jpg参考までに、こちらが去年著者の購入したパファー・ブーツの底面。
(ちゃんとしたスノーブーツではありませんが、お洒落ブーツでは割と機能的な部類に入ります)
あったかブーツ については、以前にも写真入りの記事を書いたので、そちらも併せてご参照ください。


◆雪上の歩き方

こちらはシュヴェーデンプラッツ付近(ウィーン1区)の通りの様子。

雪上の歩き方-a.jpg

左側はある程度除雪された上に踏み固められて、既につるつるの氷となっている状態。油断するとすぐにズルっといくので、かなり危険!!!
右側は、白い雪の上を歩けば滑らないものの、踝までは確実に雪中に埋まるので、靴が水分と塩分、尖った小石と言う3重苦に晒される道。ブーツを履いていない限りは歩けません。
つるりと滑って転ぶのが嫌な著者は、ブーツを履いて必ず右側の状態の雪上を歩きます。
でも場所に依っては、左側の様なアイスバーンしかないようなところも。
そんなときは、地面と垂直に足をそろりと下ろしながらゆっくり歩くしかないので、目的地に到着するまでに結構な時間を要します。とうことで、集合時間や待ち合わせ時間が決まっている場合は、早め早めの行動がお勧めです。 :)

クリスマスの時期にオーストリアにお越しの皆さん、どうか滑らないように気を付けて観光を愉しんで下さいね!

デコバナーラントマンケーキメニュー-a.gif
クリックご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2010年12月 6日
« 前の記事「ハプスブルク家に伝わる下唇」へ
»次の記事「これは顔なのか?魚か花か大砲か??? ~アルチンボルドの不思議な絵~」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーン・ライフボール(命の舞踏会)2017の美しすぎるスポンサー広告たち
    暑い季節にいただくウィーンのドリンク、アイスショコラーデ
    都会の隠れ家的存在、"Gradwohl"でオーガニックベーカリーを
    モーツァルトがアイスクープに!
    ウィーンミッテ駅にある美味しいハンバーガーショップ
    ホフブルク王宮にある奇跡の騎馬像とは
    オーストリアならでは!"お熱い愛情"と名付けられたアイスクープ
    デメルの隠れた代表作、アンナトルテ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    美術史博物館の年間パス
    マクドナルドでインターネット
    ウィーン旧市街のクリスマスマーケット
    キラキラのケルントナー通り スワロフスキー新店舗

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ