地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > クリスマス時期の服装と雪中の歩き方

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月 6日

クリスマス時期の服装と雪中の歩き方


メール プリント もっと見る

クリスマス時期の服装と雪中の歩き方

中庭雪景色1-a.jpgウィーンでは昨朝はマイナス12度を記録し、週末は30cmもの雪が積もる等、確実に寒さを増しています。美しいホワイトクリスマスがほぼ確実に期待できそうな半面、やはり日本からの旅行者の皆さんはこの時期どういった服装・持ち物でオーストリア旅行に臨めば良いのか気になるところではないでしょうか?
今日は、クリスマス時期に著者がお勧めする服装と雪中の歩き方を紹介したいと思います。

———————————————————————————————————————————


Rathausイルミネーションアップ-a.jpgこの時期、ウィーンに来る観光客の一番のお目当ては、やはりクリスマスの美しいイルミネーションと、美味しいホットワインやプンシュが頂けるクリスマスマーケットではないでしょうか。
でも燦然と輝くイルミネーションも、クリスマスマーケットが風情を醸し出すのも、何といっても夜!
そしてこの季節、15時半~16時ごろには既に日が暮れて薄暗くなってしまうウィーンでは、夜ともなるとぐっと気温が冷え込んでしまうのが特徴。
(写真はRathaus/市庁舎前のクリスマス・マーケット)


1.コートは腰を覆う丈のものを!
これからの時期益々冷え込むことが予想されるので、ぜひとも厚手且つ、腰丈以上のロングコートをご着用ください。また、スキーやハイキングの盛んなオーストリアですから、こちらではスキー・ブランド、アウトドア・アクティビティ・ブランドも充実しています。スイスのMammut(マムート)や、イタリア発のNapapijri(ナパピリ)、フランスMontcler(モンクレール)といった防寒対策且つ、お洒落なセーターやダウンコートを比較的安く購入することが可能。日本のダウンコートは飽く迄も日本の冬を凌ぎ切れる程度の薄さと素材もののが多いので、質の良いダウンコートが欲しければ此方で買うのも手。(コート表面の材質やダウン自体の量が違います)
ただ、ショッピングに行く時間に加え、自分の体と予算に合ったものが見つかるという保証もないので、できれば日本から暖かいものを持参した方が無難。


2.帽子・手袋必須!
ウィーンはロシア方面から吹雪いてくる風が身を切るように冷たいので、予想以上に頭や手から体の熱を奪われます。どこでもそうですが、風が吹くと実際の気温よりも体感温度がぐぐっと下がるもの。ということで、網目の細かい毛糸のニット帽と、手を入れた時に暖かい手袋(毛糸、フリース素材等。裏にカシミア等のライニングのない、皮素材一枚の手袋は手が冷た~くなるので、お勧めできません。)はぜひお持ち下さい。
詳しい説明と写真は以前の記事、「晩秋~初冬のお勧めアウトフィット」をご参照ください。


3.防水・ゴム底のブーツ。
この週末の積雪量が30cmだったことは既に触れましたが、中心街(リンク内)なら流石に除雪されているだろうと、うっかり皮のブーツで出掛けてしまったのが運の尽き、早速痛い目を観ました!
まず滑る!!!裏がゴム底でない普通のブーツを履いていたため、グリップが効かずに滑る、滑る、滑る!
雪がこんもりと積もった場所なら大丈夫なのですが、人々が踏み固めた道は既に雪ではなく氷(アイスバーン)と化しており、ズルッと行きかけて冷や汗をかいたのは一度や二度ではありません。
そして逆に雪がこんもり積もった場所では、ブーツがしっかり雪に埋まってしまい、後でブーツ表面に塩が白く浮き出てしまいました。
この時期、ウィーン市内では「滑り止め対策、防雪対策」として道に塩と小石を巻くので、塩がブーツの皮を痛め、尖った小石が靴底にめり込むので、お洒落ブーツは大ダメージ覚悟で履く必要があります。
滑って転んで腰を強打してもいけませんし、これからオーストリア旅行用としてブーツ購入を考えていらっしゃる方は、是非厚いゴム底のものをご検討してみて下さいね。


ブーツの底面-a.jpg参考までに、こちらが去年著者の購入したパファー・ブーツの底面。
(ちゃんとしたスノーブーツではありませんが、お洒落ブーツでは割と機能的な部類に入ります)
あったかブーツについては、以前にも写真入りの記事を書いたので、そちらも併せてご参照ください。


◆雪上の歩き方

こちらはシュヴェーデンプラッツ付近(ウィーン1区)の通りの様子。

雪上の歩き方-a.jpg

左側はある程度除雪された上に踏み固められて、既につるつるの氷となっている状態。油断するとすぐにズルっといくので、かなり危険!!!
右側は、白い雪の上を歩けば滑らないものの、踝までは確実に雪中に埋まるので、靴が水分と塩分、尖った小石と言う3重苦に晒される道。ブーツを履いていない限りは歩けません。
つるりと滑って転ぶのが嫌な著者は、ブーツを履いて必ず右側の状態の雪上を歩きます。
でも場所に依っては、左側の様なアイスバーンしかないようなところも。
そんなときは、地面と垂直に足をそろりと下ろしながらゆっくり歩くしかないので、目的地に到着するまでに結構な時間を要します。とうことで、集合時間や待ち合わせ時間が決まっている場合は、早め早めの行動がお勧めです。 :)

クリスマスの時期にオーストリアにお越しの皆さん、どうか滑らないように気を付けて観光を愉しんで下さいね!

デコバナーラントマンケーキメニュー-a.gif
クリックご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2010年12月 6日 | コメント(11) | トラックバック (0)
« 前の記事「ハプスブルク家に伝わる下唇」へ
»次の記事「これは顔なのか?魚か花か大砲か??? ~アルチンボルドの不思議な絵~」 へ
いっしょに読みたい 関連記事

ウィーン特派員 新着記事
テレビ出演を受けて ~オーストリアの煙突掃除屋さん~
明るいニュース♪ オーストリアでベビーが増加!
ニキ・ラウダのライバルは世界で最もセクシーな男性!
皇室御用達グッズがそろう、ひときわ高貴なクリスマス・マーケットが王宮前に新登場!
2014年 ウィーンのクリスマス・マーケット情報!
テレビ出演のお知らせ<2> ちょっと珍しい?オーストリアのお仕事
こんなに早く!?もうガチョウ料理の食べられる店
Demelのザッハトルテ作りを見学しよう!
1年前の同じ月に投稿された記事
キラキラのケルントナー通り スワロフスキー新店舗
ウィーン旧市街のクリスマスマーケット
マクドナルドでインターネット
美術史博物館の年間パス

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

コメント

ウィーンの気温をみて、えええええ!マイナスの表記間違えてないよね?とおもいましたが、
やはり寒波でしたか・・・・
そんなに寒くて何を着ればいいんだろうとおもいましたが、
だいぶ完全防備で活動をしないといけないんですね。
年末年始を一瞬でも旅行を考えた私でしたが、5月にしてよかったです・・・・
日本はやはり生活しやすいのですね・・・・

でも冬のウィーン、素敵そうですね。
転倒にきをつけて生活なさってください・・・・

投稿者 中区在住者 : 2010年12月 6日 22:00


とても参考になりました!
ちなみに、この時期のみの市は、やっていますか?

投稿者 keiko : 2010年12月 7日 10:10


はじめまして!1月13日から3月末まで2区の運河に近いアパートに滞在する予定です。記事に書いておられるダウンコートが買えるお店はどのあたりにありますか。お店の名前とか教えていただけるとうれしいです。

投稿者 cachaca : 2010年12月 7日 13:29


中区在住者さん

気温の数字をみるとビックリしますよね。
でも外は寒いですが、お家の中はセントラル・ヒーティング完備で、日本の家よりもずっと暖かいですよ。
5月のご旅行の方が行動の幅が広まるので面白いとは思いますが、クリスマス前後もとても風情があるので、ぜひ一度いらしてみてください。寒さ体験も良いお土産話になりますよ(笑)

投稿者 Maki : 2010年12月 7日 16:19


いつも楽しみに拝見させて頂いてます!
急に寒いくなったと思ったら大雪では外に出かける気がしないですよね。
でもこれだけの装備があれば外出も楽しめますね。
風邪と転倒に気をつけてください。
この時期の乾燥を乗り切る化粧品とかありましたら教えてください~

投稿者 うらら : 2010年12月 7日 18:29


keikoさん

お返事遅くなってしまってすみません!
のみの市の件ですが、調べたところ、冬の時期は土曜日に時間を短縮して行っている模様です☆
日没が早いので、ご興味あるなら午前中~お昼過ぎあたりに行かれると良いのではないでしょうか?

投稿者 Maki : 2010年12月10日 22:14


cachacaさん

ウィーンにいらっしゃるんですね!
ダウンコートの件ですが、これらのブランドの路面店は残念ながらまだありません。
著者が見たのはグラーツとチロル地方でした。
ただ、ウィーンにもセレクトショップにちょこちょこと置いていることが多いので、ケルントナー通りの裏通りの小さなお店とか探してみて下さい☆
1月13日だと、もうセールが始まってしまっているので、日本人サイズが残っているといいのですが・・・。
何れにせよ、暖かい衣類でお気を付けていらして下さいね!

投稿者 匿名 : 2010年12月10日 22:19


うららさん

ウィーンご在住なんですね!
クリスマス・マーケットが盛況の様子ですので、是非出掛けたいとは思うものの、
なかなか寒さに億劫になってしまい・・・。
感想でお悩みとのことですが、気になる部分にフェイス用のオリーブオイルをほんの少しだけ(顔全体で1-2滴)叩き込むと良いですよ。オイルは肌質によって合う、合わないがあるので、様子を見ながらサンプル等で試してみて下さいね☆

投稿者 匿名 : 2010年12月10日 22:24


お返事ありがとうございました!
質問書き込み初めてだったもので、突然唐突にすみませんでした。
24日から初めてウィーンに行きます。クリスマスは地下鉄も動いてないとか、お店も全然やってないとか周りからおどされていますが(汗)寒さに負けず楽しんできたいと思います。
(いろいろ調べましたが、一応動いてますよね?)
雪が積もっていると知らなかったので、本当に情報助かりましたぁ!
お気に入りの皮ブーツで行く予定でしたが、すべらない防寒ブーツで行きます。
Keiko

投稿者 keiko : 2010年12月14日 11:40


keikoさん

24日にいらっしゃるんですね!
お店は確か24日の12~13時ごろまでは開いている筈ですが、もし日本からこの日直接いらっしゃるのであれば、到着は午後遅めですよね。次にお店が開くのは確か27日だったと思うので、必需品は空港内のスーパーマーケット(B1/Billa)やドラッグストア(1F/BIPA)で買ってこられることをお勧めします。あとは西駅でしたら、小さなスーパーなども開いていると思います。
地下鉄はクリスマスも運航していますよ!
暖かくしていらしてくださいね。

投稿者 Maki : 2010年12月15日 20:57


本当に何からなにまでありがとうございました。
初のウィーン、おかげで楽しく行かれそうです。
ホッカイロ1箱持って行きます~。

投稿者 Keiko : 2010年12月17日 09:09


コメントを投稿する
名前


URL


コメント




この記事のトラックバックURL

トラックバック

"クリスマス時期の服装と雪中の歩き方"へのトラックバックを受付中です。

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイルランド・ゴールウェイイギリス・エディンバライギリス・グラスゴーイギリス・ケンブリッジイギリス・ヒースローイギリス・ブリストルイギリス・ベルファストイギリス・ロンドンイタリア・シチリア島イタリア・ナポリイタリア・フィレンツェイタリア・ミラノイタリア・ラ・スペツィアイタリア・ローマエストニア・タリンオランダ・アムステルダムオランダ・ライデンオーストリア・ウィーンオーストリア・チロルオーストリア・リンツギリシャ・アテネクロアチア・ザグレブスイス・チューリヒスウェーデン・ストックホルムスペイン・イビサ島スペイン・バルセロナスペイン・バレンシアスペイン・ビルバオスペイン・マドリッドスロヴェニア・リュブリャナチェコ・プラハデンマーク・コペンハーゲンドイツ・ハノーファードイツ・フランクフルトドイツ・ベルリンドイツ・ボンドイツ・ミュンヘンドイツ・ミンデンノルウェー・オスロハンガリー・ブダペストフィンランド・ヘルシンキフランス・アヌシーフランス・サンローフランス・トゥルコアンフランス・パリフランス・ボルドーフランス・マルセイユフランス・リヨンブルガリア・ソフィアブルガリア・プレヴェンベルギー・ブリュッセルポルトガル・ポルトポルトガル・リスボンマケドニア・スコピエマルタ・マルタ島モンテネグロ・ポドゴリツァラトヴィア・リーガロシア・モスクワ

▲ページ上部へ戻る