海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 知っておきたいウィーンの舞踏会でのDos &...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月18日

知っておきたいウィーンの舞踏会でのDos & Don'ts


メール プリント もっと見る

知っておきたいウィーンの舞踏会でのDos & Don'ts

ウィーンと言えば、音楽のほかに数々の舞踏会が主催されることでも有名で、その数は毎年450とも言われるほど。
そんな舞踏会シーズンも二月に入り、いよいよたけなわとなってきたところで、今回は小耳に挟んだ「ウィーンの舞踏会でのDos & Don'ts」を紹介したいと思います。

Opernball_2013_46738[1]-600.jpg
(Copyright: Wiener Staatsoper/Michael Pöhn)

1.ドレスコード
すべての舞踏会には独自のドレスコードが設けられています。


一般的なものを挙げると、
■ホワイト・タイ
男性は燕尾服に白い蝶ネクタイ、女性はボールガウン(ボリュームのある床丈の舞踏会用ドレス)
■ブラック・タイ
男性はタキシードに黒い蝶ネクタイ、女性はイヴニングドレス(フルレングスのスレンダーなドレス)
■盛装
男性はダークスーツ、女性はイヴニングドレスもしくはカクテルドレス(丈の短いパーティードレス)
などですが、やはりパートナーとの釣り合いが重要です。


ウィーンの舞踏会の中で最も格式が高く、ドレスコードも厳しいのがオペラ座の舞踏会。
それ以外にも"シュタイヤマルク人の舞踏会"や"狩猟協会の舞踏会"などではトラハトと呼ばれるオーストリア特有の民族衣装を着用する習わしとなっていますし、軍人舞踏会では盛装用の軍服等で参加するのが伝統です。


【重要】男性は、腕時計を懐中時計に付け替えることを忘れずに!!!


2.パーフェクトなアウトフィット
舞踏会用のローブ着用の上で重要なのがサイズ。
自分の体にぴったりとフィットしているか、舞踏会の数日前にもう一度確認すると、当日慌てずに済みます。


3.ボウネクタイ?それともダービータイ?
最新のトレンドでは、タキシードにボウタイ(蝶ネクタイ)ではなくダービータイ(普通のネクタイ)を合わせるのが流行中とのこと。
しかし、ダービータイを着用していて気分が上がらない場合は、止めた方が無難です。
いずれにせよ、タイの色はスーツとマッチしていることが前提となっています。


4.ヘアスタイル
とりわけ女性は普段のヘアスタイルとはきっちりと区別するのがポイント。
昨今ではダウンヘアで舞踏会に参加する女性も増えていますが、やはりアップヘアが基本です。


5.ダンスステップの復習
パートナーの足を踏んでしまわないよう、ウィーンのダンススクールでワルツやチャチャチャなどのステップのおさらいをしておくのがお勧めです。


6.時間厳守
舞踏会に遅刻は厳禁!特にオープニングセレモニーには遅れないのがエチケットとされています。
ロングドレスの女性は身動きを取るのが大変ですので、車から下りる際などには男性がドアを開けて待つなど、率先してエスコートすることが求められています。


7.ダンスの申し込み
ヘレンインゼル("男性の島"とドイツ語で称される男性群)を見かけたら、女性側から男性にダンスを申し込むのも可能。
もちろん都合が悪ければ、男性側も丁寧に断ることができます。


8.ダンスフロアでは
ダンスフロアに足を踏み入れる際には女性に優先権がありますが、先に踊っているペアの邪魔にならないか、男性側も目を配りましょう。


9.着崩れに注意する
平土間で汗をかいた後は、ワードローブがまだ美しくフィットしているか確認を忘れずに!
下着が見えていたり、肌の露出が激しくなってしまっていてはアウトです。
男性がジャケットを脱ぐのはセレモニーが終わってから。
着席時はジャケットのボタンを開けても構いませんが、それ以外は締めておきましょう。


10.夜更かしし過ぎない
夜が更けるほど参加ゲストも楽しくなってくるのが常ですが、度を過ぎるとあまり良くありません。
パートナーと気の利いたスモールトークがまだできるうちに引き上げるのがスマートです。


もちろん舞踏会によっても傾向は異なりますし、すべてがこの通りではありませんが、覚えていて損はないのでは。

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年2月18日
« 前の記事「抱腹絶倒!トランプもどきが風刺するオーストリアの紹介動画「オーストリア・セカンド」」へ
»次の記事「趣向の変わった舞踏会【1】 軍服姿で踊る華麗な軍人舞踏会」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    宮殿カフェ・ツェントラルのお勧めランチご紹介!
    暑い夏に美味しい!素材をオーガニックに限定したカプレーゼ
    ウィーンで買いたい"スポーティーXラグジュアリー"なお勧め衣料ブランド
    食の安全、意識してる?EU内でも特に健全な畜産物が手に入るオーストリア
    ウィーン・ライフボール(命の舞踏会)2017の美しすぎるスポンサー広告たち
    暑い季節にいただくウィーンのドリンク、アイスショコラーデ
    都会の隠れ家的存在、"Gradwohl"でオーガニックベーカリーを
    モーツァルトがアイスクープに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    "煌びやかなる迷宮"とも!オペラ座舞踏会2016年レポート オープニング篇
    つい集めたくなる!ウィーン・オペラ座舞踏会60周年の記念銀貨が登場
    【お土産に】オペラ座舞踏会60周年を記念したカフェ・ゲルストナーのペパーミントキャンディ

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集