海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ラオス/ビエンチャン特派員ブログ

ラオス/ビエンチャン特派員ブログ ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

バナナを切り出す.jpg
庭のバナナを庭師がとってくれました。
青いバナナ.jpg

ほんのり酸っぱいバナナ、クリーミーなバナナ、歯ごたえのあるバナナ。
とても驚いたことに、私はバナナが一番好きになりました。
ラオスにお越しの節は、バナナを食べ比べてください。


ビエンチャンでの暮らしも足掛け8年になりました。
中心地から5㎞、閑静な住宅街で暮らしております。「暮らし」は「旅」と違います。日照りの暑さも、トウガラシの辛さも苦にならなくなり、日に焼けた肌は日本人離れし、街の空気に染まりきっています。この街に違和感を抱かなくなるにつれ、びっくりしたり、喜んだりする感性が鈍くなりました。そろそろ、ほかへ移動する時期なのでしょう。
この拙い日本語の、なんだかパッとしない文章を我慢強く読んでくださった皆さん、ありがとうございました。また地球のどこかからメッセージをお届けできる日が来ることを願って、ビエンチャンの特派員を退席いたします。
では、みなさん、よい旅を、そしてよい人生を!


2015年11月22日

★ラオス大学正門320.jpg
ビエンチャン市内の観光が一段落したら、公共バスで片道2時間のナムグムダムへ足を延ばすか、4時間の保養地バンビエンに出かけるツーリストが多いのですが、半日時間が空いたら、ラオス大学のキャンパスに行ってみてはどうでしょう。

★ラオス大学行きのバス320.jpg
中央バスターミナルから市内バスで30分です。バスのルートは正門を通る31番、33番とキャンパスを迂回する29番があります。どれも終点は裏門です。

★ラオス大学カフェコーナー320.jpg
キャンパスの中はまるでカリフォルニアのどこかの住宅地を思わせる整然とした道路と街路樹が続きます。木陰では学生たちが冷たい飲み物を片手に、予習復習に余念がありません。

★ラオス大学食堂320.jpg
最大の楽しみはキャンパスの中央にあるフードコート。15軒ほどの食材屋さんが建ち並び、麺でもご飯でも好きなメニューが、市内より安い値段で食べられます、日本食もあります。

★ラオス大学売店320.jpg
フードコートとは別に、文房具などの品ぞろえが豊富なコンビニ店があって、軽食や飲み物も手に入ります。

★ラオス大学日本語学科320.jpg
日本語学科があるので、発音の練習を手伝いたいと言えば、見学させてくれるかもしれません。


2015年9月12日

LPQ Boat Race Festival700.jpgルアンパバーンでは全国に先駆けて、毎年8月の終わりから9月にかけての二日間、カーン川でボート祭りが開催されています。地元の村々から運ばれてきた派手な意匠の舟は40艘あまり。こちらもおそろいの派手なユニフォームを着た50人ほどが小舟を漕いで速さを競います。

9月11日の早朝にメインストリートに出店が並び、物産を売り出します。
9月11日、12日の朝9:00頃から、カーン川で僧侶への托鉢式が行われ、それに引き続いてレースが始まります。


2015年8月25日
2015年8月15日
2015年8月 4日
2015年8月 1日
2015年8月 1日
⇒すべての記事を見る

ラオス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ビエンチャン特派員

    ビエンチャン特派員
    ふじた あきお
    2007年JICAのシニア海外ボランティアとしてラオスの観光を支援するためにビエンチャンに派遣されました。ゆるやか風と優しさいっぱいのラオス人たちに惚れ込み、支援活動を継続しています。2013年1月には日本の出版社から「ラオス観光公式ガイド」を出しました。シニア年代の目で見たラオス風景に、JICA青年海外協力隊の皆さんから聞き出した旅の情報を加えて、ラオスへの招待状をお届けしています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集