海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/和歌山特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

滝尻王子から長く険しい中辺路の参詣道が始まります。


滝尻王子(たきじりおうじ)とは、熊野の神域への入口に位置し、熊野九十九王子の中でも特に格式の高い五体王子のひとつです。


DSCN7872.JPG


富田川と石船川が合流する地点に鎮座する滝尻王子。
滝尻の名は、石船川の急流が富田川にそそぐ滝のような水音からきたといわれているそうです。


DSCN8011.JPG


かつての参詣者は滝尻王子の裾を流れる富田川を何度も渉り、心身を清めてからこの地に足を踏み入れ参詣しました。


DSCN7868am.jpg


国道311号線から滝尻王子前を通り過ぎた道の左側に無料の駐車場とトイレが有ります。
私たちはこちらに車を駐車して、歩いてすぐの滝尻王子へ。


DSCN7875.JPG


境内入口には大きな世界遺産の記念碑が建立されています。


DSCN7891.JPG


そして正面には滝尻茶屋が建っています。
茶屋といってもお店ではありません。


DSCN7878.JPG


DSCN7893.JPG


以前はお土産物などを販売していましたが、今は無料休憩所となっています。


DSCN7898.JPG


DSCN7894.JPG


施錠は17:00です。
トイレは向いの熊野古道館前にあるので、熊野古道を歩かれる方は先にそちらで済まされておく方がよいですね。


DSCN7902.JPG


休憩所の隣にはベンチがあります。


DSCN7900am.jpg


境内の広場の向こう、木立の中に王子社が鎮座しています。


DSCN7907.JPG


石造の鳥居をくぐり石畳の参道を歩いて行きます。


DSCN7917.JPG


滝尻王子社です。


王子社というのは、熊野の神様の御子神(おこがみ)がお祀りされているところで、参詣者の休憩所でもありました。
現在は小さな社殿のみですが、平安時代末期には、藤原秀衡の寄進により広大な境内を持ち、七堂伽藍が建立されたといわれています。


DSCN7920.JPG


王子社では、奉幣と経供養などの儀式が行われていました。


承安4年(1174)、藤原経房(つねふさ)が参拝した時には、社殿で巫女が里神楽を舞っており、


建保5年(1217)の後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)と修明門院(しゅうめいもんいん)が参詣の時は、両院が馴子舞(なれこまい)に興じており、いろいろな芸能が奉納されています。


DSCN7924.JPG


後鳥羽上皇が歌人を随行させたときには、この王子社の宿所で盛大な和歌会が開かれています。
後鳥羽上皇は28回も詣でられており、王政復権を祈願し幾度も歌会を催され、歌に思いを託されています。


DSCN7980.JPG


DSCN7984.JPG


私は熊野古道を歩くわけではないのですが、旅の安全をお願いしました。
静かな境内に鈴の音が響き渡りました。


DSCN7926.JPG


DSCN7930.JPG


鳥居そばに建立されている歌碑には、後鳥羽上皇の一首の歌が刻まれています。


DSCN7933.JPG


山河水鳥
おもひやるかものうはげのいかならむ しもさへわたる 山河の水


山河水鳥は、歌題だそうです。


DSCN7935.JPG


歌会で各歌人が詠んだ歌を、署名とともに自筆で懐紙に書いたものを「熊野懐紙(かいし)」というのですが、


PB280916.JPG


熊野懐紙の複製品なども熊野古道館に展示されているのでお見逃しなく♡


正治2年12月6日の滝尻王子での歌会の歌題は山河水鳥、旅宿埋火。
11枚22首の熊野懐懐紙は分散して現存しているようです。


DSCN7970.JPG


鎌倉末期以降、熊野の御子神5所をお祀りする五体王子のひとつとされ、室町時代にもそのように呼ばれていました。
けれど、三栖から潮見(しおみ)峠を越えて栗栖川へ通じる道が多く利用されるようになると衰退してしまいました。


明治時代には村内の神社を合祀して十郷(とごう)神社として呼ばれたそうですが、
現在は滝尻王子宮十郷神社と称されています。


2017年7月20日

世界遺産で熊野古道(くまのこどう)といえば、中辺路(なかへち)ルートがまず挙がってきます。


平安時代に盛んとなった熊野三山をめぐる熊野詣(くまのもうで)。
熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の総称で、これらは熊野古道によって結ばれています。
その中でも熊野本宮大社を目指す中辺路ルートが人気でした。


熊野詣は、上皇や貴族、やがて庶民にまで普及し、身分の違いや男女を問わず多くの人が熊野を目指して歩きました。
参詣者が列をなすように連なるその様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほどに賑わっていました。


DSCN8020am.jpg


滝尻(たきじり)エリアにやってきました。


中辺路ルートといってもこのルートだけでもとても範囲が広いので、熊野古道を歩かれる方は何回かに分けて本宮大社まで歩かれます。


DSCN8021.JPG


滝尻まではJR田辺駅からバスが出ているので、昔の人と違って現在は楽に来られます。
田辺からバスで約40分なので、これだけでもここまで歩いてくるのに時間がかかるのが分かります。


滝尻には熊野の神域への入口に位置する滝尻王子があり、ここでバスを降りるハイカーさんも多かったです。


DSCN8006am.jpg


バス停や国道311号線から、川の向こうに12角形の建物が見えています。
熊野の神の御子神を祀る王子社が、旧中辺路町内に12王子社あったことにちなんで12角形なのだとか。


DSCN8025m.jpg


この建物が熊野古道館(くまのこどうかん)です。


無料休憩所で、熊野古道や中辺路町の観光案内所も兼ねています。
熊野古道を歩く前にまず訪れて予備知識を得ておきたいですね。


DSCN8112am.jpg


橋を渡り、さらに滝尻王子前の橋を渡り、通路を歩くと左側にトイレがあり、突き当りに熊野古道館の玄関があります。


館内に入ると、


DSCN8099.JPG


番傘のような吹き抜けの天井が目を惹きます。
それほど広い館内ではありませんが、開放感と木のぬくもりを感じる建物です。


DSCN8029am.jpg


入口正面には平安衣装を着たマネキンがお出迎え。
記念撮影スポットです。


DSCN8027am.jpg


右側の川側には休憩スペースがあります。
コーヒーが300円ぐらいで飲めるようになっていたように思うのですが、うろ覚えですみません。
館内は御食事処や喫茶はありません。


PB280918am.jpg


主に奥に展示スペースがあり、滝尻王子の所蔵品や中辺路のビデオなど見ることができます。


DSCN8047.JPG


「熊野参詣」のコーナー


DSCN8038.JPG


「中辺路」のコーナー


DSCN8060.JPG


「滝尻王子」コーナー


DSCN8108.JPG


多目的スペースでは、リュックやポーチ、帽子やTシャツ、笛にもなるストラップなど、古道歩きのグッズも販売されていました。
館内にはロッカーもあったので便利です。


DSCN8111.JPG


平安衣装の貸し出しもされているので、記念に平安衣装体験ができます。
1時間2500円
着付けは15分ほどでできます。


DSCN8103.JPG


入口左には案内カウンターがあるので、そちらで古道歩きや中辺路の観光の相談ができます。
館内にはパンフレットなども置いてあります。


今回熊野古道館に訪れたので、ついでにお聞きしたいことがあって聞いてみました。
『紀伊山地の霊場と参詣道』として、世界遺産に登録されていますが、
その中でも熊野古道でも中辺路は世界遺産ですが、そこに点在する史跡、牛馬童子(ぎゅうばどうじ)なども世界遺産に含まれるのか?
というのが分からなかったので聞いてみました。


・牛馬童子は世界遺産では無く、高原も古道では無いので世界遺産では無い。
・奥駆道などを含めると700程のあるけれど、世界遺産に登録されているのはそのうちの300程
・詳しいことは世界遺産センターだったと思うのですが、そちらで聞いてただいた方が詳しいことが分かるということでした。


そんなにあるなら聞いても分からないから、今度リストでも貰ってこようかしら・・・。


* 熊野古道館 *


・住所 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川1222-1
・電話番号 0739ー64-1470
・定休日 なし(年末年始を除く)
・入館料 無料


2017年7月17日

安くて美味しい今が旬の桃を買うために、和歌山県の桃山町へ行ってきました!


桃の産地、和歌山県紀の川市桃山町にある稲垣農園さんで桃のソフトクリームを食べた後は、安くて美味しい桃を買いに車で移動しました。


DSCN7826m.jpg


訪れたところは口コミで安いと評判の同町にある八旗(はっき)農園さんです。
ですがこちらも自宅用は完売。
トラックで桃を運んできても、すぐ箱で売れて行きドンドン無くなってしまう状態だそうで、今年は桃も少なく、特にいつ頃来たら桃があるとは言えない状態だそうで・・・。
無い物は仕方がないので、また来ます!と挨拶をして次なる場所へ。


でも、道沿いにある何軒ものお店には、店頭に桃は並んでおらず完売していてお店も閑散としています。
もちろん少しだけ桃が残っているお店もありました。
和歌山市内のスーパーで販売していた高くてシワシワの桃とは違い、同じ2個入りでも大きくてきれいで瑞々しい美味しそうな桃が500円や300円などで販売されているお店もありました。


けれど欲しかったのは進物用の高級な桃ではなかったので、諦めきれずに探しました。


カフェムロさんの前を通って、サンワビーチサービスの方へ向かう途中の道で、


DSCN7831am.jpg


人もいて、桃が販売されているような気配が!


向かい側へ車を停めてふたりお店へ向かいました。
(ごめんなさい、お店の名前や住所は分からないです。)


夫がお店の方にクズ物の桃が無いかお尋ねすると、


「さっきトラックで桃が運ばれてきたところや、さっきも4組ほど来られたけれど桃が無くてお断りしたところや」


ということだったので、タイミング良く桃があったので本当に嬉しくてふたりで喜びました!


DSCN7829.JPG


大小適当に箱詰めしていただき、上の桃は1個サービスしてくださいました。
有難うございます。


しかもお値段、


なんとこれでたったの500円!!!


もちろん、いわゆるB級品になるのですが、粗悪品では無いので味は美味しいです。


DSCN7840.JPG


このようにちょっとした痛みや、


DSCN7843.JPG


形が少しいびつであったり、


DSCN7841.JPG


小さめの桃といった大小不揃いの桃ですが、自宅で食べる分には問題は無いのでとてもお得に買うことができました。


DSCN7853.JPG


甘くてジューシーで美味しい地元ブランドのあら川の桃。


あともう少し残っており、


DSCN7834.JPG


部屋中に、甘いやさしい香りが漂って癒されています♡


2017年7月14日
2017年7月12日
2017年7月11日
2017年7月11日
2017年7月 9日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大阪宮古島富山山形広島徳島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福島種子島能登金沢釧路長崎長野青森鹿児島