海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/和歌山特派員ブログ

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

那智山 青岸渡寺(なちざん せいがんとじ)は、西国三十三所の第一番札所として名高い古刹です。
1000日間(3年間)滝籠りをされた花山法皇が、永年2年(988)に御幸され、現在の青岸渡寺を第一番にして西国三十三所観音霊場を巡礼されました。
今も全国から多くの信者や観光客が訪れれる寺院です。


豊臣秀吉が再建した本堂


DSCN6351am.jpg


桃山時代に織田信長の焼き討ちにあった本堂は、豊臣秀吉が弟の秀長に命じて天正18年(1590)に再建されたものです。
桃山時代の建築様式をもつ南紀最古の建物で、国の重要文化財、世界遺産の一部に登録されています。


DSCN6346am.jpg


見逃せないのは、秀吉が寄進した堂内の大鰐口!
直径1.4m、重さ450gと日本一の大鰐口です。


神仏習合時代の面影を残す青岸渡寺


DSCN6730am.jpg


青岸渡寺の御本尊は如意輪観世音菩薩です。
秘仏のため今回はお姿を拝見できませんでした。
2月3日の豆まき大法会、4月の開山祭献茶法要、8月17日のお盆精霊追善大法要の年3回御開帳されるそうです。


伝承では仁徳天皇時代(319~399)に、インドから熊野浦に漂着した僧・裸形(らぎょう)上人が那智の滝での修行中に滝壺で得た如意輪観音を、草庵を建て本尊として安置したのが青岸渡寺の始まりとされています。


後に推古天皇の勅願で生仏上人(しょうぶつしょうにん)が伽藍を建立しました。
丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人得徳の如意輪観音を納めて安置したといわれています。
かつて青岸渡寺は「如意輪堂」と呼ばれていました。


DSCN6705.JPG


もとは那智の滝を中心とした神仏習合の一大修験道場だった青岸渡寺。
明治の神仏分離令で熊野本宮大社と熊野速玉大社の仏堂は全て取り壊されましたが、熊野那智大社は西国三十三所霊場ということもあり如意輪堂は免れたようです。
お堂はあっても廃寺状態でしたので、明治7年に信者の手により青岸渡寺として再興されました。
現在も熊野那智大社と隣接しており、熊野の神仏習合時代の頃の面影を残しています。


西国三十三所 草創1300年記念「特別印」


DSCN8041.JPG


西国三十三寺院では、2017年1月から事業終了日まで、限定御朱印「特別印」が授与されています。(御朱印料 300円)
特別印は各寺院オリジナルで、青岸渡寺は三重塔と那智の滝の風景デザインとなっています。


<青岸渡寺>


・住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地
・拝観料 不要
・アクセス 
(バスの場合) 紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で約30分、終点バス停下車、徒歩15分(石段が続く表参道があります)


(車の場合)
県道46号線沿いのお土産物屋さんの駐車場を利用されるか、


PB210566.JPG


県道46号線から青岸渡寺の防災道路を通り駐車場へ。(防災道路通行料 800円)
熊野那智大社の防災道路とは違いますのでご注意くださいね。


DSCN6701am.jpg


青岸渡寺の駐車場です。


DSCN6702am.jpg


本堂に一番近い駐車場なので、お身体が不自由な方、小さなお子様がいられる方はとても便利ですよ。
画像は駐車場前から撮影した風景で、参道正面あたりに見える建物が本堂、その手前右の建物がお土産物や軽食がいただける見晴亭さんと、その隣にはトイレがあります。


2017年12月 9日

熊野那智大社に参拝し、那智の滝を見た後は、大門坂(だいもんざか)にやってきました。


DSCN7061.JPG


大門坂は世界遺産・熊野古道(中辺路)の一部です。
大門坂の名前は、昔、坂の到着地点に大門があったことに由来します。
「日本の道百選」に選ばれており、杉並木と石畳が古道の面影を残している美しい道です。


DSCN7070am.jpg


大門坂の入口から歩いて行きました。
大門坂は約640m、歩いて約30分ほど。
バスのアクセスも良く、熊野古道としてはショートコースで、本格的なウォーキングが無理な方でも古道の雰囲気を楽しめるのでお勧めです。
大門坂を登りきると、熊野那智大社や那智の滝へと歩かれるのが一般的です。


DSCN7072.JPG


大門坂の途中には世界の博物学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)が滞在したという大阪屋旅館跡や、関所の遺構である、石造の流し台や石造の石船も古道沿いにあります。


DSCN7085.JPG


関所跡のすぐ近くには石造りの鳥居があり、ここから神域という雰囲気が漂ってきます。


DSCN7093.JPG


鳥居をくぐればすぐに那智参詣曼荼羅(なちさんけいまんだら)に描かれている赤い橋の「振ヶ瀬橋」があります。
俗界と霊界の境目の橋であり、この橋を渡ればいよいよ聖域です。


DSCN7095.JPG


橋を渡った先に「鏡石」と呼ばれる大きな石があります。
祈り石だそうですよ。


DSCN7183am.jpg


前方にまるで森のような杉並木が見えてきます。
その手前左の建物は「大門坂茶屋」で、平安衣装がレンタルできますよ。


DSCN7159am.jpg


杉並木の入口、石畳の両側に立つ2本の杉は「夫婦杉」と呼ばれています。


DSCN7153am.jpg


推定樹齢800年といわれている巨木です。


DSCN7180am.jpg


夫婦杉を過ぎれば杉木立と石段の続く古道です。
熊野の自然や歴史を感じながら歩いてみてくださいね。


<大門坂>


・住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山


(交通アクセス)
・バス利用の場合
紀伊勝浦駅前発 (那智山行20分) 大門坂下車
※ 大門坂にはトイレはありませんので、大門坂駐車場前で降車されて駐車場のトイレを利用されておかれても良いかと思います。


・駐車場
DSCN7205am.jpg


無料の大門坂駐車場が県道46号線沿いにあります。


DSCN7195.JPG


駐車場から大門坂入口までは約200m、徒歩約3分です。


2017年12月 5日

熊野那智大社の表参道の石段途中に「清涼亭(せいりょうてい)」さんがあります。


DSCN6794am.jpg


清涼亭さんが建つ庭園のある敷地は、中世の熊野行幸で参拝された上皇や法皇の御宿泊所となった「実方院跡」で、和歌山県指定史跡となっています。


DSCN6803am.jpg


手入れされた庭園が美しいです。


DSCN6862.JPG


庭園には和歌山県内でも珍しい木斛(もっこく)の大樹があり天然記念物となっています。


DSCN6785.JPG


こちらがその木斛の木で、七月頃に白色五弁の花を咲かせるそうですが、花が咲いた姿も見てみたいですね。


DSCN6799.JPG


樹高は約10m、幹回り1.8m、樹齢約400年の立派な木斛です。


DSCN6783am.jpg


現在清涼亭さんは参拝者の休憩所・茶店となっています。
私たちも熊野那智大社へお参りした後で休憩しました。


DSCN6779.JPG


店内は窓が広がり明るく、ほとんどが景色を眺められるカウンター席です。


DSCN6817am.jpg


私たちはテーブル席に座りました。
このテーブル席を選んだのはここから那智の滝が見えるからなのです。
画像右の方に、白い筋のような那智の滝が見えるのが分かりますか?


DSCN6809am.jpg


ズームで撮影した那智の滝です。


DSCN6812am.jpg


DSCN6832.JPG


お昼ご飯はこちらで「お瀧うどん」をいただきました。
温まり、お出汁がすっきりまろやかで美味しかったです。
お瀧うどん 600円


DSCN6843.JPG


ところてん(黒蜜) 500円


DSCN6847am.jpg


名水コーヒー 350円


DSCN6853.JPG


抹茶&茶菓子セット 600円


DSCN6857.JPG


お茶菓子は羊羹でした。
最初分からなかったけれど、食べていると「那智黒飴」の味がしました。
ちょっとクセになるお味でした!


DSCN6855.JPG


那智の滝を眺めながら休憩できたので格別な気分でした。
そして自然を見ていると癒されます。


PB210661.JPG


こちらは以前撮影したものですが、お天気が良ければ遠くに太平洋も見られますよ。


2017年11月27日
2017年11月23日
2017年11月22日
2017年11月17日
2017年11月15日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 和歌山特派員

    和歌山特派員
    麻巳子
    生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集