海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 鶴の渓と紫陽花

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月24日

鶴の渓と紫陽花


メール プリント もっと見る

鶴の渓と紫陽花

雨の和歌山市よりこんばんは、麻巳子です。


和歌山城には鶴の渓(つるのたに)と呼ばれる場所があります。


DSCN6387.JPG


砂の丸から二の丸へ行く道にあり、


DSCN6363.JPG


くぼんだ地形になっています。


慶長5年(1600)に城主となった浅野家がここで鶴を飼っていたので「鶴の渓」と名前がつきました。


説明板によると、
大正4年、「御大典記念 和歌山公園改良計画」で「鶴の谷の池を埋め立つべし」とあり、
残念ながらその後、池は埋めたてられたようです。


DSCN4281.JPG


こちらは鶴の餌入れです。
けっこう大きくて、石の鉢みたいです。


「紀伊国名所図会(きいのくにめいしょずえ)」には鶴を飼っていた池や餌入れが描かれおり、
こちらの鶴の餌入れは、現在、天守閣で展示されているものです。


いつ頃から鶴の渓に紫陽花が植えられたのかは分からないのですが、
梅雨時期の紫陽花の季節になると、地元のニュースでも紫陽花が紹介されることがあります。


DSCN6319.JPG


石垣に囲まれたほんの一角ですが、訪れる人の心を和ませてくれます。
お城の石垣と紫陽花というのも素敵な雰囲気です。


DSCN6333.JPG


紫陽花の小路を散策しながら楽しめるようになっています。


DSCN6335.JPG


DSCN6322.JPG


DSCN6341am.jpg


DSCN6365am.jpg


和歌山市はしばらく雨模様ですが、小雨の紫陽花も風情があって素敵ですよね。
鶴の渓の紫陽花は無料で見ることができるので、訪れられた時は季節の花を楽しまれてはいかがでしょうか。
紫陽花の状況は6月20日に撮影したものです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年6月24日
« 前の記事「喫茶店のミックスジュース」へ
»次の記事「力餅」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    県境を飛び越えよう!
    ココジェラート
    こだわり醤油のラーメン店
    野菜スイーツ♡almo
    由利のなれずし
    明恵の焼き鳥♡
    ぶどう狩り体験♡
    今が旬!のぶどう狩りへ

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集