海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 「桃」はどこに?

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月29日

「桃」はどこに?


メール プリント もっと見る

「桃」はどこに?

石垣の石に、符号のようなものを刻したものがあります。
これを刻印(こくいん)というのですが、和歌山城の石垣にも2110個の刻印があることが分かっているようです。
主に浅野氏が城主だった浅野家時代(1600~19)の石垣に刻印が多く見られます。


DSCN6416.JPG


駐車場から近い、天守閣への登り口である新裏坂(しんうらざか)周辺の、


DSCN6409.JPG


坂の西方に続く石垣に、全体の4割の854個と集中しているそうです。
注意深く探しているといくつか発見することができます。


DSCN6412.JPG


石垣のそばにある説明板にもあるように、刻印のデザインは幾何学模様で多種多様にあります。
家紋やその省略文字であったり、方位や日付、人名と考えられるそうです。


DSCN6418.JPG


刻印の場所は、石の表面だけでなく、側面、上、下とあらゆる面にわたっているようなので、パッと見た目では分かりにくいものもあるかもしれませんね。


DSCN6420.JPG


刻印については、石材所有者の表示、石質チェック、鬼門除けなど呪術的使用などの諸説があるそうですが、なんのための刻印なのかははっきりと分かっていません。


DSCN6424.JPG


各大名たちが手伝いをして築造したお城の刻印は、各大名たちの家の符号を刻したものが多く、石材提供者としての表示だろうといわれていますが、


DSCN6428.JPG


刻印が浅野家時代に修築された石垣にしか使われていないことから、一大名にしかすぎない浅野氏に他大名が協力普請したと思えないことから、浅野家の家臣が主家(しゅか)の城普請(しろふしん)に協力した印だと推測されています。


ところで、城内でも例をみない、桃のかたちの刻印があります。


DSCN6205.JPG


一中門(いちなかもん)跡そば、


DSCN7679.JPG


東堀に続く石垣にあるというのですが、一度目は見つけられず


DSCN7691.JPG


2度目の時に似てるけれど「これ~?」と思うものが。


DSCN7691am.jpg


DSCN7682.JPG


正解かどうかは分からないので、また詳しい方にお聞きしたいと思っています。
みなさんも訪れた時はぜひ探してみてくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月29日
« 前の記事「葛々氷でひんやり♡」へ
»次の記事「お城の茶室で一服」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    「大門坂茶屋」で変身!平安衣装体験
    青岸渡寺のおすすめスポット!
    西国三十三所草創1300年 「那智山 青岸渡寺」
    はじめての熊野古道は「大門坂」がおすすめ!
    那智の滝を眺められる「清涼亭」
    間近で見る感動の那智の滝
    日本一の那智の滝と飛龍神社
    那智大社で開運&ご利益を!

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集