海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > お城の動物園とくまの園長さん

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月20日

お城の動物園とくまの園長さん


メール プリント もっと見る

お城の動物園とくまの園長さん

和歌山市よりこんばんは!麻巳子です。


実は、和歌山城には小さいけれど動物園があります。
地元なので、お城に動物園があることに何の疑問も持っていなかったのですが、県外の方からお城に動物園があるのは珍しいと言われ驚きました!


和歌山公園動物園の誕生は、
大正4年(1915)の時で、大正天皇の後大典(ごたいてん)記念事業として始まった和歌山公園改良計画の過程で誕生しました。
整備開始当時は日本には、上野動物園、京都市動物園、天王寺動物園の3園だけしかなく、動物園という言葉も馴染みがなかった時代のため、正確な動物園の開園日などはわかっていないようです。


戦後しばらくまで一時閉園されていた時期もありましたが、戦後になって動物園は再開されます。
けれど、各地で復興が進み、近代的な動物園が続々と開園され、和歌山公園動物園は時代にそぐわないものになってしまいました。
そこで、公園を夢のオアシスにして大改造しようと計画され、


DSCN6545.JPG

童話園(どうわえん)が昭和45年(1970)3月に、


DSCN6768.JPG

水禽園(すいきんえん)が、昭和45年(1970)5月5日に開園しました。
この2つのエリアは道を挟んで向かい合ってあります。


DSCN6538.JPG

昭和47年(1972)には、水禽園そばに熊用の園舎も新たに整備され、和歌山公園動物園は現在のような姿になりました。


DSCN6514.JPG

お城の動物園といえば、「ベニーちゃん!」と名前が挙がるほど、有名で人気者のくまさんがいます。
平成27年7月の園長選挙では、動物園初の園長に当選しました!
冬眠すると地元のニュースで流れるほどなのです。


DSCN6533.JPG

ベニーちゃんは、平成6年4月26日に動物園に来たツキノワグマです。
人間の年齢でいえば、推定80歳以上のおばあちゃんなのだそう。
昔に比べて歳をとったなとは思うけれど、いつまでも元気な姿を見せてほしいですね。


DSCN6526.JPG

餌や物を投げないでね。
そして、毎日4時から食事の為中に入るので、ベニーちゃんに会うのは時間に注意してくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月20日
« 前の記事「かたい派?やわらかい派?」へ
»次の記事「お城の見える動物園」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    青岸渡寺のおすすめスポット!
    西国三十三所草創1300年 「那智山 青岸渡寺」
    はじめての熊野古道は「大門坂」がおすすめ!
    那智の滝を眺められる「清涼亭」
    間近で見る感動の那智の滝
    日本一の那智の滝と飛龍神社
    那智大社で開運&ご利益を!
    創建1700年の那智大社に参拝

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集