海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > お城の動物園でほんわか♡

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月21日

お城の動物園でほんわか♡


メール プリント もっと見る

お城の動物園でほんわか♡

和歌山市よりこんばんは、麻巳子です。
本日2度目の更新です。



和歌山公園動物園の水禽園(すいきんえん)の道を挟んだ向かいに、


DSCN6544.JPG

童話園(どうわえん)があります。


DSCN6867.JPG

開園時間は水禽園と同じく、開園は9時、閉園は17時となっています。


童話園は、おとぎ話やイソップ童話の雰囲気を壁や絵などで表現されたエリアで、哺乳類を中心に飼育されています。
私も子供の頃は動物たちだけでなく、壁に描かれた夢のある絵も好きで楽しんでいました。


当時は、キツネ、タヌキ、カンガルー、猿、アシカなどの動物もいたのは私も記憶しています。
でも今思えば、この規模の動物園でカンガルーやアシカがいたことは凄いことだったなと思いますね。


P4160083.JPG

こちらは当時動物園にいた、オタリアの「ポポ」がいたころに撮影したものです。


DSCN6547.JPG

正面入口付近に、記念撮影スポットがあります。
「和歌山城 お城のどうぶつえん」の文字と、背景に和歌山城、動物園で飼育されている動物たちのイラストのパネルが設置されています。
そしてその前に、熊のベニーちゃんの像が設置されています。
訪れた際には記念にぜひ!


DSCN6780.JPG

動物園らしく御手洗の案内板がペンギンです。
御手洗は水禽園入口にありますよ。


DSCN6551.JPG

入口を入った右側はうさぎのエリア。


DSCN6558.JPG

名前やイラスト入りで紹介された、手作り感のあるプレートがかわいです。


DSCN6556.JPG

うさぎは子供の頃から親しみのある動物で人気ですよね。
プレートは、子供たちのために作ってあげたのかしら?^^


DSCN6562.JPG

アメリカビーバーのエリアです。
どこにいるの?と思ったら、


DSCN6567.JPG

小さな小屋の中で眠っていました。


DSCN6572.JPG

入口左側にあるフンボルトペンギンのエリアです。


DSCN6575.JPG

ペンギンの数は減ったように思うのですが、ペンギンの場所は昔から変わっていません。


DSCN6783.JPG


DSCN6613.JPG

ヤギが何かを気になって何度も柵から顔を出していました。
私は逆にヤギが何が気になっているのかが気になりました!^^


DSCN6632.JPG

ミニチュアホースの吉宗(よしむね)くんです。
名前の由来は、紀州藩第5代藩主であり、8代将軍になった徳川吉宗からです。

馬のよしむねくんは、
2009年5月3日生まれ
とってもやんちゃで甘えん坊
おそうじの時はホウキをかんで飼育員を困らせます。
寝顔のかわいい男の子だそうです!


DSCN6596.JPG

マーラのエリアです。


小屋にフラッシュ撮影禁止のマークがあって気になったので小屋の中を覗いてみると・・・


DSCN6644.JPG

マーラの赤ちゃんがお母さんと一緒にいました。


DSCN6646.JPG

5月19日に生まれたそうです。
愛くるしい目でこっちを見て警戒しているようにも見えますが・・・かわいいです♡
失明する可能性があるので、フラッシュ撮影は禁止です!!!


DSCN6582.JPG

こちらは鹿のエリアです。


DSCN6618.JPG

「ん!!?」


DSCN6621.JPG

「バンビがいる!!!」


5月30日生まれだそうです。


DSCN6800.JPG

目が覚めました。


DSCN6810.JPG

立ってお母さんの後をついて歩いて行きます。


DSCN6822.JPG

小鹿の両親でしょうか?ラブラブで仲がよさそうで羨ましいです。
いえ、我が家も負けてはいられません!^^


DSCN6823.JPG

親子のショットです。


そして気づきました.


隅っこにまだ小さなバンビがいたことに。


DSCN6829.JPG


DSCN6828.JPG


こちらは6月15日生まれだそうです。


DSCN6836.JPG

ちょっと上の小鹿は、小さい方の小鹿に興味があるみたい。


DSCN6852.JPG


バンビ2頭のかわいい姿を見ていると、こちらまでほんわかしてきて癒されました。
見ていて飽きませんでした。


DSCN6858.JPG

しばらく歩いて小さい方の小鹿はまた隅っこへ。
どうやらあの場所で身を潜めているのがかわいいです。
性別を飼育員さんに伺ってみると、1年後ぐらいでないと分からないそうです。


他にも多数の動物が動物園におり、今回紹介させていただいた動物はほんの一部です。
小さな動物園ですが、地元の子供たちの遠足や、小さなお子さん連れのファミリー、大人の常連さんもいる地元で長く愛されている動物園です。



・住所 和歌山県和歌山市1番丁3番地
・電話番号 073-424-8635
・開園時間 9:00~17:00
・料金 無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月21日
« 前の記事「お城の見える動物園」へ
»次の記事「和歌山城ってどんなお城?」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    ココジェラート
    こだわり醤油のラーメン店
    野菜スイーツ♡almo
    由利のなれずし
    明恵の焼き鳥♡
    ぶどう狩り体験♡
    今が旬!のぶどう狩りへ
    花園の巨大壁画

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集