海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 熊野本宮大社の宝物殿

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 9日

熊野本宮大社の宝物殿


メール プリント もっと見る

熊野本宮大社の宝物殿

熊野本宮大社に参拝した後は、


PA5230119.JPG


授与所近く、石段そばに宝物殿があるので、訪れてみたいところです。


DSCN0480.JPG


入口に常陸宮殿下の御愛用ヨットが置かれています。
説明板には、昭和23年神奈川県の浦和ドッグで建造されたもので、宮様が葉山の御用邸で少年期から青年期にかけて御愛用されたヨットだとあります。
以前からずっと気にはなっているのですが、なぜそのような物がこちらに・・・。
今度機会がありましたら、聞いてみたいと思います。
センターボード艇、全長6メートル、マストの高さ約10メートルの木造船。


DSCN0487.JPG


宝物殿内は撮影禁止なので画像は無いです。


印象に残っているのは、入ってすぐの大きな
・鉄湯釜
奈良の東大寺にある「鉄湯船」についで日本で2番目に古い釜です。
これは以前、煮沸した湯を竹笹を用いて参拝者に振りかけてお祓いを行った湯立神事に使用されていたものと考えられているそうです。
熊野三山それぞれに同様の釜が存在していたはずらしいのですが、原型を留めているのはこの釜だけだそうです。


あまり記憶が無いので、パンフレットやホームページより抜粋で申し訳けないのですが・・・
熊野本宮大社の主な宝物とポイントは、


・熊野本宮并諸末社圖繪・・・旧社地・大斎原に本社・末社すべての社殿が完成したことを記念して、全景描かれたものではないかと考えられている絵図。
・豊臣秀頼が奉納した神額・・・額の中心部を残すだけですが、向かって右に昇龍、左に降龍を配した木製額。龍は金色であった。
・熊野本宮八葉曼荼羅・・・本宮の本地仏の阿弥陀如来を中心に「中台八葉院」とよぶ独創的で特徴的な構成である曼荼羅。
これを用いて比丘尼(びくに)が絵解きを行いました。
・熊野本宮大社が所蔵している能面・・・所蔵は27面、男系や鬼神系が少ないのが特徴。
・擬宝珠(徳川頼宣奉納)・・・旧社地大斎原に掛かっていた幅5メートル、長さ34メートルの「高橋」と呼ばれる太鼓橋の高欄親柱についていたもの。
橋が明治22年の水害で流出し、12個あった擬宝珠も現在は3個を残すのみ。


他にも展示物があり、年間4回展示替えが行われています。
宝物館は平屋でいつ開館されたのかは分かりませんが、昭和の建物といった感じです。
館内はそれほど広くないので、ザッと見るなら10分もかからないかもしれませんね。
興味のある方がじっくり見ると1時間ぐらいの所要時間のようです。


<熊野本宮大社宝物殿>
・拝観時間 10:00~16:00
・拝観料 大人300円、小人100円
・休館日 不定休(ほぼ無休)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年7月 9日
« 前の記事「熊野本宮大社へ」へ
»次の記事「本宮大社へお参りの後は。」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    那智大社で開運&ご利益を!
    創建1700年の那智大社に参拝
    串柿の里 四郷
    高野山の紅葉状況
    世界遺産 熊野那智大社へ!
    潮ざきの立岩巻
    幻想的な橋杭岩
    真土の古い街並み

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集