海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 桃山町は桃の町

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月11日

桃山町は桃の町


メール プリント もっと見る

桃山町は桃の町

和歌山県の北部、紀の川市桃山町は和歌山では有名な桃の産地です。


桃山町の桃が美味しい理由は、土壌が砂地なので水はけがよく、温暖な気候等といった条件から甘い桃ができるのだとか。


P4050071.JPG


春はピンク色をした桃の花が開花し、大勢の観光客が訪れます。
紀の川沿いに広がる桃の絨毯のような風景は「ひと目十万本」と謳われ、まるで桃源郷の世界です。
この「桃源郷」で栽培される桃は「あら川の桃」ブランドとして全国でも有名です。


ちなみにあら川という名は、平安時代から近世にかけて紀伊国にあった荘園・安楽川荘(あらかわのしょう)からきているようです。
現在の紀の川市桃山町全域と、東部の打田町の一部のよう。


P4050072.JPG


ちょうど電線が入っていますが・・・堤防上から見ると山裾まで桃畑が広がっているのが分かります。
とてもきれいですよ。


P8180012.JPG


そんな桃の産地、桃山町に桃の季節がやってきました。


P8180015.JPG


DSCN3869.JPG


こちらは2015年7月に撮影した桃の木です。


DSCN3873.JPG


実は袋を被せて大切に育てられています。
そして収穫するときも、実が痛まないようにそ~っとそ~っともぎ取るのが大変らしいです。


DSCN3880.JPG


地面に敷いているアルミシートの反射で下からも実に日光を当てているのですが、実が成長してくると袋の下部を破り、実のお尻の部分をピンクにさせます。
全体が白でも無く、ピンクでもなく、ほんのり一部分がピンク色に色づいているのが、あら川の桃の特徴かもしれませんね。


DSCN3871.JPG


この時は桃の実がたくさん地面に落ちていてもったいない~!って思ってしまいました。
厚かましくもそれでいいからひとつ欲しいと思ってしまったのは内緒です。^^


今年も桃の販売が始まっていますが、今年は今のところ桃が少ないらしいです。
それでも先日の土曜日、和泉や大阪、奈良と県外の車も目にし、遠方から多くの人が桃を買いに求めに来られていました。
この時期、桃街道!?と思えるほど、あちらこちらで桃が販売されており、桃渋滞もおこっております。


P8070276an.jpg


組合のものですが、品種と時期の参考に。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年7月11日
« 前の記事「本宮大社へお参りの後は。」へ
»次の記事「稲垣農園の桃ソフト♡」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    ぶどう狩り体験♡
    今が旬!のぶどう狩りへ
    花園の巨大壁画
    びっくり!あまごめし
    日本一長~いベンチ?
    3年は大丈夫。
    玉川の不思議
    生身供を見よう!

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集