海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 乳岩と胎内くぐり

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月22日

乳岩と胎内くぐり


メール プリント もっと見る

乳岩と胎内くぐり

「こんなにしんどい道だったなんて!」


DSCN7965am.jpg


熊野古道(くまのこどう)とは、熊野三山への「信仰の道」です。
熊野の神々にあこがれた、貴族から庶民までが信仰を胸に歩いた参詣道です。


早朝に京都を出発し、まず淀川を船で大阪府下に下り、そこから陸路を歩きました。
熊野へは、紀伊半島の西側を海岸沿いに南下し、田辺から山中の中辺路をたどって熊野本宮大社へ。
そして熊野速玉大社、熊野那智大社の順に詣でるが順路でした。


往復の日数は20日から1ヶ月。
一行の人数は最大で814人、最少の時で49人、平均で300人前後にのぼったそうです。
厳しい旅だったそうですが、それでも「蟻の熊野詣」と呼ばれるほどに熊野は人々を惹きつけました。


DSCN7951am.jpg


熊野参詣道の中で、最も多くの人が歩いたとされる中辺路。
ここから厳しいけれど、一歩ずつ、浄土に近づく喜びを感じながら人々は歩いたのでしょうね。


DSCN7968am.jpg


滝尻王子の社殿の左側にある道を歩いて行きます。


DSCN7967am.jpg


乳岩まで17分ぐらい。


DSCN7976am.jpg


DSCN7987am.jpg


DSCN7988am.jpg


古道は昔の面影を色濃く残していますが、道標などは設置され整備されています。


DSCN7996am.jpg


そして、


DSCN7993.JPG


『ここからは急な坂道が続きます。ゆっくり休みながらお登り下さい。』


と、坂の登り口に案内板があるように、


DSCN8001am.jpg


社殿の裏側から急勾配の山道が続きます。


以前、夫とこの坂を登った時は、あまりにも大変な道だったので、今回は(も?)暑さもあり、王子社と周辺を巡っただけで登りませんでした。


ここより先の道の画像は以前訪れた時の画像です。


DSCN7999am.jpg


次の王子社・寝子王子(ねずおうじ)までは約20分の距離。
登り始めは「20分ぐらいなら歩けるわ!」と思っていました。


DSCN8002.JPG


王子社の裏をを右に見て歩き、だんだん下界が遠のいていきます。
木立の中の山道を登って行きましたが、視界が開けない道を延々と登るのみ!
まるで登山!何かの修行!!まだ着かないの!!?
と思いながら登り続けました。


山歩きに馴れたような年配のハイカーさんたちは、私たちを追い越し、スイスイと山を登って行きます。
ふたりとも普段の運動不足を実感!
しばらくして、夫が「しんどい・・・気分悪い・・・」とへたりこんでしまい、夫は途中でリタイヤ。
私一人で山を登り続けました。
途中で、こんな山道をひとりで歩くことに不安が襲ってきましたが、ここまで来て戻るのもと思い行くところまで行きました。


人の気配がしたと思ったら、


P6B230151zam.jpg


洞内くぐりに到着しました。
皆さんこの前で記念撮影などをされていました。
画像では分からないのですが、古道沿いの巨岩が重なりあったような岩です。


P6B230152am.jpg


洞窟のように穴が開いているので中へ入ることができます。


P6B230153am.jpg


奥へ。


P6B230155am.jpg


奥行きはそれほど無かったように思うのですが、突き当りは狭く行き止まり。
その左側あたりが


P6B230158am.jpg


斜面になっています。


P6B230157am.jpg


斜面の上は穴が開いていて、この岩穴を抜けるのを「胎内くぐり」と言います。


女性がくぐり抜けることができれば、安産が約束されると信じられてきました。


P6B230159am.jpg


ここをくぐり抜けると乳岩は通り過ぎたように思います。
出口から乳岩へ、道を戻るようにして行った記憶が。


P6B230180am.jpg


私は斜面を這い上がるのが少し大変でしたが、なんとか通り抜けできました。
(撮影者の夫がいないので自撮りです。)
でもくぐり抜けるのはあまり余裕は無かったので、妊婦さんは無理のような・・・。
しかし、挟まってレスキュー隊のお世話にならなくて良かったわ!


P6B230183am.jpg


くぐり抜けた穴です。


P6B230164.JPG


洞内くぐりの入口から3分ほどで、乳岩に到着します。


P6B230169.JPG


巨岩の下にお地蔵さまが祀られています。


昔、奥州の豪族・藤原秀衡(ひでひら)とその妻が同伴で熊野詣でに来た時、ここで妻が産気づき、この岩屋で出産したという伝説があります。
夫妻は赤子をここに残して熊野に向かったのですが、その子は岩から滴り落ちる乳を飲み、狼に守られて無事だったので、奥州へ連れ帰ったと伝えられています。


P6B230173am.jpg


私も夫を残してここまで来たので、撮影した後は急いで戻りました。
登る道は大変でしたが、この往復だけでも古道の雰囲気を味わえ楽しめました。


後で聞いた地元の方のお話では、最初のこの急な山道はきつい道だけれど、その後はこれほどでも無いとのことでした。


熊野三山へは苦難の道をたどることにより、己の罪や穢れが浄化され、熊野本宮大社へ参詣することで新しい自分に生まれ変われるといわれていました。
現在はハイキングコースのような道や、昔の面影も無い舗装された熊野古道もあるのですが、そういった背景を知って熊野古道を歩かれると苦難の道もまた違った思いで歩くことができ、信仰の道だと感じることができるのではないでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年7月22日
« 前の記事「聖域のはじまり「滝尻王子」」へ
»次の記事「高原霧の里」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    ココジェラート
    こだわり醤油のラーメン店
    野菜スイーツ♡almo
    由利のなれずし
    明恵の焼き鳥♡
    ぶどう狩り体験♡
    今が旬!のぶどう狩りへ
    花園の巨大壁画

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集