海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 高原霧の里

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月24日

高原霧の里


メール プリント もっと見る

高原霧の里

幻想的な名前に惹かれて訪れた高原(たかはら)エリア。


高原(こうげん)と読むと避暑地を思い浮かべるけれど、こちらは熊野古道が通る山の上の里でした。
滝尻王子から熊野古道を歩いて約2時間という距離に位置しますが、


P9160609am.jpg


国道311号線から車で登って来られる道もあり、無料駐車場もあります。
先日はこちらへ寄れなかったので、熊野古道の続きで紹介させてくださいね!


P9160645.JPG


駐車場に建つ建物は古道散策者のための無料休憩所「高原霧の里休憩所」です。
店内はこじんまりしていてちょっとした売店、田舎の土産物屋さんといった感じで、この時は草餅やお土産物なども販売されていました。
トイレも店内奥にあります。


P9160610.JPG


休憩所の近く、歩いて3分ぐらいの距離に高原熊野神社(たかはらくまのじんじゃ)があるので歩いて行ってみました。


P9160613am.jpg


分岐している道の石垣のところが高原熊野神社です。
神社へは左の道を行きます。


P9160628am.jpg


石垣の上の道標には、前の道を行くと滝尻王子まで3.7キロメートルとありました。


P9160616am.jpg


高原の集落の入口に鎮座する高原熊野神社。
高原熊野神社は熊野古道沿いに鎮座していますが、熊野九十九王子には入らないのだとか。


P9160618am.jpg


本殿は春日造り。
室町時代前期の様式を伝える建物で、熊野古道沿いに現存する最古の神社建造物だそうです。


P9160621am.jpg


小さな神社ですが、彩色の社殿のある立派な神社ですね。
昨年、檜皮葺の屋根の葺き替えと、彩色の剥落止めと補筆が行われたので、今は画像よりきれいな社殿になっていると思います。


P9160625am.jpg


神社の裏山は、世界的な博物学者の南方熊楠(みなかたくまぐす)が守ったという有名なエピソードがあります。
当時和歌山県田辺市に住んでいた熊楠さんは、明治以降の神社合祀が進む中で、日本初の自然保護運動をおこない、この鎮守の森や神社を保護したといわれています。
熊楠さんのお陰で、今も自然が広がり大きなそびえ立つ楠が境内を囲っています。


P9160627.JPG


再び熊野古道を歩き、駐車場へ戻ります。


せっかくここまで訪れたなら、ぜひ見たい風景があります。
霧の里休憩所の駐車場の展望スペースから見える風景です。


P9160601.JPG


撮影は9月の中旬だったので、棚田の黄金の稲穂が風が吹く度に揺れてきれいでした。
秋里の雰囲気満点で、ほっとする懐かしい風景ですね。


P9160605.JPG


P9160603.JPG


たぶん右側に果無(はてなし)山脈も見えているはず。
(どの山か分からない・・・)


DSCN7026.JPG


※<参考> 果無集落。
奈良県の十津川村にあり、世界遺産の小辺路が通っています。
高野山から熊野本宮大社までの全72キロメートルの道です。


ところで、「高原霧の里」といわれるぐらいで、朝夕に多く霧が見られるらしいのです。
その風景を見てみたくて、11月下旬に初めて夫と高原を訪れた時は、早朝出発し7時半ごろに駐車場へ到着しました。


P6B230016.JPG


営業時間は調べても分からなかったのですが、休憩所はもうオープンしていました。
周辺にトイレも無いので有難いです。
休憩所内には皇太子様の写真が飾れていて、高原を訪問されたのだなぁと思っていたら、下から山を歩いて登って来られたというお話には驚きました。


やって来たものの、霧が出ているのか心配でしたが、駐車場から見えた風景は・・・


P6B230008.JPG


朝霧がでていて幻想的でした。
冷やりと澄んだ空気、霧に煙る山々が、熊野へ来たんだなぁ~と実感できました。


P6B230010.JPG


P6B230011.JPG


P6B230055.JPG


8時前、だんだん周辺が明るくなってきても霧は出ていました。


P6B230056.JPG


眼下に見えている小屋は


P6B230022.JPG


水車小屋です。


P6B230057.JPG


P6B230058.JPG


「高原霧の里」といわれるように、霧の高原の風景が見たかったふたりはこの風景に感動しました。
自然が相手では、いつもこの風景が見られるとは限らないので見られて嬉しかったです。


P6B230052.JPG


こちらは休憩所から高原熊野神社へ行く熊野古道の秋の風景ですが、紅葉の季節もきれいで楽しませてくれるでしょうね。


休憩所からは道の向いの細い道、旅籠通りを通り、大門(だいもん)王子、十丈(じゅうじょう)王子、大坂本(おおさかもと)王子を経て、道の駅牛馬童子(ぎゅうばどうじ)ふれあいパーキングに到着します。
高原熊野神社より牛馬童子ふれあいパーキングまでデータでは約195分(3時間15分)の距離です。


P9160607.JPG


高原よりまた熊野古道を歩かれる方はここから道が続きます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年7月24日
« 前の記事「乳岩と胎内くぐり」へ
»次の記事「霧の郷たかはら」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    青岸渡寺のおすすめスポット!
    西国三十三所草創1300年 「那智山 青岸渡寺」
    はじめての熊野古道は「大門坂」がおすすめ!
    那智の滝を眺められる「清涼亭」
    間近で見る感動の那智の滝
    日本一の那智の滝と飛龍神社
    那智大社で開運&ご利益を!
    創建1700年の那智大社に参拝

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集