海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ウェリントン特派員ブログ > Carpet Guy

ニュージーランド/ウェリントン特派員ブログ 旧特派員 山本 清人

ニュージーランド・ウェリントン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月18日

Carpet Guy


メール プリント もっと見る

Carpet Guy

うちの家のカーペットが古くなってきたんで取り換えようと、Carpet Layer (カーペットを敷く仕事)をやってる友達に電話したら、ニュージーランドでは安くあげたいなら、できるだけ自分でやるもんだと言われ、とりあえず鍛えてやるからたまに手伝いに来いということで行ってきました。(やれるだけ自分でやって、あとは手伝ってくれるということだと思います)

ブログとは関係ないかなと思ったんですけど、Tradesmanは結構ニュージーランドの生活と切っては切れないもので文化とよべるかなってことでここに書きます。

こっちで大工さん、水道屋、電気工事などの人のことを、まとめて Tradesman(職人って言葉が一番近いかな)と呼びます。

warehouse.jpg
朝8時に拾ってもらって、カーペットの問屋兼元締めみたいな所へ行きました。 今日の仕事のチェックとカーペットを取りに行くためです。 問屋のコルはすごく気さくで威勢がよく、市場にいるみたいな感じです。 昨日の仕事の古いカーペットをリサイクル置き場に置き、今日の仕事用のカーペットの積み込みです。 もちろん僕の仕事です。 結構重くて大変です。

友達のパンツもいつもとは変って師匠のような感じで指示を出します。 (プロ意識でしょうか、こっちは見習い以下なんでハイハイと)
結局カーペットの持ち方はコツがわからず、どけって感じで彼が担いでくれました (幸先の悪いスタートです)


まず一軒目、


約束の時間になってもオーナーが現れません (結構時間にルーズな人が多いです)、15分くらい待ったところでオーナーが来たんですが、鍵を持ってないとのことで、(まだお金を払ってないとのことで前の家主がもってるらしい)携帯でメールを打ってます。 (けちというか、節約家というか、待たしてるんだから電話すればと思っていると、メールが返ってきて一分で来ると。 でまつところ15分やっと現れ、悪びれた風もなくこんちわと握手 (ニュージーランド風です)

measure.jpg

ここでの仕事というと、家主がカーペットを選ぶ前の寸法取です。 カーペットは幅が決まっているんでいかに効率よく使うかで値段が決まってきます。幾何学的な要素があります。  素人の僕の出る幕はなく、とりあえず質問して勉強です。



二軒目、

carpet-joint.jpg


まず古いカーペットをはがして掃除をします、もちろん丁稚の仕事です。 前の職人がきつく留めておいてくれたおかげで大変です。45分くらいでやっと仕事を始める準備ができました。 
ここからは師匠の仕事です、カーペットを引っかけてとめるsmooth edge と呼ばれるものを床に釘で打ちつけて、Under lay と呼ばれる下敷きを敷いていきます。 丁稚の僕はというと、車と部屋の往復と師匠の後片付けと次の工程への準備です。 

やっとカーペットを敷くところまで来ました、ここからは師匠も真剣です、命令口調になってきました。 丁稚の僕はもっと真剣です。と言っても大したことはしてませんが。

やはりベテランの師匠ですみるみるうちに敷かれていきます、一か所をとめストレッチャー  という器具でカーペットを伸ばしながら敷いていきます。部屋の形に合わせるためのジョイン の部分もあっさり終わり(とてもつぎはぎしてるようには見えません) わずか45分ほどですべて完了。

後は端の部分を切っていきます角以外は僕の仕事です、師匠は隣の部屋へ。 30分ほどで師匠が帰ってきて仕上げて、掃除機をかけて終わり。


三軒目、

ラウンジの床板が高いんでそれを平らにする仕事を大工さんがやるんでカーペットをあげて、また元に戻すという簡単な仕事です。 着いてみるとラウンジにはモヒカンの兄ちゃんが(部屋の住人)がゲームをしてます。 ゲームに集中してるんで挨拶もしません。 
何も言わないので仕事を始めると、1mも離れてないところで大工さんがすごい音をたてて床を削ってるのにまだゲームをしてます。 結局1時間ほどいましたが僕らには一目もくれずゲームに集中してました。 4時を回ったところで今日は終了。

結構働いたつもりでしたが、師匠からは、いないよりはましときついお言葉を。 (冬までには、うちに新しいカーペットが敷けるようにがんばるぞ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年3月18日
« 前の記事「Newtown Festival A World of Food & Music - Fair Day」へ
»次の記事「Deluxe Cafe」 へ
おすすめ記事
    ウェリントン特派員 新着記事
    レッド・ロックス
    ペントハウス・シネマ
    ウオーターフロントの彫刻作品
    地震がウエリントンを襲った
    夜景と街並が見える隠れたスポット
    映画『ホビット』の初公開イベント
    オタリ・ウィルトン森林公園
    Manual Magazine

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集