海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ウェリントン特派員ブログ > Medsafe

ニュージーランド/ウェリントン特派員ブログ 旧特派員 山本 清人

ニュージーランド・ウェリントン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月 5日

Medsafe


メール プリント もっと見る

Medsafe

日本に帰った時にお医者さんに診てもらった関係で、実家から薬を送ってもらってたんですが、今回は薬は届かず, MEDSAFEというところから手紙が届きました。 手紙には、
ニュージーランドは処方箋のいる薬の輸入を管理してるみたいな事が書かれていました。
以前に何回か送ってもらって、ちゃんと届いてたんで、あんまり考えたことはなかったんですが、ああやっぱりだめなのかって感じでした。

medsafe-form.jpg


よく読んでみると、きつい薬ではないので、即処分ということではなく、30日以内に、こっちのお医者さんから処方箋をもらって、Faxしてもらってから、オリジナルの処方箋を送ればいいということでした。

早速、街のGPに予約を入れ、行ってきました。 ここのお医者さんは、親切でいいんで、今度行くときにブログに書こうと思ってます。(ワーキングホリデイの人にはおすすめです)
僕の見てもらったお医者さんノゥ先生は、事情を話し、診察してもらうとすぐに処方箋をくれ、手紙にもサインしてくれました。 今まで行ってたとこでは、何をしてもらうのにも100ドルとかチャージされて、覚悟してたんですが、無料でやってくれました。(ていうか、お医者さんがいうには、普通そんなのはチャージしないもんだってことでした。)
お医者さんから帰って早速Faxをして、オリジナルを郵送しました。
3日ほどすると、薬は無事到着しました。

こっちに住んでる方、処方箋のいる薬を送ってもらうときは、(送ってもらわないのに越したことはないんですが)こっちで止められた時は、こうすればいいっていう話でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年10月 5日
« 前の記事「スケートスポット」へ
»次の記事「Warrant of Fitness」 へ
おすすめ記事
    ウェリントン特派員 新着記事
    レッド・ロックス
    ペントハウス・シネマ
    ウオーターフロントの彫刻作品
    地震がウエリントンを襲った
    夜景と街並が見える隠れたスポット
    映画『ホビット』の初公開イベント
    オタリ・ウィルトン森林公園
    Manual Magazine

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウェリントン特派員

      ウェリントン特派員
      山本 清人
      1994年から雪目当てに来だして10年くらい、行ったり来たりの生活を経て、2005年からAdventurenewzealandにて、トラベルプランナーとして働きだしたのをきっかけに、ウェリントンに定住。仕事柄いろんなところに行ったり、いろんなことを体験したりすることが多く、観光地、名所に詳しい。趣味はDJとスノーボード。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集