海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ウェリントン特派員ブログ > Manual Magazine

ニュージーランド/ウェリントン特派員ブログ 旧特派員 山本 清人

ニュージーランド・ウェリントン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 7日

Manual Magazine


メール プリント もっと見る

Manual Magazine

スケートボード、スノーボードなどの情報をウェリントンから発信している、マニュアル

マガジンのことを書きたいと思います。
 


cover.jpg

マニュアルは、デイブリードを中心に、何人かのスケーター、フォトグラファー、デザイナー
(職場のフレッド君も締め切り前は、仕事を休んで手伝いに行ってます)などによってつくられているマガジンです。

最初はフリーマガジンとして1997年に始められ、主要メンバーは、学校で写真、デザイン

、アート、パブリッシングなどを学びながら、いろいろな人が係わりながら今に至ってる

そうです。
ちなみに2001年から本屋に並ぶようになり、それから着々と部数を伸ばし、現在では、ニ

ュージーランドで6000冊、オーストラリアで2000冊、年に四回のペースで刊行されてます

。 


mannual-office.jpg


今日は、締め切り間近とタイミングが悪かったんですが、マニュアルのオフィスに行って

メインエディターのデーブに話を聞いてきました。

オフィスには、スノーボードカメラマンのジョニーとエディターのデーブ、後何人かの自

称(スケーター/デザイナー/カメラマン)達が出たり入ったりと忙しそうに働いてます。

(結構、迷惑だったかも)特にカメラマン達は自分の写真がどう使われるか真剣にチェッ

クしてました。 ほとんどの人はスケボー、スノーボードのカメラマンですが他にもいろ

いろな写真をとっていてそっちの方で有名な人もいます。 デーブもカメラマンとしても

有名で、いろいろな分野で活躍しています。 

友達のジョニーだけはスノーボードのカメラマンとしてかなり成功してて、アメリカ、オ

ーストラリアなどの雑誌にも頻繁に写真が使われ、海外を飛び回ってます。今回も締め切

りに合わせて2週間のみの滞在で、カナダに向かう予定だそうです。 ジョニーについて

はまた改めて書きたいと思います。

マニュアルは写真のクオリティーが高いので有名ですが、メンバーのほとんどがカメラマ

ンという所から来てるんだと思います。


davereadweb.jpg

オーナーのデーブです

マニュアルはデーブがスケート歴25年、現役のスケーターなんで、かなりスケート寄り

で、スケーターに人気があり、親しまれています。 特にウェリントンのスケーターから

は絶大な支持があります。

マニュアルのもう一つの顔はウェブサイトで、スケーターが情報を発信したり、交換した

りするのに使われています。 ニュージーランドのスケートシーンを知りたい方はマニュ

アルのウェブサイトをチェックしてみてください。 リンクは下のロゴをクリックしてください。

Manual-Logo.jpg


3月10日発売の秋号3冊とステッカーをプレゼント用にくれたんで欲しい方は、コメン

トに書き込むか、Kiyo@adventurenz.com までメールをください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 文化・芸術・美術
2010年3月 7日
« 前の記事「交通事故」へ
»次の記事「オタリ・ウィルトン森林公園」 へ
おすすめ記事
    ウェリントン特派員 新着記事
    レッド・ロックス
    ペントハウス・シネマ
    ウオーターフロントの彫刻作品
    地震がウエリントンを襲った
    夜景と街並が見える隠れたスポット
    映画『ホビット』の初公開イベント
    オタリ・ウィルトン森林公園
    Manual Magazine
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Diving
    Deluxe Cafe
    Carpet Guy
    Newtown Festival A World of Food & Music - Fair Day

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集