海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ウェリントン特派員ブログ > ウオーターフロントの彫刻作品

ニュージーランド/ウェリントン特派員ブログ ケイン フィーバー

ニュージーランド・ウェリントン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月28日

ウオーターフロントの彫刻作品


メール プリント もっと見る

ウオーターフロントの彫刻作品

ウエリントンはニュージーランドの芸術や美術の中心地と呼ばれていて、街のあちこちに作品や美術館が見られるほど美術があふれている。そして市が誇るウオーターフロントにもいくつかの彫刻作品があるので、少しだけ案内しようかと思った。

まずはこの独特な貝をモチーフにした作品。この貝はニュージーランド特有の「キナ」という貝で、マオリの人に昔から食材として使われてきた。この彫刻は2012年にマイケル・タッフリーという彫刻家の作品。

ちょっと歩いていくと海側に詩が力強く彫られているコンクリートの厚い板が見られる。これはシリーズ物の1つで、ウエリントンを出身地とする作家達の作品が彫られている同じような彫刻がなんコもあるみたい。

そしてその近くのカフェが色鮮やかなピアノを提供している。これはしいと言えば彫刻ではないが、個性的で通りがかる人が楽しめる作品なのでいれておいた。

すべての作品が現代的な物というわけではない。次の彫刻のような伝統的な銅像もあるので、ちょっと保守的な美術がお好みのあなたも喜ばれるのではないかと思います。

え?誰、この裸ん坊のオッサン!こんなところで全裸?頭大丈夫?

なんだ、彫刻かぃ!そうなんだ。これはおそらくウエリントンのもっとも有名な作品。観光客はほぼ100パーセントこの像の写真を撮る。彫刻家はかなりの人気者でセレブにも依頼されるマックス・パテ。

水とコラボレーションする次の作品の名前は「Albatross」、日本語でいうとアホウドリ。晴れている日に鑑賞するのがベストだと思う。

最後の2つの作品はウオーターフロントからちょっとだけ離れているが、すぐ近くなのでついでに見ればいいかなと思う。ウオーターフロントと街を結んでいる橋には木と鉄板でできている星や月をモチーフにしている作品がある。その奥には宙に浮いている球体が!これはニュージーランド特有のシダの形を使った作品でかなり印象的。

この他にも沢山の彫刻作品が街中に展示されているのでお楽しみ下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2013年7月28日
« 前の記事「地震がウエリントンを襲った」へ
»次の記事「ペントハウス・シネマ」 へ
おすすめ記事
    ウェリントン特派員 新着記事
    レッド・ロックス
    ペントハウス・シネマ
    ウオーターフロントの彫刻作品
    地震がウエリントンを襲った
    夜景と街並が見える隠れたスポット
    映画『ホビット』の初公開イベント
    オタリ・ウィルトン森林公園
    Manual Magazine

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウェリントン特派員

      ウェリントン特派員
      ケイン フィーバー
      2011年11月に10年間の日本での生活を終えて母国であるニュージーランドに帰り、2012年の2月からウェリントンに住むようになりました。翻訳、撮影・アシスタント、バイトと様々なことをしながら、写真、絵、デザイン、映画鑑賞などを趣味として楽しんでいます。My websiteそしてTwitterです。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集