海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ウェリントン特派員ブログ > ペントハウス・シネマ

オセアニアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ニュージーランド/ウェリントン特派員ブログ ケイン フィーバー

ニュージーランド・ウェリントン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月 4日

ペントハウス・シネマ


メール プリント もっと見る

ペントハウス・シネマ

今ニュージーランド国際映画祭の真っ最中なので、ウエリントンの映画館を紹介しようかと思った。そこで今回注目されるのはブルックリン地区にある『ペントハウス・シネマ』。

『ペントハウス』はレトロな香りが漂う小規模の映画館。じゅうたん、証明、色合いまで、ずべてが違う時代を思い出させる。平日の昼間に行ってみるとお客さんの平均年齢がやや高め。第2の青春を求めているのでは?



大きなスクリーンが3つと30人ぐらいしか座れないコンパクトなスクリーンが1つ。イベントなどの依頼も承っているみたいで、どれも貸し切ることができるそう。第1スクリーンのプロジェクター・ルームをのぞいてみると35ミリフィルムを対応している古いプロジェクターの横に最新のデジタルプロジェクターがある。まさに新旧の共存。



もちろんハリウッド映画も上映されるが、大手の映画館で上映されないマイナーな作品も楽しめるのが魅力の1つ。もう1つの魅力は中にあるカフェ。映画館で売っている食べ物を考えると、「ポップコーンとアイスぐらいだろう」と思いがちだが、ここはおいしいコーヒーと甘いケーキ類とかを出している。

スタッフも笑顔で迎えてくれるし、大手の映画館より少し値段が安いからお勧めします。ブルックリンまでは街からキングストン行きのバスに乗ったら行ける。

ちなみに国際映画祭に日本の映画もいくつか含まれていて、福山雅治主演の『そして父になる』の上映は残り2回ある(上映はペントハウスではない)。実に面白い(見たことないけどね)。
ペントハウス・シネマの公式サイトはこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年8月 4日
« 前の記事「ウオーターフロントの彫刻作品」へ
»次の記事「レッド・ロックス」 へ
おすすめ記事
    ウェリントン特派員 新着記事
    レッド・ロックス
    ペントハウス・シネマ
    ウオーターフロントの彫刻作品
    地震がウエリントンを襲った
    夜景と街並が見える隠れたスポット
    映画『ホビット』の初公開イベント
    オタリ・ウィルトン森林公園
    Manual Magazine

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ