海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ウィドビー島のような田舎に住んでいますと、たまに都会のネオンが恋しくなります。そんな時、どこに行くかといえば、やはりシアトル。シアトルの見どころといえば、シアトルの街が展望できるスペースニードルや、スターバックス第1号店のあるパイク・プレイス・マーケット、ボーイング社工場見学など、いろいろとありますが、今回は、ちょっと変わった通なシアトルの楽しみ方を紹介したいと思います。


seattle.jpg

音楽好きな方はご存知かもしれませんが、シアトルという街は、偉大なロックミュージシャンを多く輩出している街なんですね。最も有名なのが、70年ロック全盛期に活躍した、ジミ・ヘンドリックス。同じ時代にハートというバンドもいます。
また、90年に起こったグランジ・ロックは、ここシアトルが発祥地。その中心的存在だったニルヴァーナがここシアトルから出ています。このほか、パールジャムやアリス・イン・チェーンズなどがいます。

jimhen.jpg


ジミ・ヘンドリックスが眠るメモリアルパークやニルヴァーナのカート・コバーンの家など、ロックゆかりの場所を巡る日本人向けのツアーもあるくらい、ここシアトルは音楽の街としても知られています。


そして、音楽好きファンにとって、欠かせないスポットはThe Museum of Pop Culture (EMP Museum) です。音楽関係やポップカルチャーの展示物はもちろんのこと、ここの目玉は、音楽を体験できるコーナー。個室スタジオに用意された楽器で実際に演奏できるほか、フルセットのコンサート会場でバンド模擬体験=音楽に合わせてあたかも自分たちが演奏している模様を録画してくれたり、楽しいコーナーが沢山あります。ここでは、希望すれば自分たちのオリジナル・バンドポスターやDVDを記念に制作・購入することができます。

emp 1.jpg

またシアトルのナイトライフに欠かせないのは、ライブハウス・バーです。
シアトルのダウンタウンやフリーモントなどには、ライブをやっているバーがいくつかあり、毎日、どこかでライブをやっています。中でも有名なのが、シアトルの5番街にあるグランジ・ロック時代から経営している老舗『クロコダイル』。90年代グランジ・ロックの聖地のようなライブハウスです。

crocodile.jpg

アーティストの街として知られるフリーモントで有名なのは『ネクター・ラウンジ』。
そして『ハイ・ダイブ』も小さいながらも音楽とお酒を楽しむ地元の人で賑わっています。
ここからは、先日、『ハイ・ダイブ』でのライブに行って来た時の模様です。

highdive.JPG

この日は、4バンドが出演。開演は8時で、終わったのが夜中の12時頃でした。
入場料は当日券が$15(前売$10)。バーカウンターを抜けると奥に小さなステージがあります。

bar.JPEG

ここはかなり小規模ライブハウスで、キャパは約100名ぐらいまででしょうか。
最初は人もまばらでしたが、10時頃からだんだんに人が集まり始め熱気に包まれてきました。

thefameriot6.JPEG

☝この日3番目のバンド『The Fame Riot』


シアトルを拠点に活動するエレクトリックポップバンドで、ダンサブルでエネルギッシュなライブで観客もノリノリ。
やはり小さなべニューでは一体感があって良いですね。


トリはミズリー出身の3人兄弟で構成されたガレージパンクロック・バンド『Radkey』☟

radkey.jpg

残念ながら、帰りの時間があったので、最後まで観れませんでしたが、熱い演奏を続けていました。


最後にシアトルのライブハウスをいくつか挙げておきます。
ライブハウスはお酒を扱っているので、場所やショーによって21歳以上からしか入れない場合があるので、出かける前にチェックして行ってくださいね。

thefameriot5.png


◆ライブミュージックバー◆

Crocodile
住所:2200 2nd Ave, Seattle
ウェブサイト:http://www.thecrocodile.com/
High Dive
住所:513 N 36th, Seattle
ウェブサイト:http://www.highdiveseattle.com/

Nectar Lounge
住所:412 36th , Seattle
ウェブサイト:http://nectarlounge.com/

Tractor Tavern
住所:5213 Ballard Ave N.W. ,Seattle
ウェブサイト:http://www.tractortavern.com/



2016年11月21日

10月、ここアメリカはハロウィン色、一色です。子供たちの衣装選び、お家のデコレーションなど、皆さん、張り切っている頃と思います。さて、ハロウィンに欠かせないのが、カボチャ。これで、ジャックオーランタンという、カボチャのランタンの飾り物を作ります。
先日、私も地元のカボチャファームに行ってきました。

看板

ここ「ダグウラ・ベイ(Dugualla Bay Farm)」は、島のSR20号上にあるファームで夏はいちご狩りなどが楽しめます。

カカシ


ここで採れた野菜も販売しています。
ここのアイスクリームも美味しいです。

パンプキン

畑に行って自分で好きなパンプキンを選びます。

荷車

畑の横のフィールドでは、記念撮影を出来る場所が出来ていました。

記念撮影

さて、買ってきたカボチャでジャック・オー・ランタンを作ります。ペポカボチャという鑑賞用のカボチャを使います。

IMG_4686.JPG

必要なものは、絵柄のデザインブックとカービング用のナイフ等とクレヨン。ナイフと言っても、鋭利なものではなく、歯がギザギザになっていて、カボチャも柔らかいので、お子様にも扱えます。

layout

まず、蓋の部分を切ります。

cover


絵柄のデザインを選んでカボチャに固定します。ドットには穴が開いていますので、この線の上をクレヨンでなぞります。

IMG_4699.JPG

ヘラで中の種と繊維を取り除きます。

seeds

ギザギザ刃を使って、点線に沿ってカットしていきます。
カットした部分を抜き取って出来上がり。

パンプキン

中にロウソクを入れて…飾ります。

IMG_4719.JPG


2016年10月13日

先日、ご紹介した、海の見えるトレイルの続きです。
もうひとつ、お勧めしたいのが、知る人ぞ知る、クープビルのイービー・ランディング(Ebey’s Landing)国立歴史保護区内にあるブルフ(Bluff)トレイル。
Ebey’s Landing Rdの突き当りの海岸線にあります。見晴らしがとっても良く、左手に海を眺めながら歩けます。片道5.6kmのループになっていて、帰りはビーチを歩いて戻ります。私はこの帰り道に、なんと、海岸に横たわるアザラシの赤ちゃんと遭遇しました。ここからのサンセットも非常にきれいです。

ebey1

トレイルの入り口。小さな駐車場があります。もしここが一杯の場合は、海岸沿いの道端に駐車出来ます。

ebey2

海岸の反対側には広大なフィールドが広がっています。

ebey3

トレイルは緩やかな登り坂を上っていきます。

ebey4

高さ約85メートルほどの崖っぷちトレイルを歩きます。

ebey2

折り返し時点。オリンピックマウンテンが一望できます。

ebey6

ループの折り返し時点から海岸に降りて、帰りは海岸を歩いて帰ります。

ebey6

暫く歩いていると、波打ち際に白い物体が! 近づいてみると、なんとアザラシの赤ちゃん。この時期(7月)この辺りではよく目撃されているようです。お母さんアザラシが餌を取りに行く間、赤ちゃんは浜でお留守番しているそう。注意しなければいけないのは、絶対に触ったり動かしたりしないで、そっとしておくことだそうです。さもないとお母さんが育児放棄をしてしまうのだそうです。

この島は、特にこれといった有名観光スポットもないですが、手付かずの自然が残っています。これこそが島の貴重な資源。自然を満喫したい、のんびりしたい…という方には、絶対お勧めの場所です。



2016年10月12日
2016年10月 6日
2016年9月27日
2016年9月10日
2016年9月 9日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィドビー島特派員

    ウィドビー島特派員
    ユッキー
    その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集