海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > ローカルバス&フェリーの旅①Oak Harbor ...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月31日

ローカルバス&フェリーの旅①Oak Harbor ~Fort Casey Historical State Park ~Port Townsend(前編)


メール プリント もっと見る

ローカルバス&フェリーの旅①Oak Harbor ~Fort Casey Historical Stat...

アメリカの田舎暮らしでは、日本のように交通網が発達していないので、1番の足は車です。通勤、買物、子供の送り迎えも、どこへ行くにも車。この島も例外ではありません。ただ、こんな片田舎でも一応バスは走っています。しかも島内はいくら乗っても無料!但し次のバスが1時間待ちなんてのはざらですが...。確かに車を使った方が効率よく廻れるのは確かです。でも、たまには時間に囚われず、のんびり旅するのもいいかもしれません。

そんな事で私も久しぶりに島のローカルバスを使って出かけることにしてみました。事前にルートマップと時間表をIsland transitのサイトでゲット。バス車内でもスケジュール表がもらえます。Google Mapのルート検索を使うのが一番便利でしょう。
しかし、のんびりと言っても、ここ田舎町では早い時間に終わってしまうルートが多いので要注意です。それから、残念なことに月~金のみの運行のみとなっています。

バスターミナル/Harbor Station

busstation.jpeg

まずは小手調べに、ハーバーステーションから、ウエストビーチ沿いを走るルート6で、クープビルフェリー(Coupeville Ferry)乗り場に行き、そこからフェリーで30分程のポートタウンジェント(Port Townsend)に行ってみることにしました。

定員30程の小型バス

businside.jpeg

バスは始発駅のHarbor Station を定刻取り出発し、オークハーバー市内から西に折れ、ウエストビーチを通ってクープビル(Coupeville)市内に向かいます。

右手にウエストビーチを臨みながらしばらく走ると、左手には放牧された牛たちやイチゴ畑が見えてきます。地元民からも人気のここベルズファーム(Bell's Farm)では7月の期間中、美味しいイチゴのUピック(イチゴ狩り)が楽しめます。自分で摘んだ分だけ目方で支払います。

箱に好きなだけイチゴを摘んで、秤にかけます。1ポンド(約453g)がなんと約$2ほど!

upick.jpeg

バスはクーパビル市内を通ってお客さんをひろい、再びイーグルロードへ。バスに揺られること40分。目的地はもうすぐです。あいにく日本のように親切な車内アナウンスはないので、土地勘の無い人は、乗車した時に、目的地を伝えておくのも手でしょう。都会の忙しいバスと違って親切に教えてくれます。

少し時間に余裕がありそうだったので、予定変更してクープビル・フェリー乗り場のひとつ手前のバス停で降り、Fort. Casey Historical State Parkに寄り道して行くことにしました。

このバス、便利なことに自転車も運んでくれます。もちろん、車椅子もOK。車椅子の場合、ルートの範囲内であれば、家の前で乗車下車することも可能です。

このラックにしっかり固定して運んでくれます。

busbicycle.jpeg

降りた所は、Camp Casey Conference Center前。ミーティングルーム、宿舎や広大なグランドなど備え、今日はフィールドでサッカーの練習をする姿が見られました。

シアトル・パシフッィク大学の管理化にあるCamp Casey。

camp casey.jpeg

ビーチ近くの入り口からパークへ繋がっていてるトレイルがあったので入ってみました。ものの1分もしないうちに視界が開き、すぐに広大なフィールドの上に立つライトハウスが目に入ってきました。

lighthouse2.jpeg

あいにくライトハウスはまだ準備中で入れませんでしたが、毎日11時ー5時まで資料館として公開されているようです。

さらに進むと、青い静かな海を見下す、重々しい要塞が出現しました。


海に向かって建てられた要塞。

fortress.jpeg

穏やかな海を見下ろす大砲。

cannon.jpeg

ここ一帯は、Fort Ebey's Landing National Historical Reserve(国立歴史保護区)に指定されています。1890年代にピュージェット湾の防衛のために建設された3つの要塞のひとつで、Fort Flagler、Fort Wordenの3つの要塞で海からの侵攻に備えられたそうです。

ところで、ここでもポケモンGoをやってる人を見かけましたが、柵がないのでとっても危険です。足元にはくれぐれも注意してくださいね。

さて、フェリーの時間も迫ってきたので、要塞を後にフェリー乗り場へ急ぎます。この先のポートタウンジェントへの旅は後編に続く...。

Island Transit
Tel. (360) 678-7771

Fort Casey State Park

1280 Engle Road

Coupeville,WA

Tel 360-678-4519

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年8月31日
« 前の記事「アメリカの古き時代の文化、ドライブイン・シアター「Blue Fox Drive-in Theater」」へ
»次の記事「夏はイベントラッシュ!ロックフェスでロック三昧!そしてウィッドビー島の「Oak Harbor Music...」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集