海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月 5日

ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ


メール プリント もっと見る

ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Tow...


8月22日付記事の続きです。
Fort Casey Parkから徒歩で約15分程で Coupeville(クープビル)フェリー乗り場に到着。

このクープビル~ポートタウンジェント・フェリーは朝の7:15am~10:40pmぐらいまで、だいたい45分毎に運航しています。但し、曜日や時期によって異なりますのでこちらのサイトで要チェック⇒ Washington State Ferry


ferry.jpeg



車の場合は、まず入り口のチケットブースで料金を支払い、指定されたレーンで係員の指示があるまでエンジンを切って待ちます。

今回は、徒歩だったので待合室にある、このマシーンでチケットを購入しました。使えるのはクレジットカードのみで現金の場合は、チケットブースで購入します。



ticket


運賃は車の場合、普通サイズの車1台+運転手1人で、片道$11.05
乗客は1人につき大人$3.50、子供$1.65(5歳以下は無料)が加算されます。徒歩の乗客も同じです。自転車はプラス$0.50。


係員の指示に従って、徒歩→自転車→バイク→車の順に乗船します。
自転車を転がして、船内の自転車置き場へ。


船内の売店で軽い食事も出来ます。お勧めは、Ivar'sのクラムチャウダー。シアトル生まれのシーフードのレストランチェーン店のIvar's(アイバース)のクラムチャウダーは、絶対外せない一品です。


30分ほど船に揺られ、ポートタウンジェントに到着です。


Port-Townsend.jpg



ここポートタウンジェントは19世紀末に貿易港として栄えた街で、その当時の建物が未だに残っており、国立歴史保護区に指定されています。



downtown3


また、ここは映画の町としてもよく知られていて、数多くの映画がここで撮られました。リチャードギア主演の「愛と青春の旅立ち(An officer and a Gentleman)」や、イーサン・ホーク&工藤夕貴主演「ヒマラヤ杉に降る雪」などが有名です。



この「愛と青春の旅立ち」のロケ地の一つとなった「Tides Inn 」というホテルの1室は、現在「An officer and a Gentleman Suits」という名のスイートルームになっており、宿泊することも出来ます。


51F3iO18YDL.jpg



さて、フェリーを降りたら、右方向に折れ、ダウンタウンへと向かいましょう。


19世紀のビクトリア調の建物が立ち並ぶ町を歩いていると、まるでタイムスリップしたかのよう。


可愛いお土産屋さん、ブティック、本屋、アンティークショップなどを覗きながら町を散策。


shops.jpeg
上)Lively Olive Tasting Bar 左下)The Spice and Tea Exchange 右下)Under Town Shops



アレイに可愛いアンティークショップがあったので覗いてみました。


antique.jpeg



ランチは美味しいと評判のピザ屋「Waterfront Pizza」の軒先で済ませることに。評判とおり美味しいピザで5つ星です!


waterfrontpizza.jpeg


昼食後は、ダウンタウンから丘の上に足を伸ばしてみました。


まず目に入ってきたのが、この教会。


church.jpeg


St. Episcopal Church は1865年に建造され現在も教会として使われています。


そして、その向かいには、町を見下ろすFire Bell(半鐘)火の見やぐら。


firebell.jpeg


フェリーを降りた時に丘の上に見えていた、お城のような建物を目指してみました。


post office.jpeg



さてその正体は......?



postoffice



なんと郵便局でした。ちょっとお邪魔してみました。今も郵便局として使われています。

展示ルームもありました。


postoffice3.jpeg



そろそろ、フェリーからの乗り継ぎのバスの時間が迫ってきているので、今日はこの辺にして島に戻らないと。見逃した所も沢山あったので、近いうちにまた戻ってこようと思います。


帰りは海を眺めながらパズルなどいかが?



puzzle.jpeg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2016年9月 5日
« 前の記事「夏はイベントラッシュ!ロックフェスでロック三昧!そしてウィッドビー島の「Oak Harbor Music...」へ
»次の記事「ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集