海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばい...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月10日

アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?


メール プリント もっと見る

アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?

今日はトイレのお話です。お国が変わればトイレ事情も様々。


アメリカのトイレ事情はどうでしょう?


基本的に、トイレの構造等は日本のそれと違いがありませんが、よく驚かれるのが、ドアの下方がオープンで外から足元が丸見えだったりすることですね。

IMG_4404.JPG

これは、トイレ内での性犯罪を防止するための策だと言われていますが、どうも落ち着きません。
でも、ノックしなくても空きが確認できるのは便利ですね。


そして、この使い捨てトイレシートカバー。ここアメリカでは備え付けられている所が多いです。シートに敷いて、使用後は流してもオーケーです。

seat-covers.jpg

さて、出先でトイレを探すのはどうしたらよいでしょう?


アメリカは公衆トイレというものは、日本ほど数多くありません。
やはり、目についた、コーヒー屋、ファストフードや店舗に飛び込むのが手っ取り早いですね。
まず、マックやスタバを探せば間違いないでしょう。


ただ、場所によってですが、誰でも自由に入れるとは限りません。
通常は鍵がかかっていて、ロックを解除しないと使用できない場所もあります。


店員さん等に頼んで、鍵を借りるか、暗証番号を貰う方法があります。
因みに、シアトルの日本食スーパーの宇和島屋、日本領事館の入っているビルなどは、この暗証番号形式でした。


ところで、便利な公衆トイレを探す携帯電話用の無料アプリがいくつかあるようです。
Toilet Finderのキーワードでサーチしてみて下さい。試しに私も「WC-Finder the free big worldwide toilet」というアプリをダウンロードしてみました。
こんな田舎でもちゃんと起動していました。


IMG_4400.png


トイレのサインですが、Women/Men、Ladies/Gentlemen、Female/Maleのほか、Queen/Kingのトランプの絵だけだったりすることもありますね。それとFamily用は日本でもお馴染みですね。


RESTROOM.jpg


そして近年増えつつあるのが、LBGTの人達に考慮されたALL GENDER(=全ての性別)表記。


all gender.jpg


シアトルは早くからLGBTの人達の人権を守ろうとしてきた街で、市ではALL GENDER用トイレの設置を学校や職場などで推奨しています。


以上、最新のアメリカトイレ事情でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2016年9月10日
« 前の記事「ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!」へ
»次の記事「アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/12/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集