海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月27日

アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!


メール プリント もっと見る

アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!

9月25日(日)、今年で34回目を迎える、バイカーの祭典「オイスターラン」を見学してきました。
アメリカンバイクと言えば、まず思い浮かぶのが、あの大型バイク「ハーレーダビッドソン」のバイク。日本でも特に熟年層に根強い人気があるようで、アメリカンバイクに颯爽とバイクに跨っているおじ様方をたまに見かけます。芸能人の中でも幅広い層から人気なようで、森繁久彌さんを始め、お笑い芸人さんや女優さんまで、ご自分のバイク自慢をしていたりします。
ここウィドビー島にも、夏は多くのバイカーがやってきます。キャスケードループをバイクで回るルートは人気コースのひとつで、ウィドビー島もそのコースに含まれています。
さて、このアナコーテスの「オイスターラン」というバイカーの祭典は、ここパシフィック・ノースウエストでは最大のイベントで、毎年30000台以上のバイカーが集まります。

image

アメリカンバイクだけではなく、BMW、トライアンフ、ヤマハ...など、多種メーカーのバイクがありましたが、正直、あまりバイクには詳しくないのですが、ただひとつ分かったことは、どれも手入れが行き届いていてピカピカで、どのバイカーさんもバイクを心底愛しているのだな...と感じました。


run

以下に、カッコ良いバイク、可愛いバイク、個性的なバイクなど、独断で私なりにピックアップしてみました。

joker

ジョーカーのペイントが施されたバイク。

w side car

サイドカー付きのバイク。

kitty

キティーちゃんのバイク。日本のアニメチックなヘルメットに注目。

camper

このまますぐキャンプに行けるキャンパー付きのバイク。内装はお馴染みのシアトルシーホークス使用。

w somoker

こちらはどこでもBBQが出来ちゃうスモーカー付き。

dog

どこでも愛犬と一緒。ワンちゃん用のシェルター付きバイク。

poo

お馴染みのプーさんも一緒。


オイスターランの名の通り、新鮮なオイスター(牡蠣)も食べられて、私のようにバイクに詳しくなくとも、十分に楽しめるイベント、アメリカらしい文化を垣間見ることのできるイベントでした。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2016年9月27日
« 前の記事「アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?」へ
»次の記事「海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集