海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > 海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 6日

海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル


メール プリント もっと見る

海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル

すっかり秋めいてきました。ここウィドビー島も気温がドロップして一気に秋支度です。気温的には秋というより一気に冬になった感じです。だんだんと雨の日も多くなる季節ですが、まだまだアウトドアは可能です。
さて、今日は、ウィドビー島の州立公園にあるお勧めのトレイルをご紹介します。数ある中で、今日は私のお気に入りの海を見下ろせる初心者用の素敵なハイキングコースをご紹介します。

ParkMapWeb.pdf
trail map.jpg



デセプションパス州立公園(DECEPTION PASS STATE PARK) 


1.クランベリーレイク・トレイル~ノースビーチトレイル



パーク内のキャンプサイトから出発しました。
west beach



westbeach2


30分ほどでウエストポイントに到着。


westpoint

ここには車で乗り入れられます。
PARKING


ノースビーチ・トレイルへ。遥か向こうに見えるのがディセプション橋。

northbeach2


こちらのコースは約1時間ほどで歩けます。ノースビーチトレイルは、ビーチに沿って伸びているので、ビーチに降りられるポイントがいくつもありますから、途中、ピクニックをしたりビーチでのんびりするのもいいですね。


2.ボーマンベイ・ロザリオトレイル~ロザリオビーチヘッドトレイル



公園内の北側のボーマンベイエリアにあるトレイルです。
こちらにもキャンピングエリアの近くの駐車場からスタート。

bowman1

ピクニックエリアがあります。

campingarea


こちらも海岸線のトレイルです。
trail

途中ビューポイントが何カ所かあります。

20160824_223117755_iOS.jpg

20分ほど歩くとロザリオビーチのタイドプールに出ます。ここでは、様々な海の生き物が観察できます。

TIDEPOOL.jpg


このトーテンポールには、古くからインディアンに伝わる海を守るストーリーが語られています。


rosariobeachtidepool

ロザリオヘッドトレイルに入ります。ここからの海の眺めは最高です。

view

このトレイルも往復で1時間半ぐらいで歩けます。
帰りにデセプションパスを渡るとき、車の中から写真を撮りました。いつもここを通る時は、見とれてしまいます。

IMG_4466(1).JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年10月 6日
« 前の記事「アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!」へ
»次の記事「海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集