海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 山形特派員ブログ > うこぎ ‐県内特産の高級食材?

日本国内/山形特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月13日

うこぎ ‐県内特産の高級食材?


メール プリント もっと見る

うこぎ ‐県内特産の高級食材?

五加木.jpg 左の写真はテレビ番組(秘密のケンミンショー)で「山形ケンミンは垣根を食べる」と言われたらしい(筆者は見ていない)その垣根の葉っぱ、すなわちうこぎ(ヒメウコギ。中国原産といわれる落葉低木)の若葉です。近くのスーパーに数パックだけ置いてありました。

うこぎは県南部の米沢を中心とする置賜(おきたま)地方が主産地の伝統食材です。江戸後期の米沢藩主上杉鷹山(ようざん)が家々の垣根として植えるよう奨励したそうですが、若葉が食用になり、トゲのある枝が侵入者を防ぐという理由からのようです。


本県出身の筆者も昔、食べたことがありますが、今から20年かそれ以上前に、どうしてこんな所に?というような都内のスーパーで見かけて買ったのが最後で、その後、これを県外で見ることはありませんでした。今回はそれ以来のことですが、本来、今の季節にあるはずもなく、これも恐らくハウス栽培。ほんの数十グラムが298円と高価で、かつては倹約目的で栽培されたものが、今は高級な食材に変わってしまいました。おひたしや天ぷら、混ぜご飯(うこぎご飯)などの食べ方があります。ほろ苦い味はまさに春の味わいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年2月13日
« 前の記事「立春」へ
»次の記事「天気のいい日は...」 へ
おすすめ記事
    山形特派員 新着記事
    山形の泳げる露天風呂『ひやま山荘』をご紹介!
    皆様、御機嫌よう
    日本一公園-左沢楯山城跡
    奇習 加勢鳥
    蔵王の樹氷、今季は...?
    召しませ春を 山形の啓翁桜
    びじゃか、やばつい-なんのこと?
    FIS スキージャンプ女子W杯蔵王大会

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集